2015年01月05日

早すぎる死 2015年1月5日1

10時起床
体調 怠い

食事 おかゆ雑炊、野菜
メシマ1包、青汁1包、亜鉛1カプセル、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

ヨハネによる福音書を聞きながら雑用&仮眠

13時半 餃子二個、コーヒー
メシマ1包、MgO1錠、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

yukiさんのイタリア旅行 2014年12月12日〜19日
拝見
http://blog.goo.ne.jp/italy201412
http://blog.goo.ne.jp/20121121kokuti

ヨハネによる福音書を聞きながら雑用

今日はここまで胸の痛みはない。
なかなか微妙なところなんかも知れない。

dellノートPCのメンテ
ギターを弾きながらVBのバージョンアップ、その他色々

18時 夕食
弁当の残り、野菜、餃子
メシマ1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

作業と食事で疲れてしまったので、ダウンなのだ

ダウンしながら文献検索


ゴミ収集車にひかれ小1男児死亡 高知
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150105/k10014457071000.html

高知市内で正月明け早々の痛ましい事故です。
まだ6才ですよ。

正月中も事件や事故、遭難が相次ぎました。

早すぎる死は痛ましいかぎりです。

******************************************************************
メモ
今後の単剤抗がん剤候補
・ノギテカン△○ トポイソメラーゼT型阻害剤

・経口エトポシド△ トポイソメラーゼU阻害薬

・ゲムシタビン△△ 代謝拮抗薬

・イフォスファミド△? アルキル化剤 出血性膀胱炎

・ドセタキセル△× 微小管脱重合阻害薬

・ビノレルビン△×× 微小管重合阻害薬

・テモゾロミド△×  脳転移 放射線併用

・併用薬 クレスチン○

これまでの抗がん剤
1)カルボプラチン DNA合成を阻害する
  イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
2)アムルビシン トポイソメラーゼU阻害
3)イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
4)アブラキサン 微小管脱重合阻害薬

******************************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 22:42| Comment(5) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひぇ〜〜〜、SRさん、載せなくていいのにィ。そんなつもりじゃぁ(;一_一)・・・。
Posted by yuki at 2015年01月05日 23:05
ん?
プレッシャーになったですかね・・・^^;
まあ滅多にお目にかかれない場所ですから、ぜひ他の人にもご紹介を。
興味のある方もいらっしゃると思いますよ。
Posted by SR at 2015年01月05日 23:28
・・・・・・・・・・(~_~;)。
Posted by yuki at 2015年01月06日 00:15
はじめまして
闘病生活頑張られているようでなんだかホッとしました。
小細胞肺がん進展型
同じ病気で昨年9月に実父を亡くしました。1年2ヶ月という父の闘病期間中もこちらのブログを拝見させていただいていたのですが父が亡くなりめっきりガンについて調べることもなくなり...久しぶりにのぞかせていただいた
しだいです。
同じ病気で闘病されている方、またそのご家族にとってこちらのブログはたいへん興味深いものであるし救いにな
ると思います。
わたしもその1人でした。
ありがとうございました。
まだまだ寒い日が続きますがお身体大事になさって下さいね。




Posted by ゆみ at 2015年01月06日 08:57
ゆみさんへ。
はじめましてSRです。
ご実父を亡くされたとのこと、お悔やみ申し上げます。
この病気は三年生存率、五年生存率を見ると絶望的な数値なので、ネットで調べていても明るい材料は中々出てきません。
今はアメリカの小細胞肺がんガイドラインに基づいて色々調べています。
悪あがきかも知れませんが、色々調べて身体に過酷な負担のない治療法があればこれからもトライしたいなと思います。
ただ治癒成績が治癒成績だけに、いつか訪れる終末についてもいろいろ調べてきました。
私は故あって以前から来世を信じています。
そのため何があっても絶望することはせず、希望があります。

このサイトが患者さんやそのご家族に何かしらご参考になりましたら、小生も嬉しく存じます。
Posted by SR at 2015年01月06日 12:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。