2015年01月01日

経口エトポシド調査結果 2014年12月29日

経口エトポシド調査結果

作用機序 トポイソメラーゼU阻害薬
*****************************************************

1.工トポシド単剤経口連日投与が脳転移巣にも奏効した小 細胞肺癌の1例
http://ci.nii.ac.jp/els/110003112874.pdf?id=ART0003519044&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1419761631&cp=

67歳男性で本人及び家族の強い希望で,エトボシド剤経口連日75〜50mg投与を行ったところ,原発巣goodPR,脳転移巣CR入りし,硯力障害も完全に回復した.

*****************************************************

2.成分(一般名):エトポシド
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se42/se4240001.html

ベプシドカプセル25mg~50mg、ラステットSカプセル25mg~50mg

肺小細胞癌
悪性リンパ腫
子宮頸癌
がん化学療法後に増悪した卵巣癌

用法

【肺小細胞癌】

エトポシドとして、通常成人1日175〜200mgを5日間連続経口服用し、3週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜増減する。

【悪性リンパ腫】

患者の状態に応じA法又はB法を選択する。

A法:エトポシドとして、通常成人1日175〜200mgを5日間連続経口服用し、3週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜増減する。
B法:エトポシドとして、通常成人1日50mgを21日間連続経口服用し、1〜2週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜増減する。

【子宮頸癌】

エトポシドとして、通常成人1日50mgを21日間連続経口服用し、1〜2週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜減量する。

【がん化学療法後に増悪した卵巣癌】

エトポシドとして、通常成人1日50mg/m2を21日間連続経口服用し、1週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

*****************************************************

3.Single-agent oral etoposide for elderly small cell lung cancer patients.
高齢小細胞肺がんへの経口エトポシド単剤投与

http://test.europepmc.org/abstract/MED/2154860
Seminars in Oncology [1990, 17(1 Suppl 2):49-53]

We carried out a phase II trial of etoposide PO in elderly patients (greater than or equal to 70 years of age) with a confirmed histologic diagnosis of SCLC. Patients were treated with etoposide capsules 800 mg/m2, with the total dose divided over 5 consecutive days. Cycles were repeated every 3 to 4 weeks for a total of six cycles.

160mg/m2を5日間連続。1サイクル=3〜4週。トータル6サイクル

In September 1985, 53 patients (35 male, 18 female) with a median age of 73 years (range, 70 to 95) were treated. After staging, 24 patients (45%) had limited disease (LD); the remaining 29 patients had extensive disease (ED).

1985年、53人の患者(平均年齢73歳、LD24人、ED29人)

Overall response was 79% (complete response [CR], 17%; partial response, 62%). CRs were seen in 8 of 24 patients (33%) with LD and in 1 of 29 patients (3%) with ED.

奏効率79%。CR17%、PR62%
CR内訳(LDが33%、EDが3%)

Median survival of all patients was 9.5 months (range, 1 to 22+) with 20 patients still alive; the toxicity rate was acceptable. Total alopecia developed in all patients, whereas significant neutropenia (8%) and thrombocytopenia (6%) were rare.

平均生存期間9.5ヶ月。毒性は容認できる。
重い好中球減少、重い血小板減少はそれぞれ8%、6%だった。

In addition, therapy is associated with minimal toxicity and can be administered entirely on an outpatient basis.

毒性が低く、外来治療出来る。

*****************************************************

4.Prolonged administration of oral etoposide in patients with relapsed or refractory small-cell lung cancer: a phase II trial
再発あるいは難治性SCLC患者への経口エトポシドの継続的治験フェーズU
http://jco.ascopubs.org/content/8/10/1613.short
1990 by American Society of Clinical Oncology

Twenty-two patients with recurrent small-cell lung cancer (SCLC) were treated with single-agent etoposide 50 mg/m2/d by mouth for 21 consecutive days.

被験患者は再発SCLC患者22人。経口エトポシド単剤投与量は50 mg/m2/dを21日間連続。

The median time off chemotherapy was 4.5 months (range, 1 to 28.9 months).

平均治療期間は4.5ヶ月。

Ten patients (45.5%; 95% confidence interval [CI], 27% to 65%) achieved a complete or partial response.

奏効率は45.5%。

Responses were most common in patients who had responded to previous chemotherapy and who had not received any treatment in the 90 days before initiation of oral etoposide.

奏効性は前もっての治療が奏効あるいは治験前90日以上無治療の患者がメインであった。

Median response duration was 4 months (range, 1.5 to 9.5 months) and median survival was 3.5+ months (range, 1.0 to 15+ months).

平均応答期間は4ヶ月であり、平均生存期間は3.5ヶ月延びた。

*****************************************************

5.Comparison of oral etoposide and standard intravenous multidrug chemotherapy for small-cell lung cancer: a stopped multicentre randomised trial
SCLC患者への経口エトポシドと標準多剤静注治療の比較:治験途中中止

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(96)02005-3/abstract

Medical Research Council Lung Cancer Working Party

The Lancet Volume 348, No. 9027, p563〜566, 31 August 1996

Between September, 1992, and August, 1995, 339 patients were randomly allocated four cycles of 50 mg oral etoposide twice daily for 10 days (171 patients) or a standard intravenous regimen of etoposide and vincristine (EV), or cyclophosphamide, doxorubicin, and vincristine (CAV, 168 controls).

