2015年06月01日

死の過程の諸段階2015年6月1日

死の過程の諸段階2015年6月1日

死ぬ瞬間「死とその過程について」(E・キューブラー・ロス)より

死の過程の諸段階2015年6月1日.png


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 20:03| Comment(2) | 終末期医療(ターミナルケア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身の置き所2015年6月1日朝〜夜

2015年6月1日朝〜夜

7時半起床
夜中何度か目を覚ます

体調 とにかく怠い、身の置き所がない

メイバランスを飲む

常時の服薬以外に
・アリナミンV2本
・カフェイン1錠
・ニコチン酸アミド1カプセル
・デカドロン 朝2錠、昼1錠

現在14時 少し怠さが抜けたような。

15時にお風呂の予定

ふ〜風呂はつかれる。なんとか入ることが出来た。

16時前 野菜とヨーグルト少々
18時過ぎ おむすび小1個、野菜少々、カボチャ少々

DSC00495.JPG

102:3わたしの日は煙のように消え、
わたしの骨は炉のように燃えるからです。
102:4わたしの心は草のように撃たれて、しおれました。
わたしはパンを食べることを忘れました。
102:5わが嘆きの声によって
わたしの骨はわたしの肉に着きます。
102:6わたしは荒野のはげたかのごとく、
荒れた跡のふくろうのようです。
102:7わたしは眠らずに
屋根にひとりいるすずめのようです。

旧約聖書 詩篇より

【明日の予定】
・11時半 センター緩和外来
・15時半 T'病院


******************************************************
ブログランキングに登録してるいます。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 19:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緩和医療とステロイド 2015年6月1日

緩和医療とステロイド 2015年6月1日

【全身倦怠感の定義とか】
全身倦怠感とは,「労作に比例しない,日常生活の妨げとなるほどの,つらく持続する主観的な感覚で,がんやがん治療に関連した身体的,精神的,認知的な倦怠感または消耗感」と,定義されている(NCCNガイドライン)。倦怠感は,がん患者で高率に出現する症状であり,がん患者の78〜96%に認められ2),患者のQOLを著しく損ねるものである。

【ステロイド効能】
予後が数ヶ月になると全身倦怠感によりQOLが低下し始める。モルヒネは疼痛緩和、呼吸困難緩和の働きがあるが、全身倦怠感の改善は難しい。
全身倦怠感は様々な症状が重なった結果だ。
ステロイドは以下のような諸症状の緩和に寄与、結果として全身倦怠感を緩和する。。
食欲不振、吐き気・嘔吐、脳圧亢進、脊髄神経圧迫、骨転移痛、腫瘍熱、腸閉塞、がん性リンパ管症、がん性胸膜炎・胸水、がん性腹膜炎・腹水。
ステロイドの詳しい作用機序については未だよくわかっていない。

【ステロイドの種類】
予後数ヶ月のQOL改善に用いられるステロイドには、ブレドニゾロン、ベタメタゾン(リンデロン)、デキサメタゾン(デカドロン)などがある。
強さの順は、ブレドニン<<デキサメタゾン=ベタメタゾン。
長期投与の場合は副作用の比較的軽いブレドニゾロンを10mg/日から始めるのがよい。


【ステロイドの副作用】
感染症、高血糖、ミオパチー(筋肉(骨格筋)が萎縮することによっておこる筋力の低下)、消化性潰瘍(特にNSAIDsと併用した場合に多い。予防としてはPPIの投与)、口腔カンジダ症などが挙げられるが、数ヶ月間内の適切な使用では口腔カンジダ症以外は滅多に見られない。口腔カンジダ症のばあいは、ファギソンシロップによるうがいによって改善する。

【その他注意事項】
ステロイドによって予後二週間くらいまではQOLの低下を抑えることが出来るが、予後二週間を切ると急速にステロイドの効果が無くなってくる。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/419615349.html

デキサメタゾン、ベタメタゾンの投与量は症状を見ながら、
内服1〜8mg/日、分1朝、もしくは分2朝昼。

【ステロイド薬】
免疫抑制や抗炎症作用を持ち、アレルギー性皮膚炎や気管支ぜんそく、関節リウマチ、各種臓器の炎症など多種多様な病気の治療に使われる。個人差はあるが特に長期投与では、感染症にかかりやすくなり、血糖値の上昇や骨粗しょう症の悪化、消化器の潰瘍などの副作用も。利点と欠点を見極めて使うことが大切。

DSC00493.JPG


******************************************************
ブログランキングに登録してるのだ。
↓クリックしてくれると嬉しいのだ。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 14:15| Comment(0) | 終末期医療(ターミナルケア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。