2014年09月19日

小細胞肺がんとUFT 2014年9月19日

体調 怠い、眠い

UFTはおおよそ小細胞肺がんとは無縁の抗がん剤。

ただ以前購入した書籍「使い方次第で抗がん剤は効く!」(著者 梅澤充 KKベストセラーズ)
http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9%E6%AC%A1%E7%AC%AC%E3%81%A7%E6%8A%97%E3%81%8C%E3%82%93%E5%89%A4%E3%81%AF%E5%8A%B9%E3%81%8F%EF%BC%81-%E6%A2%85%E6%BE%A4-%E5%85%85/dp/4584133255

の中で小細胞肺がんへのUFT使用の記述があったので、気になっていた。
梅澤氏はかなり以前からブログも書いているので、ブログ内を少し検索してみた。
http://umezawa.blog44.fc2.com/

小細胞肺がんとUFTに関する記述箇所が幾つかあった。

http://umezawa.blog44.fc2.com/blog-entry-2422.html
http://umezawa.blog44.fc2.com/?q=uft%E3%80%80%E5%B0%8F%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%82%BA%E3%81%8C%E3%82%93&page=1
http://umezawa.blog44.fc2.com/?q=uft%E3%80%80%E5%B0%8F%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%82%BA%E3%81%8C%E3%82%93&page=3

UFTのみに関する記述
http://umezawa.blog44.fc2.com/blog-entry-61.html
http://umezawa.blog44.fc2.com/blog-entry-637.html?q=UFT%E3%80%80%E9%A1%86%E7%B2%92

ウェブ全般も色々調べてみたのだが小細胞肺がんへのUFT使用に関する記述は殆ど無い。

http://www.saiseikai-hp.chuo.fukuoka.jp/cancer/rejimen/10.pdf
http://blog.livedoor.jp/mister_haigan/archives/2006-07-20.html
http://blog.livedoor.jp/mister_haigan/archives/50640422.html

どうも進行の遅い小細胞肺がんでは、UFT(と免疫活性賦活剤併用)で延命できた人が複数いるらしい。

服用量等は記載があるので、処方してもらえる病院があれば
使用は可能だ。

併用する免疫活性賦活剤はクレスチン。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se42/se4299001.html
http://www.okusuri110.jp/cgi-bin/dwm_yaka_list_se.cgi?4299001&%83N%83%8C%83X%83%60%83%93
http://umezawa.blog44.fc2.com/blog-entry-62.html
http://health.goo.ne.jp/medicine/search/5995_1/ku/0/indexdetail.html
http://www.qlife.jp/meds/rx17168.html

意外なことに
効能
胃癌(手術例)患者及び結腸・直腸癌(治癒切除例)患者における化学療法との併用による生存期間の延長
小細胞肺癌に対する化学療法等との併用による奏効期間の延長
とある。始めて知った。

ということでUFTもクレスチンも保険適用となりかなり安価に仕上がる。これですこしでも延命効果が出ればもうけものかな?

DSC04793.JPG

音量注意
https://www.youtube.com/watch?v=HW_xjdwnAGk

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 19:14| Comment(4) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
検査結果、そして今後の事、いろいろと考えますよね…
小細胞に関する、本や記述、資料が少なく判断してくには材料が
少ないですよね。

情報を知りたくても、元々が少ないのでSRさんのブログは
本当に沢山の方が支えにされてると思います。

イリノテか、緩和か…
判断は難しいですね。

何の力にもなれませんが、影ながら応援しております。




Posted by 炭酸マスク at 2014年09月20日 06:33
炭酸マスクさんこんにちは。

朝が早いですね。小生は二度寝をしてしまいました。

イリノテカンの方向で進んでおります。
22日に血液検査がOKなら第1回目を行います。

奏効しない場合はUFTを考えています。大体調査も終わりました。
Posted by SR at 2014年09月20日 11:51
SRさんこんばんは。イリノテされるご予定なんですね。
UFTされる場合はクレスチニンと併用するのですか?
医学も進歩して色々な治療方法がありますね。
小細胞肺癌 に効く治療薬の開発も進んで欲しいです。
一番の願いです。
SRさんとともに病に立ち向かってるかたは沢山いらっしゃいます。
その光だと思います。
副作用が軽くすむ事を祈っています。
Posted by 炭酸マスク at 2014年09月22日 00:00
炭酸マスクさんこんばんは

今日イリノテカンを点滴しました。
事前の血液検査で白血球と好中球が抗がん剤投与範囲ぎりぎりでした。骨髄抑制がどうなりますか・・・。

UFTとクレスチニンは必ず併用のようです。

小細胞肺がんへの一番の新薬は分子標的治療薬ですかねえ。
さほど遠からず出てくるように思うんですけど。
Posted by SR at 2014年09月22日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。