2015年06月30日

五苓散 2015年6月30日余命の記1

五苓散 2015年6月30日余命の記1

7時半起床 昨夜も数回覚醒 痛みのためオプソ1包服用

体調 少し怠し

朝食 レトルトホテルザカリーと食パンと野菜
服薬

休憩中 リコメなど

お迎え現象しらべ

般若心経を聞きながらデルさんの版画に色つけ

左下肺が膨張しており、結構胸水が貯留していそう。
胸水対策としては、ステロイドや注射器による胸水抜き、胸水ドレナージなどがある。
ステロイドは、現在リンデロン3mg/dayと少ない。ただ現段階で増やすと眠れなくなるので、あまり増量したくない。胸水対策用にはリンデロン4mg/day以上が推奨されている。胸水を抜くのは、ドレナージはQOLが下がるのでいやだ。注射器抜き取りもできれば避けたい。

脳圧亢進緩和でかいた五苓散は胸水緩和に有効かどうか調べた。
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/421108534.html
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%94%E8%8B%93%E6%95%A3&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&oq=%E4%BA%94%E8%8B%93%E6%95%A3&aqs=chrome..69i57j69i61l2j69i59l2&sourceid=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8#q=%E4%BA%94%E8%8B%93%E6%95%A3%E3%80%80%E8%83%B8%E6%B0%B4

なんだか胸水にも効きそうだ

再発 した胸水貯留 に対 し五苓散が有効 であった一症例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed1982/57/3/57_3_339/_pdf
胸腔 ドレー ン留置などにより胸水 は消失するが, 再度貯
留 し当院入院。入院後よ りそれまでの内服薬を変更することな く, 五苓散を追加投与 した ところ胸水が消失 し全身
の浮腫性変化も見 られなくなった。さ らにその後も胸水の再貯留も見 られていない。五苓散 エ キス穎粒7.5g/日
の追加投与

僧帽弁置換術後の難治性胸水に対して五苓散追加が有効であった一症例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kampomed/63/2/63_103/_pdf
労作時呼吸困難と共に右胸水を認め,穿刺排液を2度行い,スピロノラクトンを50mg/日に
増量するも,胸水の再度の増加を認めた。そこで,五苓散7.5g/日を追加し,胸水量の減少,安定化を認めた。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html
通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。

現在12時

前半はこの辺で。

【予定】
今日午後シャワーのみ
明日午後 T病院で五苓散相談


白い人・黄色い人 (新潮文庫) 文庫.jpg

******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。