2015年06月25日

がん終末期余命予測 2015年6月25日

がん終末期余命予測 2015年6月25日

SRより一言(もっと長いですが・・・)。
いよいよ我が命の残りも少なくなってきました。
余命予測は小生自身が知りたいと思って検索しました。
理由は命を有効に使い切るためです。
大津先生もおっしゃってますが、患者さんご本人やご家族の方で余命を知りたくない場合は、以下を読まないでください。


1.余命を的確に予測、あなたらしく終末期を生き抜く
http://palliative.web.fc2.com/prognostic02.html

簡単な余命予測の方法

それは全身が痩せることと、頭の機能の低下という症状です

体が痩せることは、いわゆる悪液質です。

悪液質になると食事ができなくなります。

食事が取れなくなったら、一ヶ月以内にお別れとなる可能性が高いです。

自分でトイレに行くことができなくなったら、数週間以内にお別れとなる可能性が高いでしょう。


頭の機能が落ちてゆくと意識レベルがゆっくり低下してゆきます。

余命一ヶ月を過ぎると、ゆっくりと頭の機能が低下してゆくことを経験するでしょう

この頭の機能の低下こそが、余命を客観的に判断する指針となります。

急に頼りなくなったり新聞が読めなくなったら、余命は3週間程度でしょう

わけのわからない発言が多くなったら、余命は2週間程度でしょう

本来見えないものが見えるようになったら、余命は1週間程度でしょう

寝てばかりいるようになったり、声をかけないと目を開けなくなったら、余命は数日でしょう

他にも余命を判断する要素はいろいろありますが、意識の程度が一番分りやすいと思います。



2.アピタルトップ > 町医者だから言いたい! > 《97》 死の壁
http://apital.asahi.com/article/nagao/2013073100036.html

長尾和宏先生(http://www.drnagao.com/)の作成です。
以下抜粋させていただきます。

末期がんの方が亡くなるまでの時間は、一つの目安があります。
目に見えて痩せて、食が細くなってきたら、週単位。
ウトウト眠る時間が多く、ほとんど食べられなくなったら、日単位。

亡くなる前日か、半日前辺りになると、「もだえる」ような時期があります。
強烈なダルさと衣服を全部脱いだり、とにかく身の置き所がない感じになります。
私は、勝手に「死の壁」(医学的には「せん妄」という)と呼んでいます。

教科書にはお薬で、「もだえ」を抑えたり、眠らせる方法が書かれています。
ご家族が、「先生、注射で楽にしてやってください」と頼むのは、この時期でしょう。

やがて、意識レベルが低下して、呼びかけてもかすかに反応が見られる程度になります。
喉がゴロゴロしだすと、「死前喘鳴ですよ」と、またまたもっともらしい解説をします。
これを収めるお薬(臭化水素酸スコポラミン)を、口の中に垂らすこともあります。

そして、ついに顎を振る呼吸、下顎呼吸に変わってきます。
いよいよ臨終間近ですから、身内全員に連絡してください、など、実演入りで説明します。



3.余命の告知はどうすべきか15終末期に近づくほど予想しやすくなる
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-11352847894.html

余命の告知はどうすべきか15終末期に近づくほど予想しやすくなる.jpg

お〜これは分かりやすい。
本文も是非ご参照下さい。



4.がん終末期予後判断指針(大津版)
http://ameblo.jp/setakan/entry-10859150072.html

一部抜粋します。

著者は大津秀一先生です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E7%A7%80%E4%B8%80

以下抜粋します。

医療者の皆さんで必要な方はぜひご覧になって
ください。

また一般の方は、取り扱いに注意なさってください。
ご病気を持たれている方は、無理にお読みにならない
ようにしてください。
(繰り返しますが、患者さんやご家族の皆さんは、無理
にお読みにならないでください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

がん終末期予後判断指針(大津版)

@ 余命短い月単位(余命1〜2カ月以内)

・疼痛以外の苦痛症状の出現(疼痛は余命が比較的あるうちから出現するために、あまり予後判断の参考とならない)。例えば全身倦怠感や食欲不振などが出現する。ただしこれらの苦痛症状がステロイドに反応して、ある程度軽減される。また化学療法施行中はその副作用で全身倦怠感や食欲不振などが認められることもあるので、その影響を除いて判定する。
・ADL(日常の立ち居振る舞い)が多少なりとも障害され始める。
・気力の枯渇等から外出が減り、家の中での生活がメインとなる。寝て過ごす時間が多くなる。

A 余命短い週単位(余命1〜3週間以内)

