2015年01月04日

小細胞肺がん:抗がん剤とクレスチン併用療法文献 2015年1月4日

クレスチン自体が古く1980年頃に認可されたこともあり、ウェブでの文献が極めて少ない。
とりあえず近年の文献2件を見つけたのでアップする。

**********************************************************************************

Japanese Journal of Lung Cancer 46(5), 644, 2006-11-05 [Table of Contents]
The Japan Lung Cancer Society
P .473 小 細 胞 肺癌 にお け る抗癌剤治療 時の ク レス チン併用 に よ る ス トレス 抑制効果の 検討

東邦大学 医療センター、佐倉病 院内科、外科

(目的)唾液腺に存在 し自律神経の 刺激 に よ っ て 放 出さ れ る クロ モ グ ラ ニ ン A は ,現在精神 的ス トレ ス を測 る 有用 なマ ーカ ーと して 利用 され て い る ,一方免疫療法剤で ある ク レ ス チン は,体の 免疫状態を活性化 し病気に対する抵抗性 を増 し,小細胞肺癌に対する有効性が認 め られ てい る.今回我 々 は,ク レス チ ン投与に よ っ て,化学療法時にお け る ス トレ ス や 副作用の 軽減が 得 られ る か を検討 した.(対象 ・方法)抗癌剤 を開始する 小細胞肺癌患 者を対象に ク レ ス チ ン 投 与 群 ,非投 与群 を封筒法 に よ り群別 し,抗癌剤投与前 (dayl)に対 して day5,8,15 の 唾液中クロ モ グラ ニ ン A 量お よ び 白血球数 を検討 した.(結果)クロ モ グラニ ン A 量 に お い て は ,全体 と して は有意差を認め なかっ た が,個々 の 検討 で は ク レ ス チ ン 投 与群 におい て ク ロ モ グ ラニ ン 値の 上昇が抑 え られ る傾 向にあ っ た .また Day15に お け る白血球の 減少は,ク レ ス チ ン投与群 におい て有意 に抑 え られ ,G−CSF の 投与 もク レ ス チ ン群 で 有意に少なかっ た .(考察)小細胞肺癌の 化学療法時に ク レ ス チ ン を併用する こ とに よ り,ス トレ ス の軽減が 得 られ る可 能性が 考え られ た.今後さ らに症 例 数 を増や し,免疫パ ラメ ータを含め
た更 な る検討 を行 う予定で あ る。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289997/en

**********************************************************************************

第53回日本肺癌学会総会 2012年11月開催
O-159.進展型小細胞肺癌におけるシスプラチン+イリノテカン+PSK併用療法の多施設共同臨床試験
三輪 敏郎1・菓子井達彦1・林  龍二2・木下 一郎3・大泉 聡史4・中川  研5・長瀬 清亮6・明石 雄策7・高田  實8・岩本 康男9・坪井 正博10
富山大学附属病院 臨床腫瘍部1;富山大学附属病院 第1内科2;北海道大学病院 腫瘍内科3;北海道大学病院 第1内科4;金沢医科大学 呼吸器内科5;東京医科大学 呼吸器外科6;近畿大学医学部奈良病院 腫瘍内科7;近畿大学医学部堺病院 腫瘍内科(現 医療法人西村会 向陽病院)8;広島市民病院 腫瘍内科9;横浜市立大学 呼吸器病センター10
【背景】PSK(polysaccharide-K,クレスチン)はカワラタケの菌糸体より得られる蛋白質結合多糖体で免疫系の活性化により抗悪性腫瘍効果を表す.その効能・効果として小細胞肺癌(SCLC)に対する化学療法との併用による奏効期間の延長が認められているが,シスプラチンを含む化学療法との併用による効果の検討は少ない.【目的】進展型(ED)SCLCにおけるシスプラチン/イリノテカンとPSK併用療法の効果および安全性を検討する.【対象】75歳未満,PS0-1,評価可能病変および十分な臓器機能を有し,インフォームド・コンセントが得られたED-SCLC症例.【方法】シスプラチン60mg/m2(day1)とイリノテカン60mg/m2(day1,8,15)は4週毎に4-6サイクル,PSKは1日3gを連日投与する.化学療法終了後もPSKの投与を継続し,増悪後の2次治療にも併用する.【結果】2008年1月から2010年7月までに17例が登録され,14例で効果が評価可能であった.奏効率は83%,1年生存率66.5%,2年生存率は33.2%であった.主な毒性は下痢,骨髄抑制で,PSK併用による特有な毒性は認められなかった.【結論】シスプラチン/イリノテカンとPSK併用療法は,ED-SCLCにおいて認容性にすぐれた有用な治療法となる可能性がある.
http://www.haigan.gr.jp/journal/am/2012a/12a_gol33000O-159.html

**********************************************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 17:46| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ゲムシタビン 2015年1月2日

ゲムシタビン

******************************************************

医薬品インタビューフォーム
2013 年 10 月 (第 11 版)

ジェムザール注射用 200 mg
ジェムザール注射用 1g

代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤

一 般 名 ゲムシタビン塩酸塩

製造販売元:日本イーライリリー株式会社

用法及び用量
1. 非小細胞肺癌、膵癌、胆道癌、尿路上皮癌、がん化学療法後に増悪した卵巣癌、再発又は難治性の悪性リンパ腫の場合通常、成人にはゲムシタビンとして 1 回 1000mg/m2 を 30 分かけて点滴静注し、週 1 回投与を 3 週連続し、4週目は休薬する。これを 1 コースとして投与を繰り返す。
なお、患者の状況により適宜減量する。

