2015年06月17日

もみのき病院受診結果 2015年6月17日

もみのき病院受診結果 2015年6月17日

造影剤MRIの結果、
わずか一月で10個以上新たに発生しており、これ以上のγナイフは無理。
全脳照射が唯一の方法だが、すでに1回全脳照射をしており実施できない。
by 担当医

ということでγナイフの治療は終了した。

ん〜偶然の一致というか、6月5日に医療センターで延命中止を主治医に伝えた。

脳転移の方からも限界だったわけだ。

体力的にもすでに限界だったわけだ。

ということで受診結果にあまりショックはなかった。

結果論かも知れないけど、最後まで戦ったという感じだ。

それとどうやら死因は脳関係が濃厚だ。

脳転移が発覚して2回γナイフを実施した。5ヶ月くらいは延命効果はあったと思う。

最初は脳腫瘍で死ぬのはいやだったのでPCIなんかも受けたんだけど、最近じゃ脳関係で死ぬのも致し方ない気分になっていた。多分意識障害(認知症?)辺りで分けが分からなくなるんじゃないだろいうか。出来るだけ痛み、苦しみの無いように逝きたいもんだ。

小細胞由来の脳腫瘍は極めて進行が早い。あと二ヶ月くらいと思っていたんだけど、もっと早まりそうだ。

意識障害になったらブログアップできないので、そのときは認知症になったなとご理解下さい。


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 16:50| Comment(2) | マイデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SR400さんこんばんは。
たった一カ月でそんなにですか…。
改めて小細胞肺がんの進行の速さを思い知らされます。
足腰等に痛みは無いですか?
苦痛なく過ごされることを心よりお祈り致します。

Posted by Tommy at 2015年06月17日 19:17
Tommyさんへ。
ありがとうございます。
小細胞肺がんの増悪したときの増悪スピードは想像を超える速さです。
骨転移は今のとこ大丈夫みたいです。あれが一番?痛いらしいから。
小生の死因は恐らく脳関係です。脳浮腫で脳圧亢進すると頭痛が半端無いのでちょっと憂鬱です。早めに意識障害(認知症?)になった方が楽かも知れません。
Posted by SR at 2015年06月18日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。