2014年06月30日

元素の誕生 2014年6月30日

元素の誕生

↓周期表イメージ。図をクリックするとより詳細な周期表にジャンプする。

周期表イメージ 縮小.png

宇宙創生から30万年後、宇宙は晴れ上がり、元素として水素(75%)、ヘリウム(25%)、そして極々微量のリチウムが生成した。

やがて主系列星恒星で水素の核融合反応がはじまり、恒星内部で次のような順序で鉄までの元素が作られた。

1.水素燃焼反応
重力効果で1000万℃に達すると水素の核融合反応が始まる。
生成物はヘリウムである。

2.ヘリウム燃焼反応
燃料の水素が枯渇すると中心温度が上がり、ヘリウムを原料とした反応となる。

生成物は炭素と酸素。

太陽質量の3倍以下の恒星はヘリウムを燃焼し尽くすと反応は終わり白色矮星となる。


3.炭素燃焼反応
太陽質量の3倍以上の恒星では更に中心温度が上昇(3億度)すると炭素を燃料として核融合反応が起こる。

生成物は、酸素、ネオン、ナトリウム、マグネシウム、珪素など。

太陽質量の3〜8倍の恒星は、このあと超新星爆発を起こして寿命を終える。

4.酸素燃焼反応
太陽質量の8倍以上の恒星では更に温度が上昇(10億度)して酸素を原料とした核融合反応が始まる。

生成物はマグネシウム、珪素、リン、イオウなどである。

5.α過程と光分解反応

中心温度が30億度に達すると、α過程と光分解反応によって鉄までのその他の元素が作られる。


鉄より重い元素の生成

上記5の過程のあと、中心温度が100億度になると超新星爆発を起こし、恒星外層部は宇宙空間に飛散する。太陽質量の8〜30倍の恒星では爆発後中性子星が残り、30倍以上では爆発の後にはブラックホールが生成する。
このときr過程(鉄やそれより軽い元素と中性子が次々と反応してゆく過程)で鉄より重い元素が生成され宇宙空間に放出される。

このように水素、ヘリウム、リチウム以外の物質は恒星の誕生と消滅の過程で作られ、宇宙にばらまかれてゆく。

地球や地球上の生物は、宇宙の星くずから作られている。

いったいこんな仕組み誰が考えたんだろうか?

↓A photomosaic of Earth produced by NASA.
A photomosaic of Earth produced by NASA..jpg

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 19:25| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗がん剤投与疲れ 2014年6月30日

先週水木金の抗がん剤投与
怠さ・辛さは土曜が一番ひどかったんだけど、
一連の抗がん剤疲れが今日(月曜)あたり出ている。

これから徐々に骨髄抑制がでてきて、多分二週間強あたりにボトムとなる。先回は好中球がかなり下がっていた。感染には気をつけよう。

厚生病院は明後日だなあ。


<緩和ケア>浸透せず…周知へ厚労省がリーフレット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000004-mai-soci

ん〜医療センターでは身体的苦痛に対する緩和ケア外来は一応あるんだけど、チームになっていないので連携がなんだか変だ。

医療センターで延命治療・放射線治療その他治療を受ける場合、緩和ケア外来は医療センターなのか、それともホスピスの外来なのか? ホスピス外来で対応できない場合は?
両方の緩和ケア通院が可能なのか?
一旦ホスピスに入院すると他の病院にかかれないって?
オンコロジーエマージェンシーへの対応は?
あいかわらずよく分からない。

精神的苦痛とかもさっぱりわからない。

日本では3人に一人ががんで死ぬ時代だ。全体の医療費も馬鹿にならない。正直、理想論と現実がかなり乖離している。
これからますます高齢化して深刻な状態になってくる。自宅終末の問題も含めて、あるいはがん以外の終末も含めていったいどうなっていくんだろうか。

DSC00042.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:36| Comment(2) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

医療用麻薬消費量国際比較 2014年6月29日

医療用麻薬消費量国際比較

図は先進国の医療用麻薬消費量を、人口で割って日本を1として表示したものです(2007年〜2009年データ)。

医療用麻薬消費量国際比較.png

日本はこのうち使用量が最低で、特にアメリカ、カナダ、オーストリア、ドイツなどと較べると10倍以上の開きがあります。

日本では医療用麻薬は、主にがん性疼痛に使われますが、アメリカやカナダではがん性疼痛はもちろんのこと、それ以外の病気による痛みの緩和にも医療用麻薬が適時使用されています。

このように日本の医療用麻薬の使用量が少ない原因は、麻薬という用語に対するアレルギーや、痛みを我慢する国民性、医療従事者の理解不足などが挙げられます。

医療用麻薬には、モルヒネ、フェンタニル、オキシコドンなどがありますが、いわゆる覚醒剤とは種類が違います。正しく処方すれば、がん特有の激しい痛みを抑え、安全性も確保され、中毒になったり、寿命を縮める等と言うことはありません。むしろQOLを維持し余命延長に寄与します。

それと痛みは我慢する必要はありません。痛みを我慢すると体力を消耗し、食欲も低下するので、返って身体への負担が大きくなります。積極的に痛みを取り除くようにするべきです。

参考サイト

http://ganjoho.jp/data/professional/statistics/backnumber/2012/data13.pdf

http://www.shionogi.co.jp/itami/who/chap04/

http://www.cancertherapy.jp/care_manual/2012_03/pdf/2012_03_03.pdf


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:53| Comment(0) | 終末期医療(ターミナルケア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少〜し復調 2014年6月29日

昨日は絶不調で一日寝たきり状態。

夜にデカドロン更に一錠追加して計4錠/日。

今朝は随分ましになった(気がする)。

なんだか喉の調子が変だ。。。

今日も安静にしておこう 日曜だし

来(今?)週は厚生病院と出来たら市役所(高額療養費証明書更新)に行きたい。

DSC08582.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 14:42| Comment(0) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

くたばってる 2014年6月28日

昨夜は寝付かれず何度も目が覚める。

朝から怠くてむかついて、デカドロン二錠服用してダウン中。

今日がしんどさの底なのだ。

夕方になっても相変わらず。

デカドロン一錠追加

終日寝てるのだ

DSC00066.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 18:04| Comment(0) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

セカンドライン第4クール3日目 2014年6月27日

セカンドライン第4クール3日目

今朝の体調:やや怠し

8時過ぎ医療センター到着
コンビニで午後の紅茶購入
8時45分問診

点滴準備待ち 点滴室で横になる

9時半前
デカドロン2錠服用
生食
グラニセトロン
カルセド
生食

精算 8210円

10時半前帰宅

休憩
仮眠

体調 少ししんどい

第4クール終了

次は3週間後に造影剤CTと腫瘍マーカー血液採取

4週間後に第5クールの予定

DSC08615.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 15:17| Comment(2) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。