2015年06月18日

脳転移 頭痛 緩和 2015年6月18日 余命の記後半

脳転移 頭痛 緩和 2015年6月18日 余命の記後半

13時 軽昼食、薬

休憩中

旧約聖書 伝道の書を聞きながらデルさんの版画に色づけ
http://bible.salterrae.net/kougo/html/ecclesiastes.html

13時50分 のんちゃん来訪

脳転移 頭痛 緩和で検索
http://clinicalpath.jp/cnt09s/08.html
(1)コルチコステロイド
 コルチコステロイドは脳浮腫を軽減し,症状の改善にはきわめて即効性があり,臨床効果は6 〜 24時間以内に出現し3 〜7 日以内に最大となる。抗炎症効果や抗浮腫作用が強いベタメタゾン(リンデロンR),デキサメタゾン(デカドロンR) を8 〜16mg/day 投与。放射線治療中にも併用する。減量は5日ごとに2 〜4mgと徐々に減量し,必要最少量を決める2)。

(2)浸透圧利尿薬
 頭蓋内圧亢進,脳浮腫を軽減し意識障害の改善に効果がある。乳酸アシドーシス,電解質異常などに注意する必要がある。

 電解質加高張グリセリン液(グリセオールR)を200 〜 300ml/1 回,1 日1 〜 2 回投与。

 イソソルビド(イソバイドR):内服薬で70 〜 140ml/day,2 〜 3 回分服。

お〜今飲んでるリンデロンを増やせばいいのか。


Seesaaブログログイン方法アップ ←家族用です
コメ返事


「私の最後」
脳腫瘍の進行が一番早いかなあ。
脳浮腫による頭痛はなんとか緩和したいですねえ。
最後は鎮静剤を使うのかなあ。
認知障害になると、残り時間は少ないでしょう。
私としては認知障害が自分の最後という気持ちです。

「余命の記」も残り少なくなってきました。

検索画面からコピー
転移性脳腫瘍に伴う頭痛と嘔気に対し五苓散が著効した 緩和 ...
www.kampo-s.jp/k_square/journal/kampoigaku/vol38.../05_case05.pdf
転移をみとめ,7 月よりカペシタビン. +ラパチニブに薬剤を変更.9 月に頭. 痛,嘔気がみられた.MRI 画像検査で. は脳転移が増加・増大しており(図 1),. 濃グリセリン・果糖注射液,ベタメタ. 転移性脳腫瘍に伴う頭痛と嘔気に対し五苓散が著効した. 緩和ケア

五苓散てなんだ?

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html

ふむふむ、是非試してみたいもんだ。

18時 メールご返事など
のんちゃんは帰っちゃいました。

引き続き旧約聖書 伝道の書を聞きながらデルさんの版画に色づけ

生き上手 死に上手.png
以前所有していたんだけど、どこにいったか分からなくなった。
今回中古本を入手した。

死に支度いたせいたせと桜かな 小林一茶


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 19:24| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seesaaブログログイン方法

Seesaaブログログイン方法

ログイン方法11.png


ログイン方法22.png
posted by SR400 at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老いる 2015年6月18日余命の記前半

老いる 2015年6月18日余命の記前半

7時半起床

昨晩は本を読んでいたので11時半就寝。

14時ころトイレで目が覚め、しばらく寝付けず。

普段昼間は、自室ベットで仰臥している。自室ベット上ではノートPCがつかえる。

20時頃夕食をするんだけど、歯磨きしてその後はおふくろの寝室に移動する。夜寝るのはこの部屋だ。なぜおふくろの部屋で寝るかというと、トイレの目の前だから。

自室はトイレから離れている。夜中に寝ぼけていると躓いたりする恐れがあるので、寝床を替えることにした。おふくろの部屋でもアイパッドを持って行けば家庭内無線ランで使える。自宅だからスピードも速い。

でもおふくろの部屋では本を読むことにしている。
色々な本を読むけど、おふくろの購入したキリスト教関係の本なども読む。

夜20時半から就寝までは、読書の時間だ。

ということで夜19時半くらいにはPCはSWを落としてしまう。

今朝も曇り、体調は少し胸が痛い。昨晩オプソを使用している。怠さは強い。

7時半過ぎ朝食の後、眠いので再寝。10時過ぎに目が覚めた。

奥さんはもうすぐ買い物に出かける。午後にはのんちゃんが来るらしい。


妻絞殺、懲役2年6カ月 認知症介護「くむべき余地大きい」 札幌地裁判決
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0146839.html
届かなかった支援 妻絞殺の被告、介護サービス利用しないまま心身疲弊
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0146841.html
93歳「今も妻を愛してる」 嘱託殺人罪に問われ公判中
http://www.asahi.com/articles/ASH6J45NCH6JUDCB00D.html

ん〜刑罰を与えることに意味があるんですかねえ・・・。
これから益々、老老介護、認知症介護などが増えてきます。
いまの介護制度は機能不全です。
早急に抜本対策をたてるべきです。

11時 コメント返事、デルさん版画に色づけなど

「老いるということ」
昔は年を重ねることは目出度いとされてきた。
還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 卒寿 白寿などなど、節目節目の祝があった。
思うに昔は長寿というのは珍しかった。戦前の寿命は50才に満たない。
しかし現在は、男性80才、女性87才と世界一の長寿国となった。
長寿国となってしまい、様々な問題(介護、健康保健、年金、医療、孤立、認知症・・・)が浮上してきた。現代において長生きというのは、はたして喜ばしいのかどうか・・・。
生病老死(四苦八苦の四苦)は、人間いや生物には避けられない宿命だ。
いま生きている人たちは、ほぼ全員100年後にはこの世にいない。


DSC00506.JPG


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 12:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者年金申請のその後 2015年6月18日

障害者年金申請のその後 2015年6月18日

ええと奥さんが年金機構高知支店に行って説明と資料をもらってきました。

結論は、申請しないです。

理由は以下の通りです。

初審から一年半経過後からが支給対象。
小生の場合、今年の3月からとなります。
小生の余命はあと僅かです。
提出書類も多く、この限られた時間に作成に費やす価値が無いと判断しました。

膨大な提出資料ですが、その中で一番多いのが主治医が作成する資料です。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/420780162.html
に記しましたように、とてもじゃないけど依頼はできません。

よって申請はしないことにしました。

これは奥さんの見解で、私もまったく同じ見解です。

一年半後障害があり、予後の長い人はチャレンジしてみてください。

以上簡単ですが、ご報告させていただきます。

コメントで情報を頂いた方には感謝いたします。


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 11:45| Comment(3) | その他お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。