・疼痛以外の苦痛症状の増悪が認められる。特に全身倦怠感が強くなる。これらの苦痛症状がステロイド投与でも、あまり改善しなくなる。
・ADLの障害が目立ってくる。トイレ歩行も困難になってくる。
・ベッドで臥床している時間が多くを占めるようになる。
・声帯のやせからの嗄声や、耳管の調節機能の低下による耳の異和感や異音の聴取、体力低下に続発する視力低下(ぼやける・かすむなどの表現を取る)などが出現する。
・見当識障害も程度差があるが出現し始める。せん妄・混乱に至る患者も存在する。

B 余命日単位(余命数日以内)

・苦痛症状が一番強くなる。特に全身倦怠感が強くなり、身の置き所のないような表現を取ることが多い。また痛いと訴えるが局在がはっきりとせず、身の置き所のなさが「痛い」という表現を取っていることがしばしば認められる。これらの苦痛症状はステロイド投与でも、緩和されない。余命24時間前付近が、苦痛が最大となる時間帯であり、鎮静(最低限間欠的なものでも)を考慮すべき時間帯である。せわしなく体を動かされたり、足が重だるく感じて看護者が動かすのを希望されたりというような表現も目立つ。
・ADLの障害は顕著である。ベッド上から動くことは難しく、また動けないのにトイレへ行こうとして苦しまれることもある。
・表情は一般的に苦悶状。眉間にしわが寄っている。
・寝ているか、あるいは身の置き所のなさ・全身倦怠感で苦しまれるか、というどちらかの状態。
・意思の疎通は通常困難となってくる。せん妄・混乱の頻度も高くなる。
・急変も起こりやすいので、看取りに居合わせたい家族はなるべくそばにいたほうが良い。

C 余命時間単位(余命1日以内。ほぼ数時間程度。一般の表現で“時間の問題”)

・意識レベルが低下し、苦痛症状を訴えなくなる。
・体動が消失する。
・苦悶状の表情がなくなる。眉間からしわの消失。
・声漏れ(強い息に伴うアーアーの間欠的発声)が出る。これは辛さのためではない。家族に伝える必要がある。
・死前喘鳴(咽頭部のゴロゴロ音)が聴取される。これも意識が低下していれば、苦しくはない。
・橈骨動脈や上腕動脈を触知しなくなる。
・尿の流出が止まる。あるいは、相当低下する。
・看取りに居合わせたい家族はそばにいたほうが良い。
・呼吸は一般的に浅く速いである。呼吸が下顎呼吸となり、1分あたりの呼吸回数が数回程度となれば、分単位である。


※これらの時期は、終末期医療に習熟した複数の医療者で、また緩和ケアチームとの相談で、目安をつけるのが望ましい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうか有効にご活用ください。

以上抜粋終わります。全文は
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E7%A7%80%E4%B8%80
ご参照下さい。



5.がんの余命告知の意味:期間は当たらない事も多い
http://www.paci-gan.com/kiso/1265/

一部を抜粋します。全文は引用サイトをご覧下さい。

本人に余命を告知するかしないかは、患者さんの性格や考え方、ご家族の意向、医師の考え方などによって決められます。

1)余命は統計的なデータを元に告げられる

2)余命を告げるのは難しい
≫余命宣告の問題点と余命を告げることの難しさ
http://www.paci-gan.com/ganni/4783/

余命宣告されることで残りの人生をおもいっきり生きてみようと考える人と、死を認識することで生きる気力を失ってしまう人がいます。自分では死を受け入れる事ができると思っていた様な人でも、実際には余命を告げられたことによるショックで寿命を縮めてしまうことがあります。

余命はあくまで目安ですので、余命の期間よりももっと長生きする人も沢山いるわけですが、患者さんの気持ちを汲んで情報を正しく伝えることの難しさがそこにあります。

3)余命期間が短い場合は誤差が少ない
余命期間には誤差があります。しかし、余命期間が短い場合には、誤差も小さくなります。

旭川医科大学「臨死期のケア」.png

上の図は、死を迎えた患者さんの身体症状や日常生活動作の障害の出現からの生存期間を表したものです。身体症状の出現では、30日前頃から悪化し、日常生活動作の障害の出現では、5日前頃から急速に悪化している事が分かります。

以上引用抜粋終わります。


5つばかりご紹介しましたが、あくまでも予測ですので、外れる場合もあります。


小生の場合は原発暴走以外に脳転移も暴走していますので、余命予測はかなり困難です。
長ければ2ヶ月、早ければ1ヶ月くらいと予測します。
ただ脳腫瘍が元で認知症になった場合、そこがエンドポイントかなと考えています。

