2015年06月20日

抗がん剤のやめどき 2015年6月20日

抗がん剤のやめどき 2015年6月20日

難しい問題ですね。

個人的にはやめどき判断材料は、身体的精神的理由だったかなあ。

5次治療が奏効しなかったこと。
QOLが著しく降下したこと。
精神的にも大変つらかったこと。

結果論ですが、脳転移の治療も限界だったので、ああこれで良かったんだって思います。

止める判断材料は、金銭的なこと、肉体的なこと、精神的なこと、家族のこと、患者さんの人生観、主治医の意見、他にも色々あると思います。

理想的には止め時は自分で判断して、結果としてその判断に満足すればと思います。

ただ口で言うのは簡単ですが、実際は難しい。

様々な思いが錯綜して迷いに迷ってしまいます。

抗がん剤 10の「やめどき」.jpg


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 19:28| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

カルボプラチンとアブラキサンの二剤併用法(非小細胞肺がん用)

カルボプラチンとアブラキサンの二剤併用法(非小細胞肺がん用)

アブラキサンHP
http://abraxane.jp/index.html
参照のこと

1.投与の実際例
↓参照
http://abraxane.jp/lung/guideline/page7-3.html


day1にカルボプラチン(AUC=6)投与

day1,8,15にアブラキサン(100mg/m^2)投与


2.投与スケジュール
↓参照
http://abraxane.jp/lung/guideline/page7-4.html


3.減量・再開基準
http://abraxane.jp/lung/guideline/page7-4.html
より引用

3-1.減量・再開基準(血液毒性)
【減量基準】  
好中球数が、< 500/mm3 又は好中球数 <1,500/mm3のため7日間以上延期した場合
血小板数が、< 50,000/mm3の場合
発熱性好中球減少症が発現した場合

【再開基準】
好中球数 ≧1,500/mm3
血小板数    ≧100,000/mm3
発熱性好中球減少症 回復

3-2. 減量・再開基準(非血液毒性)
        減量基準 再開基準
末梢神経障害 ≧Grade 3 ≦Grade 1
皮膚障害 ≧Grade 2 ≦Grade 1
粘膜炎又は下痢 ≧Grade 3 ≦Grade 1
非血液学的毒性 ≧Grade 3 ≦Grade 2


【減量の目安】
減量段階 アブラキサン カルボプラチン
通常投与量 100mg/m2 AUC6
1段階減量 75mg/m2     AUC4.5
2段階減量 50mg/m2     AUC3


通常投与量や1段階減量投与量では、好中球数≧1,500/mm3
血小板数≧100,000/mm3をキープするのは難しい。
2段階減量投与量ならキープできるかも。(ん〜day1はちと厳しいかも)
できればカルボプラチンも分割投与(day1,8,15にAUC2)して欲しい。

初回投与から2段階減量(かつカルボの分割投与)という分けにはいかないのか?

アブラキサンの製造元が2段階減量量を提示しているからには、2段階減量でもそれなりに奏効性はあるはずなんだが。

覚え書き
g-mailを読み直すこと


******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 23:37| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

抗がん剤による副作用対策 2015年3月27日

抗がん剤による副作用対策

五次治療(シスプラチン+エトポシド療法)第1回目投与で経験したことの覚え書きです。
アドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。

1.悪心
1)抗がん剤開始翌日より一週間をめどに
・内服薬
プリンペラン一錠
デパス0.5あるいは1mg一錠
セレネース0.75mg一錠
以上2ー3種類を同時に毎食間一日3回

・可能なら注射剤を希望時、あるいは一日一回定期で
アタラックスP 25mg 点滴

http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-11217488095.html

2)生姜エキスサプリメント
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-11234818360.html

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E7%94%9F%E5%A7%9C%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

小生の場合には、生姜エキスサプリ、プリンペラン、デパス3剤併用で悪心が止まりました。



2.しゃっくり
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/professional/pharmacy/ph13_02.html#03
1)プリンペラン
2)柿のへた(シテイ)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9F%BF%E8%94%95(%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A4)&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&oq=%E6%9F%BF%E8%94%95(%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A4)&aqs=chrome..69i57&sourceid=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8
3)氷水
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/search/cancer/news/200902/509435.html

