2015年06月19日

2015年6月19日 余命の記

2015年6月19日 余命の記

8時起床

体調 怠いのと息苦しい

朝食 カレーと食パンと野菜ジュース、服薬

休憩

デルさんの版画に色づけ

今日は医療センター呼吸器内科。
10時半過ぎに出発の予定だ。

今日でとりあえず最後の医療センターになるのかなあ

11時前 医療センター着
採血、レントゲン
受診
癒着は不完全。早くも胸水がたまっている。
もみの木の結果は、医療センターに既に連絡がきてた。

最後に主治医にお礼を言って退出した。

とりあえず医療センターの訪問は終了。

一年10ヶ月お世話になった。

あとはホスピスのT病院のみとなった。

死因は脳腫瘍か呼吸不全か?

どちらともリンデロンのお世話になりそうだ。

脳圧亢進:ステロイド&浸透圧利尿薬&五苓散
胸水:ステロイド
呼吸困難:モルヒネ

しかし増悪した小細胞肺がんの勢いはすごい。

余命は・・・ 言わないでおこう


14時半帰宅
センター売店で買ったサンドイッチを食す。

15時半 訪問看護さん来訪
17時半前 訪問看護さん帰宅

しっかし左肺下部が傷む。胸膜癒着術の後遺症だと思う。

「かずら橋」アップ

19時過ぎ 旧約聖書 伝道者の書を聞きながらデルさん版画に色づけ中


伝道者の書第1章

1:1ダビデの子、エルサレムの王である伝道者の言葉。
1:2伝道者は言う、
空の空、空の空、いっさいは空である。
1:3日の下で人が労するすべての労苦は、
その身になんの益があるか。
1:4世は去り、世はきたる。
しかし地は永遠に変らない。
1:5日はいで、日は没し、
その出た所に急ぎ行く。
1:6風は南に吹き、また転じて、北に向かい、
めぐりにめぐって、またそのめぐる所に帰る。
1:7川はみな、海に流れ入る、
しかし海は満ちることがない。
川はその出てきた所にまた帰って行く。
1:8すべての事は人をうみ疲れさせる、
人はこれを言いつくすことができない。
目は見ることに飽きることがなく、
耳は聞くことに満足することがない。
1:9先にあったことは、また後にもある、
先になされた事は、また後にもなされる。
日の下には新しいものはない。
1:10「見よ、これは新しいものだ」と
言われるものがあるか、
それはわれわれの前にあった世々に、
すでにあったものである。
1:11前の者のことは覚えられることがない、
また、きたるべき後の者のことも、
後に起る者はこれを覚えることがない。

ダビデの子といえばソロモン。
ソロモン晩年の著作といわれているけど、真贋は定かでない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3


死について考える.png

美しや障子の穴の天の川

狐狸庵先生によると一茶の辞世の句だそうです。


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 19:41| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「かずら橋」 2003年土佐義和神父作品

「かずら橋」 2003年土佐義和神父作品
 色づけ by SR

IMG_0163s.jpg

多分「祖谷のかずら橋」だと思うんだけど

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A5%96%E8%B0%B7%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%82%89%E6%A9%8B&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&espv=2&biw=950&bih=453&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=hNSDVeGuG8G8mAWa9IfIAw&ved=0CEsQsAQ


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。