2014年11月05日

アブラキサン 2014年11月5日

アブラキサン

先ほど同病の方からフォースラインでアブラキサンを試したところ奏効したとのメールを頂きました。

アブラキサン名前は知っていたのですが、パクリタキセルと同じだろうと思い調べていなかったんですが、
検索してみると奏効率がパクリタキセルより高くて驚きました。
値段にも驚いたんですが・・・

http://gansupport.jp/article/qa/breast_qa/breast01_qa/4948.html
http://abraxane.jp/about/index.html
http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/prt/4240409D1023.html


乳癌、胃癌にはA法を使用し、非小細胞肺癌にはB法を使用する。
A法:パクリタキセルとして、1日1回260mg/u(体表面積)を30分かけて点滴静注し、少なくとも20日間休薬する。これを1コースとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
B法:パクリタキセルとして、1日1回100mg/u(体表面積)を30分かけて点滴静注し、少なくとも6日間休薬する。週1回投与を3週間連続し、これを1コースとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

点滴時間も短いし、高額療養費で月8万円代ですので、小生もトライしてみようかと思います。

今の病院でレジメンを院内登録していたらですが。。。

Hさん、貴重な情報をありがとうございました。


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 23:22| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SRさん、ご無沙汰してます。相変わらずの研究姿勢に頭が下がります。
今回は同病の方からのご紹介とのことですが、アブラキサンに小細胞肺がんへの投与例があるということですか?
いずれにしても奏功を祈っています。
Posted by せい at 2014年11月11日 16:36
せいさんこんばんは。
日本ではあまり例がないと思いますが、アメリカでは使用例があり、調べたところカルボとの併用ですが、治験も実施中のようです。
http://clinicaltrials.gov/show/NCT00454324
Posted by SR at 2014年11月11日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。