2015年01月02日

介護老人一歩手前? 2015年1月1日1

今日は元旦
8時起床。昨晩も深夜まで各種抗がん剤を調べていたので眠い。

体調はやや怠し 体温36.4度

8時過ぎ 朝食
雑煮、生協のおせち料理など
メシマ1包、青汁1包、亜鉛1カプセル、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

休憩

経口エトポシド単剤調査、クレスチン調査

昼過ぎ来訪有り

15時 昼食 生協のおせち料理
メシマ1包、青汁1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル
アリナミンV1本

休息

ドラマを見ながら色々調査
小細胞肺がん抗がん剤関連 ブログアップ二件

18時半 お風呂

疲れた
入浴とか食事とか、基本的な事柄をこなすのが辛い。
特に入浴はその前にアリナミンVやデカドロンを服用しないと無理。
スポーツおじさんだったのが、この病気になって介護老人一歩手前になってしまったのだ。
PC操作は寝たままで指先だけなので楽なのだ。
あと寝るのはOK 当たり前か

20時 夕食
生協のおせち、自家製黒豆煮
メシマ1包、青汁1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

ドラマを見ながら抗がん剤調査イフォスファミド


メモ
今後の単剤抗がん剤候補
・ノギテカン△○ トポイソメラーゼT型阻害剤

・経口エトポシド△ トポイソメラーゼU阻害薬

・イフォスファミド△ アルキル化剤 出血性膀胱炎

・ゲムシタビン△△ 代謝拮抗薬

・ビノレルビン△×× 微小管重合阻害薬

・ドセタキセル△×× 微小管脱重合阻害薬

・テモゾロミド△×  脳転移 放射線併用

・併用薬 クレスチン○

これまでの抗がん剤
1)カルボプラチン DNA合成を阻害する
  イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
2)アムルビシン トポイソメラーゼU阻害
3)イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
4)アブラキサン 微小管脱重合阻害薬



ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 01:30| Comment(4) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SRさん こんにちは

こんなサイトを見つけました。↓↓
http://pulmonary.exblog.jp/22449351/

ご存知でいらっしゃいますか?

私のブログにコメントして下さっている方のお母さんが
発症されて2年くらいたっているのに放射線治療を治療を受けられたと聞いて
えっ?と思っていましたが・・・・。資料がありました。
Posted by yuki at 2015年01月02日 18:23
yukiさんへ。
この文献は知らなかったんですが、日本でも以前から似たような報告はありました。
進展型でも抗ガン剤が奏効して縮小すれば、胸部放射線が有効であるというものです。
http://gansupport.jp/article/cancer/lung/lung02/71.html/2
http://www.kkr-smc.com/rad/guideline/2008/smallcell.pdf

1stラインの終わり頃、色々交渉したんですが↓のため無理と言うことになりました。

小生の場合、左肺背部全域に胸膜播種が見られ、範囲が広すぎて放射線照射はできないという医療センター放射線科の見解でした。この胸膜播種はいまも存在するので、病院の見解は変わらないと思います。

今後治療が奏効して胸膜播種が縮小あるいは消滅すれば、原発巣だけになりますので胸部放射も可能になるかも知れません。
Posted by SR at 2015年01月02日 20:40
そうでしたか〜。

進展型と言ったって1から10までありますものね〜。残念・・・・。
Posted by yuki at 2015年01月02日 21:34
この件では限局型か進展型か、主治医と相当やり合いました。
どっちにせよ治療方法は変わらないんですけどね。
小生はいまでも遠隔転移がないんで、病気発覚時は限局型だと思っています。
先の理由で胸部放射線はできないんですけどね・・・
Posted by SR at 2015年01月02日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。