先回は柿のへたが入手できなかったので、次回用に入手しました。
氷水はラウンジ自販機、イチゴフロートの氷を利用しようと思います。



3.怠さ
http://apital.asahi.com/article/nagao/2012122500002.html
1)ステロイド剤
2)十全大補湯、人参栄養湯、補中益気湯
http://www.duck-rabbit.com/info/48/
3)訪問看護師さんのマッサージ

小生は十全大補湯を服用しました。クレスチン(小細胞肺がん保健適応)は1月から常時服用しています。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se42/se4299001.html


4.好中球減少

ジーラスタ予防投薬(抗ガン剤投与後数日して)、グランG-CSF
http://www.kyowa-kirin.co.jp/news_releases/2014/20140926_01.html

5.抗がん剤投与中の腫瘍の痛み・・・小生の場合は胸痛

1)ロキソプロフェン 予防投薬
2)カロナール 予防投薬
3)オキノーム散 予防投薬 事前に服用(1時間前)、持続は3〜6時間


6.膀胱炎
フロモックス

7.血小板減少

3万を切ったら要注意。2万を切ると血小板輸血。
1万を切ると内出血可能性大(特に脳内出血に注意)。
小生の場合、先回は2万9千まで下がり、土日があったので念のため輸血をしました。

8.腎毒性
SH(short hydration)法の場合;輸液、硫酸マグネシウム、マンニトールなどレジメン通り。
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/data/cancerex/ar_lchyd2013_sakai.pdf
https://www.lillyonc.jp/lecture/catalyst/pdf/CATALYST_Vol1_01.pdf
http://www.oph.gr.jp/docs/62%20%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%B3%2B%E3%83%99%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%89%EF%BC%88SH%EF%BC%89%EF%BC%88Day1%EF%BC%89.pdf
http://www.oph.gr.jp/docs/62%20%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%B3%2B%E3%83%99%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%89%EF%BC%88SH%EF%BC%89%EF%BC%88Day2.3%EF%BC%89.pdf

プリプラチン=シスプラチン
ペプシド=エトポシド


付録 
1.シスプラチンの副作用
http://kouganzai.sub.jp/platinum/cisplatin.html
http://www.anticancer-drug.net/platinum/cisplatin.htm

2.シスプラチン・エトポシド療法の副作用
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/CDDP_ETOP.pdf

3,抗がん剤の主な副作用
http://monolith-japan.com/kiji/2378/

4.抗がん剤の副作用対策
http://apital.asahi.com/article/nagao/2012122500002.html

******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:45| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

低用量カルボプラチン投与に関する文献二報など 2015年3月7日

低用量カルボプラチン投与に関する文献二報など

とりあえず二報アップします。
1は英訳がかなりアバウトです。

***********************************************************************************

1.
Lower-Dose Chemo for SCLC: Comparable Results in Low PS Patients

PSの低いSCLC患者への低用量投与化学療法

June 1, 2004
http://www.ahcmedia.com/articles/print/5997-lower-dose-chemo-for-sclc-comparable-results-in-low-ps-patients

Abstract & Commentary

Synopsis: In a phase II trial, the combination of low-dose carboplatin and paclitaxel was shown to be well tolerated by elderly and, or frail (ECOG performance status 2) patients with advanced small cell lung cancer. Response rates and survival were comparable to those published for other combinations.

要旨:低用量カルボプラチンとパクリタキセル併用療法が、高齢者やPS2の進展型小細胞肺がん患者に投与された。奏効率や生存期間は従来法に匹敵する。


Source: Neubauer M, et al. J Clin Oncol. 2004;22: 1872-1877.

Extensive small-cell lung cancer (esclc) accounts for approximately 20-25% of all lung cancer diagnoses.1 Between 50-75% of all patients with small-cell lung cancer (SCLC) have extensive disease. Despite significant improvements in diagnosis and therapy for the past 10 years, the prognosis for patients with ESCLC remains poor. Currently, the standard treatment for patients with ESCLC is combination chemotherapy with cisplatinum (or carboplatin) plus etoposide. However, previous studies have demonstrated high levels of toxicity with this treatment regimen, most notably in older patients or those who have a compromised performance status (PS). Since this is primarily a disease of older individuals, alternative combinations and dosing schemes need to be assessed.

