2015年06月30日

胸水貯留だろうか 2015年6月30日余命の記2 後半の部

胸水貯留だろうか 2015年6月30日余命の記2 後半の部

12時 昼食
たこ焼き、野菜、焼き卵一切れ
服薬

休息中

これから奥さんは買い物、私は休息中

奥さん帰ってきたらシャワーする予定なので、よ〜く休んでおこう。
今回は浴槽は使わない。

13時半 脳圧亢進、胸水貯留、呼吸困難対策情報、頭の整理

性善説、性悪説ってのがあるけど、人間は元来どちらの要素も潜在していると思う。
だから程度の差こそあれ、みな良いことも悪いこともする。

14時半 奥さん帰宅して休憩中

ギリシャ首相:「債務返済は不可能」
http://mainichi.jp/select/news/20150630k0000e030191000c.html
開き直りました。もう怖いもんなし。

ギリシャ 銀行は休業や引き出し制限も
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150629/k10010131481000.html
敗戦後の日本みたい

ATM使えないと困るだろうなあ。
貨幣価値も大幅ダウン。
将来の日本は大丈夫だろうか?


16時 シャワー出たとこ

酸素吸入しばし仰臥
左肺はかなりのダメージを受けているけど、右肺が機能しているので、呼吸はまだ大丈夫だ。右肺は左肺よりも大きく、片側呼吸だけでも普通の生活に支障はないらしい。


腹上部が張って苦しい。恐らく胸水貯留のせいだ。

明日T病院で、
レントゲンやエコー。
胸水ならば、
・やだけど応急に胸水穿刺
・五苓散処方依頼 7.5g/日
・リンデロン増量検討 胸水緩和には4〜8mg/日(現在3mg/day)余命&副作用考慮


男がライターで火をつける? 2人死亡、4人が重傷
http://www.sankei.com/affairs/news/150630/afr1506300036-n1.html
他の記事も読んでいると自殺のようだけど、他人を巻き添えにするとは・・・。
いまわの際まで自己中な方だと言わざるを得ない。


19時半過ぎ 夕食 食欲はあるのに殆ど食べられない・・・
服薬

休憩 腹苦しい・・・

ただいま20時22分

今宵は苦しいので、この辺で失礼いたしたく候

このあとは、歯磨き、読書、23時頃就寝予定。

どなたさまも、おやすみなさい。

シャーロック=ホームズの冒険.jpg

海外の小説で一番多読したのは、おそらくシャーロック・ホームズだろう。
きっかけは小学校6年生の時に担任の先生から貰ったからだ。
それ以来すっかりシャーロキアン(自称)となってしまった。

作者はコナン・ドイル。彼は晩年、心霊主義活動に傾倒した。きっかけは第一次大戦で子供達を失ったからだと聞く。

******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 20:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨死体験 お迎え現象 2015年6月30日

臨死体験 お迎え現象 2015年6月30日


臨死体験に関する調査結果など 2015年6月26日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/421340982.html

臨死体験において「典型的」と思われる体験は、
「表現できない安らぎ」
「天への上昇」
「奇妙な音」
「暗いトンネル」
「肉体からの離脱」
「光の存在」
「生涯の回想」
「生と死の境界」
「肉体への生還」
「お迎え現象」
などがある。
小生の場合は、広大なお花畑を歩いていた。
日本人に多いパターンらしい。

今回はその一つ「お迎え現象」を調べた。

お迎え現象は世界中に見られる。
誰がお迎えに来るかは、国や民族、宗教によって違うようだ。

最も多いのは、既に亡くなった人であり、死に瀕した人と近しい関係にあった人。
守護霊、先祖、マリア様、キリスト、神様、天使、親しかった人、会いたかった人

もっともこれは死にかけて生き返った人の証言であって、生き返らなかった人の証言ではない(あたりまえか・・・)。


「矢作直樹氏、お迎え現象を語る」

https://www.youtube.com/watch?v=HLVeGlGYdEw&list=PL052mEzypqoLxuPmv6YUykywOzyRNdtGs&index=3

矢作直樹(やはぎ・なおき)氏
東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より現職。2011年、初めての著書『人は死なない』(バジリコ)が7万部を超えるベストセラーとなり、話題となる。

http://www.j-cast.com/2014/09/21216400.html?p=all

著作は多数あります。
http://www.junkudo.co.jp/mj/products/list.php?zssearch_author=%E7%9F%A2%E4%BD%9C%20%E7%9B%B4%E6%A8%B9


私の場合、お迎え人は祖父かなあ。
会いたい人は、祖母、デルさん、お世話になった人多数。
会いたくない人ももちろんいるのだ。

人は死なない.jpg

******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 13:55| Comment(0) | 死生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五苓散 2015年6月30日余命の記1

五苓散 2015年6月30日余命の記1

7時半起床 昨夜も数回覚醒 痛みのためオプソ1包服用

体調 少し怠し

朝食 レトルトホテルザカリーと食パンと野菜
服薬

休憩中 リコメなど

お迎え現象しらべ

般若心経を聞きながらデルさんの版画に色つけ

左下肺が膨張しており、結構胸水が貯留していそう。
胸水対策としては、ステロイドや注射器による胸水抜き、胸水ドレナージなどがある。
ステロイドは、現在リンデロン3mg/dayと少ない。ただ現段階で増やすと眠れなくなるので、あまり増量したくない。胸水対策用にはリンデロン4mg/day以上が推奨されている。胸水を抜くのは、ドレナージはQOLが下がるのでいやだ。注射器抜き取りもできれば避けたい。

脳圧亢進緩和でかいた五苓散は胸水緩和に有効かどうか調べた。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/421108534.html
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%94%E8%8B%93%E6%95%A3&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&oq=%E4%BA%94%E8%8B%93%E6%95%A3&aqs=chrome..69i57j69i61l2j69i59l2&sourceid=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8#q=%E4%BA%94%E8%8B%93%E6%95%A3%E3%80%80%E8%83%B8%E6%B0%B4

なんだか胸水にも効きそうだ

再発 した胸水貯留 に対 し五苓散が有効 であった一症例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed1982/57/3/57_3_339/_pdf
胸腔 ドレー ン留置などにより胸水 は消失するが, 再度貯
留 し当院入院。入院後よ りそれまでの内服薬を変更することな く, 五苓散を追加投与 した ところ胸水が消失 し全身
の浮腫性変化も見 られなくなった。さ らにその後も胸水の再貯留も見 られていない。五苓散 エ キス穎粒7.5g/日
の追加投与

僧帽弁置換術後の難治性胸水に対して五苓散追加が有効であった一症例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed/63/2/63_103/_pdf
労作時呼吸困難と共に右胸水を認め,穿刺排液を2度行い,スピロノラクトンを50mg/日に
増量するも,胸水の再度の増加を認めた。そこで,五苓散7.5g/日を追加し,胸水量の減少,安定化を認めた。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html
通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。

現在12時

前半はこの辺で。

【予定】
今日午後シャワーのみ
明日午後 T病院で五苓散相談


白い人・黄色い人 (新潮文庫) 文庫.jpg

******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。