2015年06月26日

臨死体験に関する調査結果など 2015年6月26日

臨死体験に関する調査結果など 2015年6月26日


4月に心肺停止でプチ臨死体験をした。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/417664134.html
気になっていたんで今回ネット検索してみた。

調べた感想など
・これは科学の世界ではない。
・信ずるか信じないかだ。
・普通体験しないと信じないと思う。
・体験した小生でさえ半信半疑だ 笑
・小生の場合臨死体験よりも助かったのが信じられない。

以下参考サイト紹介

1.ウィキペディアより 臨死体験
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%A8%93

だれが作成してるのか分からないが、凄く詳しい。最後まで読むのは退屈で大変だ。


2,NAVER まとめより 
【死後の世界】共通する臨死体験、死後の世界は存在するのか?【脳内現象】
http://matome.naver.jp/odai/2136438356125065201

複数サイトが要約と共に紹介されているので便利?だ。

臨死体験において「典型的」と思われる体験は、
「表現できない安らぎ」
「天への上昇」
「奇妙な音」
「暗いトンネル」
「肉体からの離脱」
「光の存在」
「生涯の回想」
「生と死の境界」
「肉体への生還」
「お迎え現象」
などがある。
小生の場合は、広大なお花畑を歩いていた。
日本人に多いパターンらしい。



3.臨死体験に共通した10の要素 : カラパイア
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52137088.html

臨死体験者の多くが経験するという共通した10の項目が簡単に説明されている。

最後に、

「臨死体験者のほとんどは自分たちが体験したことが本当なのかを証明できない。だが、臨死体験を再現する実験をやってみた研究者たちは、彼らの体験が現実である可能性を排除できないとした。
 死んでみて、死後の世界に行ってみない限り、100%確実なことはわからない。」

とある。同感だ。



4.奇跡体験!アンビリバボーより
独占取材!脳外科権威が発表★死後の世界はあった
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/131128_1.html

まさにアンビリバボー。

サイトの最後の箇所を抜粋する。

エベン医師の心にはずっと大切にしている言葉がある。 それは、科学者ニコラ・テスラが臨死体験を含む未知の現象に対して残したこの言葉。
「科学が非物質的な現象の解明に挑んだならば、10年間で今までの人類の歴史全てを遥かに凌駕する進歩を遂げるだろう」
エベン医師はこう語る。
「私たち人類はテスラの言う10年間をスタートさせようとしているのです。」

以上抜粋終わり。


5,TABI LABOより
「死後の世界は存在した」。ハーバードの神経外科医が語る臨死体験の科学的根拠とは?
http://tabi-labo.com/134659/afterlife-exists/

4と同じくエベン医師にかんする内容。
内容は少し違うので、取り上げた。

「彼が言うには、現世とは、テスト期間である。」


以上5つのサイトをご紹介した。

信憑性については言及しない。というか小生が説明するのは無理。

体験して実感して、さらにその上、信じるしかない。


最後に書籍画像3つ掲載

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界.jpg

臨死体験 上.jpg

「死ぬ瞬間」と臨死体験.jpg


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 17:00| Comment(0) | 死生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。