2015年03月01日

CDDP用制吐剤調査 2015年3月1日

CDDP用制吐剤調査

1.アプレピタント
成分(一般名) :アプレピタント
製品例 :イメンドカプセル80mg~125mg、イメンドカプセルセット
区分 :他の消化器官用薬/制吐剤(NK1拮抗型)/選択的NK1(ニューロキニン1)受容体拮抗型制吐剤

【作用】
シスプラチン注射液(ブリプラチン注、ランダ注)など嘔吐の副作用が強い抗がん薬使用時に予防的に用いる。抗がん薬投与後すぐに発現する急性嘔吐と、24時間以降に発生する遅発性嘔吐の両方に有効です。

【特徴】
急性期には5-HT3受容体拮抗薬と、急性期と遅発期にはデキサメタゾン(デカドロン)などステロイド薬と併用するのが一般的です。

【用法】
通常、1日目は125mgのカプセルを、2日目以降は80mgのカプセルを1日1回1カプセル飲みます。

飲む時間は、1日目は抗がん薬の注射の前です。予防的に1時間〜1時間30分前に飲むことになります。2日目以降は午前中にしてください。

本剤は、原則としてコルチコステロイド及び5-HT3受容体拮抗型制吐剤と併用して使用すること。

↓より抜粋
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se23/se2391008.html

点滴静注用イメンドもあります。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2391405D1020_1_04/


2.パロノセトロン
パロノセトロンは、グラニセトロン塩酸塩(商品名:カイトリル)などと同じ「5-HT3受容体拮抗型制吐薬」であるが、従来の薬剤と異なり、血中半減期が約40時間と非常に長く、しかも5-HT3受容体に対して高い親和性と選択性を有することから、24時間以降に発現する遅発性悪心・嘔吐にも有効性が認められている。このことは、グラニセトロンを対照薬とした国内第3相比較試験でも確認されている。


総称名 アロキシ
一般名 パロノセトロン塩酸塩
薬効分類名 5-HT3受容体拮抗型制吐剤
製造会社 大鵬薬品工業


図表
アロキシ.png


アロキシ静注 0.75mg(1瓶 5mL中)とアロキシ点滴静注バッグ 0.75mg(1バッグ 50mL中)の2タイプがあるようです。

【効能・効果】
抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)(遅発期を含む)

【用法用量】
通常、成人にはパロノセトロンとして0.75mgを1日1回静注又は点滴静注する。
本剤は、30秒以上かけて緩徐に投与し、抗悪性腫瘍剤投与前に投与を終了すること。
本剤の消失半減期は約40時間であり、短期間に反復投与を行うと過度に血中濃度が上昇するおそれがある(「薬物動態」の項参照)。1週間未満の間隔で本剤をがん患者へ反復投与した経験はないため、短期間での反復投与は避けること。

http://www.aloxi.jp/information/
http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=30331
http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060857#effect.and.usage
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201002/514271.html


3.オランザピン
オランザビンは埼玉県立がんセンターにて推奨されている薬剤です。
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/data/cancerex/ar_lchyd2013_sakai.pdf

↓一部抜粋します。
嘔吐についてはかなりコントロールできるようになってきたと言えるのですが、悪心については、3 剤併用療法を行ってもまだ十分にコントロールできていません悪心は、嘔吐に劣らず苦しいものですが、評価項目に悪心が加わるTC 率で見ると、3 剤併用療法を。行っても、約半数しかコントロールできないのですしかし、この悪心のコントロールにも有望な結果が発表されています。統合失調症治療薬である。オランザピンを使ったものです。
急性期ではオランザピン群、アプレピタント群ともに87%で差はありませんでしたが、遅発期ではアプレピタント群が38%だったのに対し、オランザピン群は69%と、7 割近くの患者の悪心を予防できることが示されました。
この結果を受け、最新のNCCNガイドライン(Ver 1.2014)では、高度催吐性リスクに対する制吐療法として、オランザピン+パロノセトロン+デキサメタゾンによる3 剤併用療法が追加されました。

用法:オランザピン(眠前3日間)

以上、引用終わり


成分(一般名):オランザピン
製品例:ジプレキサ錠2.5mg~5mg~10mg、ジプレキサ細粒1% ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分:神経系用剤(含む別用途)/非定型抗精神病薬(MARTA)/抗精神病薬・双極性障害治療薬

(概説)
心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。統合失調症や双極性障害など心の病気の治療に用います。

(効能)
【効能A】統合失調症

【効能B】双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善

(用法)
【効能A】
通常、成人はオランザピンとして5〜10mgを1日1回経口服用により開始する。維持量として1日1回10mg経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、1日量は20mgを超えないこと。

【効能B】
<双極性障害における躁症状の改善>
通常、成人はオランザピンとして10mgを1日1回経口服用により開始する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は20mgを超えないこと。

<双極性障害におけるうつ症状の改善>
通常、成人はオランザピンとして5mgを1日1回経口服用により開始し、その後1日1回10mgに増量する。なお、いずれも就寝前に服用することとし、年齢、症状に応じ適宜増減するが、1日量は20mgを超えないこと。

↓より抜粋
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179044.html


4.デキサメトゾン(デカドロン、デキサート)
注射用と経口用があります。

メモ:デカドロン錠=0.5mg

↓参考サイトだけ掲示します。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se2454002.html
http://www.kenko-msnet.jp/dexamethasone.html
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/kusuri/6/m0u/

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/381125972.html



******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記



posted by SR400 at 18:28| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。