あとステロイドでQOLを維持していますので、ステロイドの投与量を加減する目安にもしたいと思う次第です。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419615349.html


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 11:03| Comment(2) | 終末期医療(ターミナルケア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

HOT 2015年6月24日余命の記2

HOT 2015年6月24日余命の記2

13時過ぎ 出発

サークルK でコピー

13時半過ぎ 図南へ

奥さんが酸素リースの契約(HOT: Home Oxygen Therapy)をしてしまいました

http://nsleep.com/hp/home-care/ho-hot/ho-hot.htm

精算、知寄薬局(奥さんだけ)

ヨドヤ高須店経由(キャラメル購入)帰宅

休憩
市役所電話

酸素濃度計が着いたので、使ってみる。とにかく簡単

子供に電話でxx依頼

17時 (HOT: Home Oxygen Therapy)業者来訪

空気分離型は帝人製、ボンベ移動型は?

説明とかして18時に帰る。

無料で酸素濃度計を置いていった。。。_| ̄|○ il||li

休憩 デルさん力作版画に色つけ

19時 土佐義和神父様作品 「つくばい」ブログアップ

がん終末期余命予測作業

19時45分 夕食 鰯の缶詰、野菜、枝豆
服薬

休憩中

ただいま21時前

今宵もこの辺で失礼いたしたく候

このあとは、歯磨き、読書、23時頃就寝予定。

どなたさまも、おやすみなさい。


奥さんに伝言
カバヤチョコ.jpg


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 20:49| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐義和神父様作品 「つくばい」 2015年6月24日

土佐義和神父様作品 「つくばい」 2015年6月24日

つくばい(蹲踞、蹲)とは日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。

土佐義和神父様1992年の作品です。

色つけはSRです。

IMG_0286cs.jpg


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 19:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の貧困 2015年6月24日余命の記1

心の貧困 2015年6月24日余命の記1

夜中に何度か目が覚める
オプソレスキュー

7時半起き

朝食はトースト、ヨーグルト、野菜、カフェオレなど
服薬

今朝の体調はまあまあ。
少し息苦しい。

これならT病院行けそうだ。
用件
・呼吸困難 オプソ
・胸水 リンデロン 資料持参
・薬の確認
・余命

新約聖書「ローマ人への手紙」を聞きながら目次更新、デルさん版画色つけなど


マザー・テレサは1981年4月に来日しました。
そのときの講演内容の一部を抜粋します。

「アフリカの国々が滅びるとしたら貧困が原因だろうが、日本は心が原因で滅びるでしょう。日本人はインドのことよりも日本の国内の心の貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります。誰からも必要とされていない貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりももっとひどい貧しさと言えます。豊かな日本に心の貧しい人がたくさんいる。それに気づくことさえできない人もいる。愛はまず家庭から始まります。まず家庭の中から不幸な人を救いなさい。夫婦が愛し合い、母親が家庭の中心となりなさい。自分の家庭が愛に満たされなければ隣人を愛することはできません」 

いまから34年前の来日ですが、先見の明ですなあ。

心の貧困ですか。物質的豊かさは心の貧困を招きました。
幸せってなんでしょうかねえ。

これから先どうしなければならないか。

それを考えるのは、日本人一人一人です。


息抜きに
http://blog.glox.jp/date/2015-6-18
大阪在住男性のブログですが、色々な料理が出てきて食べっぷりも豪快なんで時々訪問します。

現在11時。13時半に家を出て、途中でコピーしてT病院に向かいます。
用件は呼吸、胸水、QOL、余命、薬など

11時半 余命予測資料の調査

12時 このあと軽昼食、服薬

13時半頃 T病院へと向かいます

本日前半ブログはここまでです。

帰宅したら後半をカキコします。

↓昨日ブックオフで買った本の一冊
霧の果て―神谷玄次郎捕物控.jpg
藤沢氏の作品は殆ど読んでいます。↑は読んでないと思いますが、1/3程読み進んで既読と気づくことが時々あります。


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その他お役立ち情報 目次 2015年6月24日

その他お役立ち情報 目次 2015年6月24日


自宅で筋トレ 必要器具・備品 2013年11月28日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/381394318.html

日本人男性の寿命 2013年12月22日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/383317067.html

平成23年死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別 2014年1月10日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/384835789.html

平均寿命の年次推移 2014年1月19日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/385571317.html

介護保険と遺族年金 2014年10月14日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/407100104.html

高額療養費 自己負担限度額 説明書 (高知市)
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/409086579.html

食品成分検索サイト
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/417984576.html

障害者年金受給関係資料 2015年6月13日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/420603474.html

