2014年03月31日

高知医療センター入院中 2014年3月31日その2

高知医療センター入院中 2014年3月31日その2

2時過ぎレントゲン。
がん相談所に顔だし。
ついでにコンビニでミルクティとモナカアイス購入。
3時20分カルセド点滴終了。
前処置ー後処理含めて30分程で済むのでとても楽だ。
図書室で本を借りてきた。
・これだけは知っておきたいがん医療におけるこころ
ケア
・聖書の中の女性たち  遠藤周作.
・イエスとはだれか?  H・G・ベール

それはそうとなんだかお腹の調子がよろしくない。
カルセドだろうか?

だるくなってきたので夜デカドロンを二錠服用。

DSC08373.JPG

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記 高知医療センター
posted by SR400 at 20:52| Comment(7) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知医療センター入院 2014年3月31日その1

2014年3月31日その1
9時半高知医療センター到着。入院手続きを済ませて7階病棟へ。
今回の部屋は多分前と同じ、今回は窓際で明るいのだ。
採血、血圧、酸素濃度などを測定して、荷物をほどいて休憩中。
今日は後レントゲンだけらしい。
カルセドは明日になるんかな?
昼過ぎ主治医から血液結果が良好なので、今日からカルセドを開始することになった。
制吐剤の一つデキサートは、今回は無しで、念のため内服デカドロンを三日分処方してもらうことになった。前処置制吐剤はグラニセトロンのみ。

DSC08371.JPG


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。
 

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
 
小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記 高知医療センター
 

posted by SR400 at 14:27| Comment(0) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

高知医療センター入院前日 2014年3月30日

高知医療センター入院の準備やらなにやらかにやらでバタバタしてるのだ。
とりあえず支度は出来た・・・多分。。。
発注してあった荷物が夕刻に届いた。

世の中は
・世界情勢 ウクライナ ロシヤ EC アメリカ
・日中関係 修復不可能じゃないだろか
・日韓関係 オバマも呆れぎみ
・原発 福島 その他再稼働
・南海トラフ 地震 津波
・・・・・・・・・・・・・
ん〜終末期に近づいているのか?

個人的には相当終末期医療に近づきつつあるのは確かだ うん。

DSC08356.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記 高知医療センター
posted by SR400 at 18:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

痛み 2014年3月29日

先週くらいから脇腹から背中にかけて違和感があったんだが、段々疼痛っぽくなり、先ほどからはっきりした痛みになってきた。播種の憎悪の速さには驚くばかりだ。なんと言えばいいんだろう・・・高速増殖悪性腫瘍ってかんじ?

まだロキソニンを服用するほどではない。
明後日からのカルセドが効かなかったら、いささかまずいことになりそうだ。

まだ入院の荷物準備が出来ていないので、明日続きをしなくっちゃいけない。

DSC08359.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 23:02| Comment(3) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癌告知その2 2014年3月29日

癌告知その2

https://www.youtube.com/watch?v=lz9q_pCKytg

https://www.youtube.com/watch?v=ozLGIVm7wlo

https://www.youtube.com/watch?v=33UYbyIVuBo

https://www.youtube.com/watch?v=l-B8ZShnTI0

https://www.youtube.com/watch?v=mfwW8XwrOqU

↓再出
https://www.youtube.com/watch?v=OOCzQ8piF2w


癌告知、特に突然の末期癌の告知と余命宣告を受けると、少なからず患者はショックを受ける。
その程度は人様々。一瞬にして真っ暗闇に突き落とされた如き衝撃を受けたり、医者の言うことが耳に入らなくなってしまう場合もあると聞いている。

一般に余命告知された末期患者の場合、死を受容するまでに患者がどのような心理変化を辿るかについては、キューブラー・ロスの「死の受容五段階」が有名である。

「否認」
自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である。

「怒り」
なぜ自分が死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階である。

「取引」
なんとか死なずにすむように取引をしようと試みる段階である。何かにすがろうという心理状態である。

「抑うつ・悲嘆」
なにもできなくなる段階である。

「受容」
最終的に自分が死に行くことを受け入れる段階である。

最後の「受容」の上に更にもう一つ「悟り・希望」付け加えたいと思っている。

「悟り」
生病老死は生命ある者の宿命であり、生まれいでし者は必ず滅するときが来るわけで、早い遅いはあれど必滅は避けられない。「死ぬときは死ぬが良かろう」という、明鏡止水の境地に達すれば死を達観できるのではないか。

「希望」
来世を信じること。キューブラー・ロスは後に臨死体験を通じて死後の世界があることを確信するに至った。また現代物理学では仮想空間であるこの世以外に、無数の世界(並行世界、多宇宙)があると考えられるようになっている。
北米のネイティブアメリカン(デュアミッシュ族)の言い伝えに、
There is no death, only a change of worlds. - proverb of Duwamish tribe (native American)

死はない、住む世界が変わるだけだ。

というのがあり、私もその通りだと思う。

DSC08385.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 20:14| Comment(0) | 終末期医療(ターミナルケア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憂鬱 2014年3月29日

今日は曇り空でお天気がよろしくない。


月曜からの入院(セカンドライン開始)のため、色々準備中。予定では小一週間ほどなので、さほどの荷物にはならないだろう。


PCはアイパッドの旧型を持参すする予定。高知医療センターの電波状況が宜しくないのでストレスがたまりそう。


あと高知医療センター呼吸器内科病棟に入院するんだけど、


・大体が肺がん患者で、男性高齢者が多くて、自分のことは置いおいといて、雰囲気が暗いので気が重い。


・病棟のナースの中に何人か職業意識欠落のナース不適格者の無礼者がいて、これも憂鬱の種。田舎の病院だとしょうがないんだけどね。


ということで高知医療センターへの入院で憂鬱なSRなのだ。


入院中もブログアップする予定なので、よろしくどうぞ。


DSC08351.JPG


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。






小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記 高知医療センター
posted by SR400 at 14:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。