2015年01月06日

ドセタキセル 2014年12月30日

ドセタキセル

微小管脱重合阻害薬

******************************************************
医薬品インタビューフォーム

タキソテール点滴静注

製造販売:サノフィ株式会社
一般名 ドセタキセル水和物

効能又は効果
乳癌 非小細胞肺癌 胃癌 頭頸部癌 他

用法及び用量
通常、成人に 1 日 1 回、ドセタキセルとして 60mg/m2(体表面積)を1時間以上かけて 3〜4週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜増減すること。ただし、1回最高用量は 75mg/m2とする。

臨床成績
非小細胞肺癌
奏効率(%) 21.3

薬理作用
チューブリン重合促進及び微小管脱重合阻害作用

副作用 
白血球、好中球減少大
参照サイト↓
http://www.jshp.or.jp/cont/11/0725-2-3.pdf


******************************************************


Evaluation of docetaxel in previously untreated extensive-stage small cell lung cancer: a Southwest Oncology Group phase II trial.
(PMID:10439170)
未治療の進展型小細胞肺がんへのドセタキセルの投与
サウスウェスト腫瘍グループ 第二相治験

http://europepmc.org/abstract/med/10439170

Hesketh PJ, Crowley JJ, Burris HA 3rd, Williamson SK, Balcerzak SP, Peereboom D, Goodwin JW, Gross HM, Moore DF Jr, Livingston RB, Gandara DR
St. Elizabeth's Medical Center, Boston, Massachusetts, USA.
The Cancer Journal From Scientific American [1999, 5(4):237-241]
Type: Clinical Trial, Clinical Trial, Phase II, Journal Article, Multicenter Study, Research Support, U.S. Gov't, P.H.S.

Abstract
要約
PURPOSE: This phase II multi-institutional trial of the Southwest Oncology Group was designed to evaluate the efficacy and toxicity of docetaxel in chemotherapy-naive patients with extensive-stage small cell lung cancer.

目的
サウスウェスト腫瘍グループ(多施設)による未治療進展型小細胞肺がん患者へのドセタキセルの効果と毒性に関する第二相治験

PATIENTS AND METHODS: Forty-seven patients with extensive-stage small cell lung cancer were entered onto the study. Treatment consisted of docetaxel, 100 mg/m2, as a 1-hour intravenous infusion repeated every 21 days, with protocol-specified dose reductions for toxicity.

患者と方法
47人の治験患者が登録された。ドセタキセル投与方法:、100 mg/m2を1時間かけて静注。間隔は21日間毎。
毒性に応じて減量した。


RESULTS: Forty-three patients were eligible. A total of 158 cycles of docetaxel were administered (median, three cycles; range, one to nine). Ten patients (23%) (95% confidence interval, 12% to 39%) achieved partial responses. The median progression-free and overall survivals were 3 and 9 months, respectively. Therapy was generally well tolerated. Grade 4 neutropenia occurred in 58% of patients. Febrile neutropenia developed in five patients (12%), and infection was documented in 14% of patients. There was one treatment-related death caused by pneumonia in a patient who had developed bilateral pneumothoraces. Other toxicities (grade 3/4) included malaise, fatigue, and lethargy (21%); nausea (19%); stomatitis (14%); edema (9%); and sensory neuropathy (9%).

結果
43人の患者が評価可能だった。総サイクル数は158サイクル、一人当たり平均3サイクル(1〜9サイクル)投入した。10人の患者(23%)が部分奏効だった。平均無憎悪期間は3ヶ月、全生存期間は9ヶ月だった。治療は許容範囲であった。グレード4の好中球減少が58%の患者に認められた。好中球減少性発熱は12%の患者に、感染症は14%の患者に認められた。一件の治療関連死(気胸性肺炎)があった。その他の毒性(グレード3〜4)は、倦怠疲労感、嗜眠が21%、吐き気が19%、口内炎が19%、むくみが9%、末梢神経障害が9%だった。

DISCUSSION: Docetaxel, at a dose of 100 mg/m2, is an active agent in the treatment of small cell lung cancer. Reversible neutropenia is the most common toxicity associated with this treatment. The overall survival (9 months) with this agent is comparable to that reported with other new chemotherapeutic agents in small cell lung cancer and warrants additional evaluation of docetaxel in combination therapy.

考察
ドセタキセル100 mg/m2は小細胞肺がんに対して効果があった。代表的毒性としては可逆性好中球減少が挙げられる。全生存期間は9ヶ月であり、他の新しい抗がん剤治療に匹敵するもので、他の療法と複合しての評価も望まれる。



******************************************************


New agents in the treatment of small cell lung cancer.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9438696
Chest. 1998 Jan;113(1 Suppl):86S-91S.
University of Pittsburgh Cancer Institute and the University of Pittsburgh School of Medicine, USA.

Abstract
The treatment of small cell lung cancer (SCLC) has evolved significantly over the past 3 decades. Single-agent and combination chemotherapies given with radiotherapy have greatly improved response rates and median survival. Combination regimens such as cisplatin/etoposide, carboplatin/etoposide, ifosfamide/carboplatin/etoposide, cyclophosphamide/doxorubicin/vincristine, and etoposide/ifosfamide/cisplatin have all achieved good response rates. Improving long-term survival, however, has remained problematic. Treatment with biological response modifiers (interferons alpha and gamma) has not shown promise in this setting. New agents showing good preliminary single-agent activity in untreated SCLC include paclitaxel, vinorelbine, gemcitabine, topotecan, and teniposide. Results obtained with single-agent docetaxel and CPT-11 are thus far inconclusive. Studies evaluating response and survival rates of these new agents in combination with agents of known activity are underway.

↓凄く手抜きですが

ドセタキセル単剤のSCLCへの効果は甚だ不確定である。


******************************************************
【所感】
かなり検索したのだが小細胞肺がんへのドセタキセル単剤治験は一件しか見つけることが出来なかった。検索が下手なのかも知れない。
未治療の進展型小細胞肺がんへの部分奏効率23%、完全奏効率は0%。ん〜未治療にしては低い値だ。好中球減少もかなりなものだ。優先順序としてはノギテカン、経口エトポシド、ゲムシタビンの後やね。
生きてたらの話やけど

******************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 15:23| Comment(3) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、やっぱり非小細胞用とされてる薬剤にはあまり期待できそうにないですかね。
ところで、アブラキサン投与後で直近のProGRPはいかがですか?
Posted by せい at 2015年01月06日 18:32
↓を参照ください。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/410415827.html

小生の場合左肺の痛みが一つのバロメーターになっています。
明日腫瘍マーカー採血します。

あと奏効率は世界共通で(CR+PR)なんですが、SDも考慮するべきではと考えています。

CR :Complete Response、腫瘍が完全に消失した状態
PR : Partial Response、腫瘍の大きさの和が30%以上減少した状態
SD : Stable Disease 、腫瘍の大きさが変化しない状態
PD : Progressive Disease、腫瘍の大きさの和が20%以上増加かつ絶対値でも5mm以上増加した状態、あるいは新病変が出現した状態


ゲムシタビンは少し食指が動かされます。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411742683.html
Posted by SR at 2015年01月06日 20:33
確かに試してみる価値はあるかもしれません。
抗がん剤は奏功度合いに個人差があるんで選択が難しいですね。
非小細胞だと維持療法とかもアリみたいですけど、小細胞の場合はSD自体が稀ではないですか?
ProGRPの改善をお祈りしています。
Posted by せい at 2015年01月06日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。