障害者年金申請のその後 2015年6月18日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/420882493.html


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 09:43| Comment(0) | その他お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終末期医療(ターミナルケア) 目次

終末期医療(ターミナルケア) 目次

終末期医療 2013年11月24日 最終
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/381061185.html

全国のホスピス 高知のホスピス 2013年12月8日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/382186292.html

死に場所を求めて 2013年12月21日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/383242640.html

小細胞肺がん 死に方調査途中 2013年12月26日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/383655431.html

尊厳死法案、現実味…自民PT、議論要請へ 2013年12月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/383884515.html

終末期医療 身体的苦痛とその緩和 2014年1月3日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/384203569.html

終末期医療 精神的苦痛とその緩和 2014年1月4日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/384327901.html

セデーション 2014年1月8日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/384688991.html

終末期医療 社会的苦痛とその緩和 2014年1月10日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/384854158.html

終末期医療 スピリチュアルペインとその緩和その1 2014年1月13日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/385074478.html

尊厳死の宣言書(リビング・ウィル Living Will)
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/385773739.html

ホスピス選び 2014年2月13日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/388417398.html

ホスピス受診 2014年2月14日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/388490222.html

ホスピス見学 2014年2月19日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/389169193.html

チームバチスタ4 螺鈿迷宮 2014年3月19日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/391876868.html

NPO法人ビハーラ21 2014年3月19日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/391967687.html

癌の告知
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/392512915.html

癌告知その2 2014年3月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/393052846.html

キューブラー・ロス 2014年4月9日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/394239984.html

終の信託 2014年4月11日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/394394348.html

終末期セデーション(鎮静) 2014年4月22日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/395312572.html

医療用麻薬消費量国際比較 2014年6月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/400575229.html

疼痛の強さの評価方法 2014年7月18日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/402045407.html

疼痛の総合評価シート 2014年7月22日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/402326631.html

WHO方式がん疼痛治療法について 2014年8月5日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/403243774.html

非オピオイド系がん性疼痛鎮痛剤
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/403399267.html

オピオイド系がん性疼痛鎮痛剤その1 2014年8月11日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/403573309.html

オピオイド系がん性疼痛鎮痛剤その2 2014年8月14日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/403728143.html

がん性疼痛の鎮痛補助薬による除痛 2014年8月21日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/404112374.html

がん性疼痛 その他の除痛方法 2014年8月25日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/404332414.html

「Quality of dying (QOD) and cost of dying (COD)」 2014年9月3日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/404826994.html

肺がん末期の呼吸困難 2014年9月8日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405085975.html

肺がん末期の呼吸困難その2 2014年9月11日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405264201.html

呼吸困難その3 2014年9月12日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405329323.html

モルヒネを鎮静目的で使ってはならない!? 2014年9月13日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405362665.html

モルヒネを鎮静目的で使ってはならないその2 2014年9月14日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405422334.html

セデーション実施率その2 2014年9月15日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405452868.html

呼吸困難その4およびセデーション 他 2014年9月16日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405522481.html

呼吸困難とモルヒネとセデーション(鎮静) 2014年9月21日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405766529.html

安楽死と尊厳死 2014年10月10日2
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/406895884.html

昨晩夜の部 2014年11月17日2
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/409114224.html

尊厳死の宣言書(リビング・ウィル Living Will) 印刷してサインすること
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/412135151.html

深い持続的鎮静または最終セデーション 2015年3月19日2
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/415892354.html

緩和医療の意義 2015年5月26日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419615349.html

オピオイド副作用対策−便秘 2015年5月26日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419634624.html

オピオイドの副作用対策−嘔吐・吐き気 2015年5月27日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419680834.html

オピオイド使用に関しての5原則 2015年5月28日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419748223.html

徐放性オピオイドと即放性レスキューオピオイドの適正な使用方法 2015年5月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419782068.html

頻回な強い突出痛と対策 2015年5月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419800934.html

鎮痛補助剤などによる痛みの頻度と強さの緩和 2015年5月30日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419848456.html

セデーション実施までの流れ 2015年5月31日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419892962.html

緩和医療とステロイド 2015年6月1日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419946542.html

死の過程の諸段階2015年6月1日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419960422.html

現在服用中の鎮痛剤など 2015年6月4日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/420115517.html

肺がん 胸水 緩和ケア ステロイド 2015年6月21日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/421057226.html

呼吸困難 緩和 2015年6月23日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/421177208.html





*************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺ガン患者 余命日記
posted by SR400 at 00:24| Comment(0) | 終末期医療(ターミナルケア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。