ここ10年の医学発展にもかかわらず、小細胞肺がん進展型(ESCLC)の予後はあまり改善されていない。ESCLCの標準治療はシスプラチン(もしくはカルボプラチン)とエトポシドの併用療法である。しかしながら高齢者やPSの悪い患者に与える副作用は大きい。

Neubauer and colleagues from the Kansas City Cancer Center examined 77 eligible patients with ESCLC (50.6% male, 9.4% white, 44.2% with a PS of 2, median age 74 years) between July 2000 and December 2001 with the goal of evaluating the effects of lower doses of carboplatin and paclitaxel (AUC = 2 and 80 mg/m2, respectively) within a shorter treatment time frame (administered on days 1, 8, and 15 of each 4 week cycle, continuing for up to 6 cycles). They were specifically interested in a group of patients that were considered relatively frail either due to advanced age or a compromised performance status. Participating patients were analyzed for 1-year survival, response rate (RR), time to progression (TTP) and safety of weekly paclitaxel plus carboplatin.

カンサスがんセンターのNeubauerらは、77人のESCLC(男性50,6%、白人9.4%、PS2=44,2%、平均年齢74才)患者に対して低用量カルボプラチンとパクリタキセル併用療法(AUC = 2 and 80 mg/m2, respectively)を投与した。(投与日はday1, 8,15、4週1サイクル、6サイクルまで続行)

Sixty six of the 77 participants were assessable for response. Of these, 25 responded to treatment (one complete response and 24 partial responses), leading to a response rate of 38%. The estimated 1-year survival rate was 30% and the median survival was 7.2 months (range, < 1 to 24.4 months). The median TTP was 3.5 months (range, < 1 to 21.2 months) and the estimated progression-free survival rate was 8%. Neutropenia and fatigue were the most common grades 3 and 4 toxicities, occurring in 22.1% and 8.6% of participants, respectively.

77人の患者の内66人が評価可能だった。66人の内奏効したのは25人(CR1人、PR24人)で奏効率は38%となった。
1年後の生存率は30%、平均生存期間は7.2ヶ月、無憎悪期間は3.5ヶ月となった。グレード3〜4の毒性は、好中球減少(22.1%に出現)、と倦怠感(8.6%に出現)。


↓以下略
Comment by William B. Ershler, MD

The current trial offers a new treatment regimen for older or frailer patients with extended disease small cell lung cancer. The regimen offers a relatively simple schedule, easily manageable in a community oncology office and the toxicities, although present, were considered less than more aggressive regimens (eg, cisplatin and etoposide). Yet, 36 of the evaluable patients had dose reductions on at least one occasion.

One concern regarding weekly paclitaxel in older patients is the common practice of using dexamethasone in relatively high doses (20 mg prior to each injection). The consequences of this have yet to be evaluated with regard to the immune and metabolic effects over the treatment course. With reduced dose paclitaxel and in elderly patients who are more likely to be immunocompromised, it is possible that lower doses of steroid would be required to prevent the hypersensitivity for which it is prescribed.

References

1. Ihde DC, et al. Cancer: Principles and Practice of Oncology (ed 5) 1997; 911-945.

William B. Ershler, MD INOVA Fairfax Hospital Cancer Center, Fairfax, VA; Director, Institute for Advanced Studies in Aging, Washington, DC, is Editor for Clinical Oncology Alert.

***********************************************************************************

2.
Favorable response obtained by low dose chemotherapy in an elderly patient with extensive small cell lung cancer and renal dysfunction [in Japanese]

低 用 量 化 学 療 法 が 奏 効 し た 腎 機 能 障 害 を 伴 っ た 高 齢 者 小 細 胞 肺 癌 の1例


http://ci.nii.ac.jp/naid/130003653031

藤本 勝洋 Fujimoto Katsunada
原田 泰志 Harada Taishi
渡辺 憲太朗 Watanabe Kentaro

Abstract
An 82-year-old man with extensive small cell lung cancer was treated with 2 courses of low dose CPT-11 (40mg/body, day 1, 8 and 15) and carboplatin (100mg/body, day 1). The reduction in tumor sizes evaluated by two-direction measurement was 88%. His creatinin clearance rates before and after chemotherapy were 20 and 28ml/min, respectively. Temporary leukopenia (900/μl) during the second course of chemotherapy was quickly reversed by the administration of G-CSF, without any episode of infection. Low dose CPT-11 and carboplatin seems to be a promising regimen for elderly patients with small cell lung cancer and renal dysfunction. Cancer tends to increase in old age groups. We consider that it is necessary to examine ideal low dose chemotherapies that can be effective yet preserve quality of life.