経口エトポシド治験者(50mg/twice/day/10days)は171人、
標準静注法(EV法、CAV法)は168人


The palliative effects of treatment were similar in the etoposide group and control group (41% vs 46%). Grade 2 or worse haematological toxicity occurred in 35 (29%) etoposide-treated patients and 26 (21%) controls. Controls had a higher overall response rate than etoposide-treated patients (51% vs 45%). There was a small disadvantage in survival associated with oral etoposide (hazard ratio 1・35 [95% Cl 1・03?1・79], p=0・03). Median survival was 130 days in the etoposide group and 183 days in the controls; survival rates were 35% and 49% at 6 months and 11% and 13% at 1 2 months, respectively.

緩和効果に大差はなかった。血液毒性は経口エトポシド群29%、標準治療群21%。奏効率は経口エトポシド群45%、標準治療群51%。生存期間は経口エトポシド群が劣った。平均生存期間は経口エトポシド群130日、標準治療群183日。6ヶ月後の生存率は35%と49%。1年後の生存率は11%と13%。


Oral etoposide 50 mg twice daily for 10 days every 3 weeks for four cycles is inferior to standard intravenous multidrug chemotherapy in the palliative treatment of patients with SCLC and poor performance status. Oral etoposide alone should no longer be used in the treatment of such patients.

経口エトポシド(50mg/twice/day/10days/1サイクル21日を4サイクル)は従来法に較べて奏効性や緩和効果に関して劣る結果であった。

*****************************************************

6.Five-Day Oral Etoposide Treatment for Advanced Small-Cell Lung Cancer: Randomized Comparison With Intravenous Chemotherapy
進展型SCLCへの5日間経口エトポシド投与:静注化学療法との無作為比較

http://jnci.oxfordjournals.org/content/89/8/577.full.pdf
Journal of the National Cancer Institute, Vol. 89, No. 8, April 16, 1997
Department of Medical Oncology, Guy'ss Hospital and St. Thomas Hospital,London.

Background: Oral etoposide is an active single agent in small-cell lung cancer (SCLC) and is widely prescribed as first-line treatment as an alternative to intravenous combination chemotherapy in patients with extensive disease. Purpose: The intention of this study was to determine if the effects of oral etoposide therapy on survival and quality of life are equivalent to those of intravenous chemotherapy.

背景、目的:経口エトポシド単剤療法は静注多剤併用療法の代わりとして進展型SCLCのファーストラインに用いられてきた。今回の研究の意図は、経口エトポシド単剤療法の生存率やQOLが静注化学療法のそれと同じかどうかを調べること。


Methods: In a randomized trial of palliative treatment in advanced SCLC, oral etoposide (100 mg given twice daily for 5 days) was compared with intravenous chemotherapy consisting of alternating cycles of cisplatin and etoposide (PE) and cyclophosphamide, doxorubicin, and vincristine (CAV). Six cycles of chemotherapy were administered every 21 days in both regimens. Symptom control and quality of life were measured with the Rotterdam Symptom Checklist and a daily diary card. In January 1996, after 155 patients had been randomly assigned from a projected intake of 365 patients, an independent Data Monitoring Committee examined the interim results. Survival was determined by the Kaplan-Meier method, and the logrank test was used to compare treatments. For quality-of life comparisons, average scores were calculated for each time point. The Mann-Whitney U test was used to determine any significant overall differences between treatments. For the Rotterdam Symptom Checklist, separate analyses were done for each subset (psychological well-being, physical symptoms, lung cancer symptoms, treatment symptoms, activity, and quality of life). Response rates and toxicity scores were compared by using x2. All statistical tests were two-sided.

治験方法:
期日 1996年
治験者は進展型SCLC155人
経口エトポシド単剤療法は100mg/twicw/day/5days
静注化学療法はPE、CAV
それぞれ1クールは21日間、クール回数は6回。

評価方法:略、上記英文参照


Results: Survival was inferior at 1 year in the oral etoposide group compared with intravenous therapy (9.8% for oral versus 19.3% for intravenous; difference = 9.5%; 95% confidence interval of difference = 0.3%-18.7%; P<.05), and there was a trend toward inferior overall survival. Median survival was 4.8 months for oral treatment and 5.9 months for intravenous therapy. Progression-free survival was worse in the oral etoposide arm (median = 3.6 months versus 5.6 months; P<.001), as well as overall response rate (32.9% versus 46.3%; P<.01). With the exception of acute nausea and vomiting associated with intravenous chemotherapy, all aspects of symptom control and quality of life were either the same or worse in the oral etoposide group. Study closure was recommended.

