2015年02月21日

半回神経麻痺とか5thラインとか 2015年2月21日1

半回神経麻痺とか5thラインとか

5時覚醒 トイレ大

旧約サムエル記Tを聞きながら再寝

9時起床 体調 少し怠い

朝食 ブリ大根、味噌汁、おかゆ、梅干し、卵焼き二きれ
VC1カプセル、ヘム鉄1カプセル、亜鉛1カプセル、クレスチン1包、******37.5mg、酸化マグ2錠

休憩

------------------------------------------------------

半回神経麻痺と薬服用

錠剤やカプセルを服用するとき、水で飲むと声帯が麻痺しているので水が気道に入り「むせこむ」ときがある。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10F40900.html
http://www.asahi-net.or.jp/~au2t-situ/facial-recurrent.htm

訪問看護の人にゼリーを使うといいと教えてもらい、先週末から使用している。匙に薬を乗せ、その上からゼリーをかけて服用。確かに飲みやすくて誤嚥はない。使っているゼリーは
http://www.ryukakusan.co.jp/promotion

↓アマゾンでは随分不評だなあ
http://www.amazon.co.jp/dp/B00D2LRW0A/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=187205609&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B007Q90MT2&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0NW5F4R3P5FNQ7562EAE

小生は近くのドラッグストアで購入した。

確かに値段が高いとは思うんだけど、SRの場合一袋で一週間持つのでさほどのことはない。
安くしあげるならウィダーゼリーでも代用できるかな?
http://www.weider-jp.com/jelly/

水とかお茶は出来るだけストローで飲むようにしている。

味噌汁なんかも注意して飲んでいる。

粘度のある液体は比較的安心して飲める。

------------------------------------------------------


12時半 トイレ大

調べ物

ドラマ

15時半 蒸し寿司と野菜
クレスチン1包、VC1カプセル、ヘム鉄1カプセル

調べ物

----------------------------------------------------

【ショートハイドレーション法シスプラチン投与】
外来通院可能。
日本でもそこそこ導入されているようだ。
実際の処方(レジメン)を探しているんだけど、中々見つからない。なんか輸液量、時間、制吐剤種類などが統一されていなくてバラバラ?
http://www.pieronline.jp/content/article/0385-0684/39090/1385
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/sp/jrs2012/201204/524566.html
http://www.haigan.gr.jp/journal/am/2013a/13a_gpl15000P-75.html
https://www.lillyonc.jp/lecture/catalyst/pdf/CATALYST_Vol1_01.pdf
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/data/cancerex/ar_lchyd2013_sakai.pdf
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/002060730j.pdf
http://journal.kyorin.co.jp/journal/haigan-am/results_j.php?-DB=haigan_am&-skip=100&-max=20&category_code=2014aos
↓追加
http://www.oph.gr.jp/guide/cancer/post-29.html
http://www.oph.gr.jp/docs/62%20%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%B3%2B%E3%83%99%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%89%EF%BC%88SH%EF%BC%89%EF%BC%88Day1%EF%BC%89.pdf
http://www.oph.gr.jp/docs/62%20%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%B3%2B%E3%83%99%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%89%EF%BC%88SH%EF%BC%89%EF%BC%88Day2.3%EF%BC%89.pdf

埼玉県立がんセンターの資料が比較的分かりやすかった。
医療センターのレジメンはどうだろ?

パロノセトロン(5-HT3拮抗剤)+アプレピタント(ニューロキニン1(NK1)受容体阻害薬)+デキサメタゾン+(オランザピン:多元受容体標的化抗精神薬(MARTA))
20%マンニットール:利尿剤、デノサリン1輸液:水分補給、KCL、MgSO4

【シスプラチン分割投与】
エトポシドとの併用(SPE(分割シスプラチン+エトポ
シド)療法)に関する文献はあるんだけど、レジメンは見つけられなかった。
http://www.haigan.gr.jp/journal/am/2014a/14a_os24000O-111.html
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/canceruptodate/utd/201310/533273.html#b03
http://www.cancertherapy.jp/sclc/2012_04/pdf/2012_04_06.pdf
http://www.ncc.go.jp/jp/about/rinri/kaihatsu/mhlw-cancer-grant/2005/shitei/17s-2.pdf
↓追加
http://www.med.niigata-u.ac.jp/in2/achievement/catalog/2011/07_chosho/pdf/2011-016.pdf

医療センターにレジメンが無い可能性が大。無い場合は調べても無駄だなあ。


カルボプラチン+エトポシド、シスプラチン+エトポシド
いずれを使うにせよ白金製剤の大幅減量は必須(それとエトポシドも80%減量とか)。
できれば減量の少ない方を選びたい。

(関係ないけどカルボプラチンとパクリタキセルの併用だけど、
いまでもweeklyカルボプラチン+weeklyパクリタキセルって言うのは血小板減少を緩和するのに良い方法だと思うんだけど。放射線併用でレジメンあったんだけど。)


----------------------------------------------------

ミルクコーヒー休憩 頭が疲れた

21時からテレビ見るんで、その前にブログアップ

体温36.6℃
就寝前 M5T

追記
終活見たんだけど、感想はいまいちでした。
長尾先生もちょっとしか出ないし。
↓ブログのとこは、有名ブログで気になってたんで見られて良かったです。
http://ameblo.jp/3bikinoneko-y/
SRの場合は、家族の手前とても無治療というわけには・・・

それにここで色々な方に応援してもらってるんで、そう簡単にバンザイするわけにはいかない。



******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 20:42| Comment(3) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

詳しい情報いつもありがとうございます。

肺がん4期です。私も、服薬ゼリー気になります。

手術後、反回神経麻痺です。
以下の本が参考になりました。
青木晴海「生きのびるためのがん患者術」です。

肝臓転移をどうするか考慮中です。
Posted by misaka at 2015年02月22日 12:33
misakaさんこんにちは。

今度ウィダーゼリー試してみようと思います。

ご紹介の本、早速アマゾンで注文しました。(中古本で送料込みで300円ですけど^^;)

小細胞肺がんも比較的肝臓に転移しやすいらしいんですが、まだ転移していません。のであまり知識がないので済みません。

小生は今年初め脳転移になってしまいました。
Posted by SR at 2015年02月22日 13:12
misakaさんへ。

熟考の末、セカンドオピニオンは見合わせることにしました。

高知市近傍には4つのがん拠点病院がありますが、いずれも繋がっていますので恐らく結果は同じかと。

それとつなぎに考えていたアブラキサン+カルボプラチン療法が、カルボプラチンの投与量があまり減らせないために、骨髄抑制(白血球、好中球)のダメージが大きすぎます。
ひいては本命の治療(シスプラチン+エトポシド)が出来なくなってしまいます。

小生のがんは悪性度が高く、無治療だとすぐに暴れ出し命取りになります。

セカンドオピニオンを受けて違う意見が出たとしても、今の病院に反映できなければ意味がありません。田舎故転院するのも容易ではありません。

治療に一刻を争うために、やむなくあまり投薬量を減量しないままの本命治療を優先することにしました。

mikasaさんは小生と病名も病状も違いますし、小生の選択枝とは違う選択肢があると思います。
是非ご自身が納得される治療を受けられますように。
失礼いたします。
Posted by SR at 2015年02月26日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。