臨床効果
小細胞肺癌
1. 腫瘍縮小効果
本剤単独投与による非小細胞肺癌の化学療法初回治療例に対する、後期第U相試験2試験(試験A及びB)における適格例での奏効率及び効果が認められるまでの期間は以下のとおりであった1),2)。

試験        A     B    合計

適格例数      73   67    140

奏効例数 19 14 33
(奏効率:%)  (26.0) (20.9) (23.6)

効果が認められる
注)までの期間[日]
中央値 33 34.5 34
(範囲) (4〜82)(20〜76)(4〜82)


注) この場合、「投与開始後、50%以上の腫瘍縮小に到達」の意味


2. 骨髄抑制発現頻度
白血球減少  発現例数(%)131(64.2)
好中球減少  発現例数(%)128(62.7)
血小板減少  発現例数(%)42(20.6)
ヘモグロビン減少  発現例数(%)126(61.8)

これらの副作用で最低値に至るまでの日数は14〜20日(中央値)であり、回復までの期間はいずれも7日(中央値)であった。

1) 福岡 正博 他:癌と化学療法,23,1825,1996
2) 横山 晶 他:癌と化学療法,23,1681,1996


******************************************************


役に立つ薬の情報〜専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など
ジェムザール(ゲムシタビン)の作用機序:抗がん剤
http://kusuri-jouhou.com/medi/cancer/gemcitabine.html

代謝拮抗薬

ゲムシタビン(商品名:ジェムザール)は非小細胞肺がん、膵がん、胆道がん、尿路上皮がん、乳がん、卵巣がん、悪性リンパ腫などの治療に用いられ、固形がんから血液がんまで幅広く使用されます。単剤で使用してもいいですが、多くは他の抗がん剤との併用で用いられます。

細胞毒性を有するために多くの方で副作用が表れ、主な副作用としては倦怠感、脱毛、悪心、食欲不振、血管障害、関節痛、感覚鈍麻、味覚異常、筋肉痛などが知られています。

このような特徴により、DNAの原料に構造を似せることによって細胞分裂を阻害し、抗がん作用を示す薬がゲムシタビン(商品名:ジェムザール)です。


******************************************************


東京北医療センター レジメンより抜粋
http://www.tokyokita-jadecom.jp/
http://www.tokyokita-jadecom.jp/images/cgi/bumon/yakuzaishitsu/contents_img1/10.pdf
小細胞肺がん 2013年11月14日改訂

ゲムシタビン単独療法 28日間 ゲムシタビン 1000 mg/m2
投与スケジュール
第1クール 0,7,14日
第2クール 28,〜


******************************************************

個人のブログより抜粋

ESPERANZA
http://machupicchu2010.blog137.fc2.com/?mode=m&no=388
2012年5月22日(火)

病院に行くと必ず数人の患者仲間と会い近況を話すが、以前同室だった扁平上皮癌と小細胞肺がんを併発した方がシスプラチン+ジェムザールを4クール+放射線治療を行いその後外来でジェムザール単体の投与中だが、リンパ節に転移のあった扁平上皮癌は消滅し、45mmだった小細胞肺癌が今では豆粒程度になったとの嬉しい報告を頂いた。
ジェムザールで完全になくなることは期待できないが、現状維持は可能と言われているらしい。
私もカルセドが効かなくなったらジェムザールが期待できそう。


******************************************************


小細胞性肺がん(ED-SCLC)の治療法
http://2nd-opinion.jp/jouhou/buibetu_haigan050430.htm
http://2nd-opinion.jp/index2.htm

Aパターン
First−line  Second−line   Third−line
CPT-11 + CDDP GEM + タキソール ハイカムチン+ドキシル


Bパターン
First−line   Second−line  Third−line
CPT-11 + CDDP アムルビシン GEM + Abraxane


Cパターン
First−line   Second−line     Third−line
CDDP + VP-16 CPT11 + アムルビシン GEM + タキソール


(1) タキソール
(2) ジェムザール
(3) アムルビシン
(4) ハイカムチン
(5) DDS製剤


******************************************************


Single-agent gemcitabine in patients with resistant small-cell lung cancer

抵抗性SCLC患者へのゲムシタビン単剤投与

http://annonc.oxfordjournals.org/content/12/4/557.full.pdf+html
Departments of Pulmonology, ]Sl Antomus Hospital, Nieuwegem, 2Umversity Hospital. Vnje Umversiteit. Amsterdam. University Hospital.
Gromngen, 4 University Hospital Utrecht. The Netherlands
Annals of Oncology 12 557-561.2001
c 2001 Kluwcr Academic Publishers Primed in the Netherlands

Summary

Objective
This study was conducted to assess the activity and toxicity of gemcitabine in patients with resistant small-cell lung cancer (SCLC)
Patients and methods Forty-one patients with limited- or extensive-stage SCLC, who were previously treated with at least one chemotherapeutic regimen and progressed during or within three months of finishing the last regimen, were treated with 1000 mg/m2 gemcitabine on days 1, 8, and 15 of a fourweek cycle.

要約
この治験は抵抗性SCLC患者へのