2015年06月30日

胸水貯留だろうか 2015年6月30日余命の記2 後半の部

胸水貯留だろうか 2015年6月30日余命の記2 後半の部

12時 昼食
たこ焼き、野菜、焼き卵一切れ
服薬

休息中

これから奥さんは買い物、私は休息中

奥さん帰ってきたらシャワーする予定なので、よ〜く休んでおこう。
今回は浴槽は使わない。

13時半 脳圧亢進、胸水貯留、呼吸困難対策情報、頭の整理

性善説、性悪説ってのがあるけど、人間は元来どちらの要素も潜在していると思う。
だから程度の差こそあれ、みな良いことも悪いこともする。

14時半 奥さん帰宅して休憩中

ギリシャ首相:「債務返済は不可能」
http://mainichi.jp/select/news/20150630k0000e030191000c.html
開き直りました。もう怖いもんなし。

ギリシャ 銀行は休業や引き出し制限も
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150629/k10010131481000.html
敗戦後の日本みたい

ATM使えないと困るだろうなあ。
貨幣価値も大幅ダウン。
将来の日本は大丈夫だろうか?


16時 シャワー出たとこ

酸素吸入しばし仰臥
左肺はかなりのダメージを受けているけど、右肺が機能しているので、呼吸はまだ大丈夫だ。右肺は左肺よりも大きく、片側呼吸だけでも普通の生活に支障はないらしい。


腹上部が張って苦しい。恐らく胸水貯留のせいだ。

明日T病院で、
レントゲンやエコー。
胸水ならば、
・やだけど応急に胸水穿刺
・五苓散処方依頼 7.5g/日
・リンデロン増量検討 胸水緩和には4〜8mg/日(現在3mg/day)余命&副作用考慮


男がライターで火をつける? 2人死亡、4人が重傷
http://www.sankei.com/affairs/news/150630/afr1506300036-n1.html
他の記事も読んでいると自殺のようだけど、他人を巻き添えにするとは・・・。
いまわの際まで自己中な方だと言わざるを得ない。


19時半過ぎ 夕食 食欲はあるのに殆ど食べられない・・・
服薬

休憩 腹苦しい・・・

ただいま20時22分

今宵は苦しいので、この辺で失礼いたしたく候

このあとは、歯磨き、読書、23時頃就寝予定。

どなたさまも、おやすみなさい。

シャーロック=ホームズの冒険.jpg

海外の小説で一番多読したのは、おそらくシャーロック・ホームズだろう。
きっかけは小学校6年生の時に担任の先生から貰ったからだ。
それ以来すっかりシャーロキアン(自称)となってしまった。

作者はコナン・ドイル。彼は晩年、心霊主義活動に傾倒した。きっかけは第一次大戦で子供達を失ったからだと聞く。

******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 20:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SRさん、こんばんは。

明日7/1(水)は、約1ヶ月ぶりの彼の通院日。
都内の病院まで、彼は1人検査を受けにいきます。
今、2番目の薬になってから約半年。
期待していた薬なだけに、長く永く効いていてほしいのですが。

そろそろ耐性がつく頃かも…。
副作用が強くでて中止かも…。
次の薬の副作用を見るための入院になるかも…。
いろんな不安を抱えての通院&検査の1日になります。
今日、彼が「明日、怖いな」と、ポツリ、口にしました。

不安で怖いから、祈るしかできないのだけど、明日、彼から安堵の連絡がきますように。

不安も怖さも、まだまだ乗り越えられなくて、ここで喋ってごめんなさい。

Posted by はなもも at 2015年06月30日 23:39
SRさん、おはようございます。
お目覚めはいかがですか。
コナンドイル、私も全て何度も読みました。
今日は通院ですか?お気をつけて…
微力ですが、ずっと祈ってます。
義父もセカンドラインに入る予定ですが、QOLが落ちていて、先にそちらをなんとかしてあげたく、どうしても抗がん剤をやりたいドクターと対決?しています。
Posted by 華 at 2015年07月01日 07:45
はなももさんへ。

彼氏さんの不安を受け止めて、支えていって、二人で1/2にして和らぎますように。
Posted by SR at 2015年07月01日 10:44
華さんへ。

抗がん剤は程度の差こそあれ毒なので、副作用があります。
抗がん剤投与によるメリットとデメリットを熟考する必要があります。

↓終末期の資料なので、あまり参考になりませんが、
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/421448776.html

治療の是非、治療方法、その他選択肢はいろいろあります。
良く判断の上、義父さまの悔いの無いようにされてあげて下さい。
Posted by SR at 2015年07月01日 11:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。