<要 約> 症例 は82歳 男性. 進展型小細 胞肺癌 で あ り, 低 用量 の irrinotecan hydrochoride (40mg/body,day 1, 8 and 15) と carboplatin (100mg/body, day 1) に よ り治療が 開始 された. 治療 開始前 のク レアチニ ンク リア ラ ンス は20ml/minで あ り終 了 後 は28ml/minで あ った. 2方 向測 定 に よる縮 小 率 は88%で
あ った. 副作用 と して2コ ース 目の治療 中に一時 的 な白血球減 少 (900/μl) を認め たが, 感染 症等 の重篤
な合 併症 もな くG-CSFに よ り正常 化 した. 低 用量 のCPT-11とCBDCAに よる治 療 は腎機 能の低下 した高齢者 にも使用 可能 な選択肢 の ひ とつ と考 え られた. 今後, 高齢化 とともに担癌 患者 は増加 す る傾 向 にあ り,Quality of Life を保 つ低用量化 学療法 のあ り方 を検討 す る必要が ある と考 え られた.
Key words: 高齢者, 低用量化学療法, カルボプラチ ン, イリノテカン, 小細胞肺癌
(日老医誌 2005; 42: 453-456)

Journal
Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 42(4), 453-456, 2005
The Japan Geriatrics Society

原論文;日本語
https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics1964/42/4/42_4_453/_pdf

***********************************************************************************
3.所見
カルボプラチンの低用量使用は、国内外で実績がある。
AUC = 2 や 100mg/bodyなどの大幅減量では、AUC=4〜6と同等とは行かないが、それなりの効果がある。

高齢者やPSの悪い人、あるいはSRのような骨髄抑制に敏感な患者への低用量投与は、もっと採用されても良いのではないかと思う次第だ。

あと、好中球減少対策としてはG-CSF皮下注射があるが、最近(昨年秋)持続型G-CSF(協和発酵キリン、商品名ジーラスタ)が承認された。好中球減少が予測される場合、予防投薬として使用でき、今後期待される薬品である。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/news_releases/2014/20141127_01.html
http://www.kyowa-kirin.co.jp/news_releases/2014/20140926_01.html
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201412/539762.html
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3399410G1020_1_02/

***********************************************************************************
ええと追加

http://abraxane.jp/lung/guideline/page8-4.html
〈減量の目安:B法〉
減量段階    アブラキサン  カルボプラチン
通常投与量   100mg/m2    AUC6
1段階減量    75mg/m2    AUC4.5
2段階減量    50mg/m2    AUC3
国際共同第V相試験を参考に作成

***********************************************************************************
追加その2

抗がん剤の低用量療法に関する一般論?

@医師のブログ がん治療の虚実より
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-11541240721.html

正論だと思います

A患者さんのブログ 完治をめざしてより
http://wm.txt-nifty.com/blog/2013/07/post-f6e0.html

本文よりもコメント欄二件に注目してください

この二つのブログを読んで、目から鱗が落ちました。

******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 16:20| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

CDDP CBDCA その他抗がん剤 好中球減少度合いなど 違い考察 2015年3月2日

CDDP CBDCA その他抗がん剤 好中球減少度合いなど 違い考察


1.
http://www.gan-info.com/218.html
CDDP CBDCAどちらも骨髄抑制重度


2.
http://med.sawai.co.jp/oncology/resume/d_cbdcavp16.html
カルボプラチン(CBDCA)+エトポシド(VP-16)

http://med.sawai.co.jp/oncology/resume/d_cddpvp16.html
シスプラチン(CDDP)+エトポシド(VP-16)

好中球減少はほんの気持ちCDDPが優位(好中球減少頻度 高っ!) 血小板減少は当然だがCBDCAの方がかなり大きい


3.
http://med.sawai.co.jp/oncology/resume/d_cddpcpt11.html
シスプラチン(CDDP)+イリノテカン(CPT-11)

好中球減少がシスプラチン(CDDP)+エトポシド(VP-16)療法に較べてかなり改善されている
なぜだろう?