結果
1年生存率は経口エトポシド群が9.8%、静注群が19.3%で経口エトポシド群が劣った。
平均生存期間は経口エトポシド群が4.8ヶ月、静注群が5.9ヶ月で経口エトポシド群が劣った。
無憎悪生存期間は経口エトポシド群が3.6ヶ月、静注群が5.6ヶ月で経口エトポシド群が劣った。
全奏効率は経口エトポシド群が32.9%、静注群が46.3%で経口エトポシド群が劣った。
症状制御やQOLは、経口エトポシド群が同等か劣った。


Conclusions: These interim results show that this schedule of oral etoposide is inferior to intravenous chemotherapy in the treatment of advanced SCLC and should not be used as first-line treatment of this disease. [
[J Natl Cancer Inst 1997;89:577-80]

結言
今回の治験では進展型SCLCへの今回の経口エトポシド投与方法は多剤静注法より劣る結果となり、ファーストライン治療に使用されるべきではない。[J Natl Cancer Inst 1997;89:577-80]


The prognosis of extensive small-cell lung cancer (SCLC) remains very poor in spite of combination chemotherapy. Only 5%-10% of patients with this disease survive to 2 years (1,2). Some patients have adverse prognostic features at presentation and survive a median of only 6-8 months (3,4). In these patients, the use of oral etoposide would seem to have much to recommend it.

進展型SCLCは多剤併用化学療法にもかかわらず、その予後は極めて悪い。そのような患者には(二次以降の治療として)経口エトポシドの使用も推薦される。


*****************************************************


7.肺小細胞癌を対象としたエトポシド長期経口投与法のPhase I study
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112745/en
Japanese Journal of Lung Cancer 33(1), 95-100, 1993-02
The Japan Lung Cancer Society


肺小細胞癌に対するエトポシドの21日間経口投与法の第I相試験を18症例を対象に行った.対象患者は既治療例,あるいは標準的化学療法に耐えられないと判断された症例とした.エトポシドの内服量はFibonacciの変法に準じて,25mg/m^2/day,35mg/m^2/day,50mg/m2^/dayと増量し,投与量設定試験を行った.16例が適格完全例であった.50mg/m^2/dayの内服でgrade3以上の白血球減少が67%に,grade3以上の貧血が33%に見られたが,他の副作用は著明でなかった.したがって,本法の最大耐用量(MTD)は50mg/m^2/dayであり, dose limiting toxicity は白血球減少であった.また,薬理動態の解析では,エトポシドの蓄積性は観察されなかった.一日量25mg/bodyの内服では血中のエトポシドの濃度は,有効濃度とされる1μg/mlに達しない場合がみられ,一日量50mg/body以上の内服により安定して1μg/mlをこえる血中濃度が得られるものと思われる.

*****************************************************


8.医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム
日本病院薬剤師会のIF記載要領(1998 年9月)に準拠して作成  2012年6月(改訂第7版)
ラステットSカプセル 25mg、ラステットSカプセル 50mg
http://mink.nipponkayaku.co.jp/product/di/in_file/sedi_lasc_in.pdf

X 治療に関する項目
1.効能又は効果
肺小細胞癌、悪性リンパ腫、子宮頸癌、がん化学療法後に増悪した卵巣癌

2.用法及び用量
1.肺小細胞癌
エトポシドとして、通常成人1日 175〜200mg を5日間連続経口投与し、3週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
なお、投与量は疾患、症状により適宜増減する。
2.悪性リンパ腫
患者の状態に応じA法又はB法を選択する。
A法:エトポシドとして、通常成人1日 175〜200mg を5日間連続経口投与し、3週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
なお、投与量は疾患、症状により適宜増減する。
B法:エトポシドとして、通常成人1日 50mg を 21 日間連続経口投与し、1〜2週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
なお、投与量は疾患、症状により適宜増減する。

3.臨床成績
1)肺小細胞癌
承認時および剤型追加時(Sカプセル)の単独投与の試験における奏効率は
25.0%(33/132)であった。また、併用療法の試験における奏効率は 23.1%(3/13)
であった。

*****************************************************

9.所見
経口エトポシドは高齢者、再再発以降の抗がん剤として試してみるに値する。
用法は多い量を短期に投与するより、中程度の量をある程度中長期に投与する方が奏効性や副作用の点で効果的だと思う。

たとえば
50 mg/m2/dを21日間連続
連日75〜50mg/body投与
一日量50mg/body以上21日間経口投与

50mg/body/day/連日から始めて、副作用(主に骨髄抑制)を見ながら増量する。

****************************************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 13:03| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SRさん
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さすがSRさん、すごい掘り下げ力!すばらしい!
SRさんらしい元旦にふさわしいアップです!
負けてたまるか!という新年の抱負の表れですね。

春とは言わず、とりあえず次の目標はお孫さんの1歳のお誕生日!
応援しています!
Posted by yuki at 2015年01月01日 14:04
yukiさんへ。
明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

以前エトポシド単剤使用例は無いとの理由で主治医に拒否られました。毎度のことですが当方でエビデンスを提出しないと前に進みません。

今のアブラキサンが効かなくなったら、とりあえずノギテカン、その次は経口エトポシド単剤と考えています。
ただし主治医のOKが出て、かつ体力が持てばの話ですが。
Posted by SR at 2015年01月01日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。