2015年02月03日

ビノレルビン 2015年2月3日

ブログアップし忘れていたみたいなので、アップします。

ビノレルビン
微小管重合阻害薬
******************************************************

医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム
2012年7月(改訂第2版)
10mg:1バイアル 1mL 中 ビノレルビン酒石酸塩 13.85mg 含有 (ビノレルビンとして 10mg)
40mg:1バイアル 4mL 中 ビノレルビン酒石酸塩 55.4mg 含有 (ビノレルビンとして 40mg)

効能又は効果
非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌

用法及び用量
非小細胞肺癌の場合
通常、成人にはビノレルビンとして 1 回 20〜25mg/m2を 1 週間間隔で静脈内に緩徐に注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、1 回最高用量は 25mg/m2とする。
手術不能又は再発乳癌の場合
通常、成人にはビノレルビンとして 1 回 25mg/m2を 1 週間間隔で 2 週連続投与し、3週目は休薬する。なお、年齢、症状により適宜減量する。


******************************************************


役に立つ薬の情報〜専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など
ナベルビン(ビノレルビン)の作用機序:抗がん剤
http://kusuri-jouhou.com/medi/cancer/vinorelbine.html

微小管重合阻害薬

非小細胞肺がんや乳がんなどに対して使用される薬であり、非小細胞肺がんに対して単独で使用した時の奏効率(がん細胞が縮小したり、消えたりする割合)は30.6%であったことが分かっています。他の抗がん剤(シスプラチン、マイトマイシンC)と併用した時の奏効率は58.6%です。

なお、主な副作用としては、骨髄抑制(白血球減少、好中球減少、血色素量低下、赤血球減少、血小板減少)、食欲不振、全身けん怠感、脱毛、発熱、嘔吐、静脈炎、口内炎、便秘、下痢、知覚異常・腱反射減弱などが知られています。

このような特徴により、細胞毒性によってがん細胞の細胞分裂を阻害し、抗がん作用を示す薬がビノレルビン(商品名:ナベルビン)です。


******************************************************


A phase II trial of intravenous vinorelbine in previously untreated patients with extensive small cell lung cancer, a Southwest Oncology Group study.
未治療小細胞肺がん進展型患者への静注ビノレルビン投与の第二相治験:サウスウェストオンコロジーグループ


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9220295
Invest New Drugs. 1997;15(2):153-6.
University of Washington, Seattle, USA.

Abstract
Twenty-two eligible patients with previously untreated extensive small cell lung cancer received intravenous vinorelbine 30 mg/M2 each week until progression. Response was assessed every 4 weeks by chest x-ray or every 8 weeks by CT scan. All responses had to be "confirmed" at all involved sites at least 4 weeks later. Fourteen patients were male and 8 were female with a median age of 64.5 years (range 38-76). Fifteen patients were Caucasian and 7 were African-American. One patient had a "confirmed" partial response, 3 had unconfirmed responses, 13 had stable or progressive disease, and 5 did not have adequate data. The median progression-free survival was 3 months with a median overall survival of 8 months. Thirteen patients experienced 22 episodes of grade 3 toxicity, more than half due to leukopenia and neutropenia, and 1 due to paresthesias. Of 4 episodes of grade 4 toxicity, 1 was due to leukopenia and 3 were due to hyponatremia which was not due to vinorelbine. Significant thrombocytopenia did not occur. The activity of single agent vinorelbine in untreated small cell lung cancer was disappointing when analyzed by Southwest Oncology Group (SWOG) criteria. The median survival in this trial was similar to that found in other SWOG trials using cisplatin based front line therapy and thus confirms previously reported findings that initial treatment with a phase II agent followed by a cisplatin based regimen at progression does not adversely affect overall survival in this population of patients.


要旨
未治療小細胞肺がん進展型適格患者22人に対して増悪するまで毎週30mg/m2のビノレルビンを静注投与した。奏効性は4週間毎の胸部レントゲンと8週間毎のCTにて評価した。
すべてのケースにおいて少なくとも4週間後には奏効性が判定された。患者の内男性は14人、女性は8人、平均年齢は64.5才、白人系は15人、黒人系は7人であった。

一人の患者が確定的な部分奏効であり、3人は不確定な部分奏効、13人が普遍または増悪、5人が評価不能だった。
平均無憎悪期間は3ヶ月、全生存期間は8ヶ月だった。

13人の患者がグレード3の毒性を示し、半数以上は白血球減少と好中球減少、一人が知覚異常であった。4人の患者がグレード4の毒性を呈し、内一人は白血球減少、3人はビノレルビンとは関連性のない低ナトリウム血症であった。重大な血小板減少は無かった。以上のように今回未治療小細胞肺がん進展型患者へのビノレルビン単剤投与は良い結果を得ることは出来なかった。

以降の文章はよく分からなかった。どうも今回の平均生存期間がビノレルビン投与の後シスプラチン系治療を行った場合の平均生存期間と変わらないとかなんとか言っているようだ。


******************************************************

【感想】
ドセタキセルと同じく一件しかヒットしなかった。しかも成績が宜しくない。

しかしunconfirmed responseとはなんやろ? 灰色奏効?
あとstable と progressiveを一緒にするのは止めて欲しい。
stableは不変なので増悪とは違う。

引き続き調査は行うので新しい情報が入手できれば追記したい。


******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記



posted by SR400 at 16:12| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。