4.
http://www.gan-info.com/218.html

骨髄抑制はイリノテカン(重度)の方がエトポシド(中度)より大きい

4より3の理由はCDDPが80mg/m2→60mg/m2に減量されたためと推定する。

CDDP80%に減量では64mg/m2
少しは緩和されるだろうことを期待しよう・・・

CBDCA80%に減量+イリノテカン80%に減量療法は、1stライン結果では血小板減少が大きく再三投与延期となった。好中球減少にはまだゆとりがあった。と思う。

血小板減少は輸血しかない・・・即刻投与中止になる

白血球減少、好中球減少はG-CSFで対応可能


5.
カルボプラチン(CBDCA)+アブラキサン(いずれも80%に減量)療法は、現在の骨髄抑制状態(好中球)と1stラインの血小板減少から判断して無理。

ん?
http://med.sawai.co.jp/oncology/resume/d_cbdcanabptx.html
カルボプラチン(CBDCA)+nabパクリタキセル(nab-PTX)

好中球減少、血小板減少ともにえらく頻度が少ない・・・
あてになるのか<沢井製薬のデータ


抗がん剤減量が20%(投薬量80%)までという制約の中では、大変苦しい選択だよなあ ふ〜

というわけで頭が痛い
ええいままよっ
死ぬのは一度だ


******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 23:43| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗ガン剤目次

時間軸順に小細胞肺ガンに関係する抗ガン剤について記述している。
最近では(下の方)はアメリカの小細胞肺がんガイドラインから二次治療用抗がん剤についての調査結果をアップしている。

・2013年10月8日 イリノテカン

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/376966956.html

・2013年10月9日 カルボプラチン

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/377053681.html

・イリノテカン骨髄抑制 資料 2013年10月31日

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/378988026.html

・抗ガン剤種類その1(従来の抗ガン剤について)

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/380321868.html

・抗がん剤が効くがん と 効かないがん

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/380328217.html

・抗がん剤(従来の抗がん剤)の副作用およびその強さ

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/380590690.html

・抗がん剤とステロイドとQOL 2013年11月25日

http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/381125972.html

・抗がん剤への薬剤耐性 2014年9月4日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/404883528.html

・UFT調査 2014年9月18日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405638809.html

・小細胞肺がんとUFT 2014年9月19日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405683206.html

・小細胞肺がんとUFTまとめ 2014年9月20日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/405721605.html

・イリノテカンによる遅発性下痢参考サイト紹介 2014年10月4日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/406541417.html

・小細胞肺がん抗がん剤 エトポシド資料 2014年10月25日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/407729612.html

・小細胞肺がん抗がん剤 ノギテカン資料 2014年10月25日2
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/407730413.html

・小細胞肺がん抗がん剤 パクリタキセル資料 2014年10月25日3
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/407732981.html

・各種抗がん剤 頭の整理と考察 2014年10月25日4
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/407737085.html

・骨髄抑制のグレード解説と対処方法2014年10月31日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/408089221.html

・フォースライン抗ガン剤選択チャート図 下書き
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/408146261.html

・カルボプラチン+パクリタキセルにおけるカルボプラチン三週間投与と毎週投与の副作用の違いについて 2014年11月5日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/408358470.html

・パクリタキセル毎週投与との併用法におけるカルボプラチン毎週投与について資料補強 2014年11月5日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/408359562.html

・アブラキサン 2014年11月5日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/408396980.html

・出産&経口エトポシド 2014年12月28日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411428523.html

・NCCNガイドライン小細胞肺がん 2014年12月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411436032.html

・NCCNガイドライン小細胞肺がん記載の抗がん剤調査中 2014年12月29日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411480961.html

・経口エトポシド調査結果 2014年12月29日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411624707.html

・クレスチン 2015年1月1日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411638542.html

・介護老人一歩手前? 2015年1月1日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411656136.html

・イフォスファミド 2014年12月30日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411696101.html

・ゲムシタビン 2015年1月2日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411742683.html

・小細胞肺がん:抗がん剤とクレスチン併用療法文献 2015年1月4日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411787083.html

・ノギテカン 2015年1月3日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411842321.html

・早すぎる死 2015年1月5日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411852438.html

・ドセタキセル 2014年12月30日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/411889927.html

・ビノレルビン 2015年2月3日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/413442951.html

・テモゾロミド 2015年2月3日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/413448517.html

・今後の小細胞肺がん用抗がん剤候補選定 2015年02月11日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/413896418.html

・最近のクレスチン併用療法文献 2015年2月13日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414005293.html

・半回神経麻痺とか5thラインとか 2015年2月21日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414437853.html

・4thラインへの少量カルボプラチンon 2015年2月22日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414472400.html

・5次治療フロー 2015年2月22日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414478015.html

・short hydration CDDP レジメン 2015年2月28日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414815051.html

・CDDP用制吐剤調査 2015年3月1日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414872263.html



*************************************************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:37| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。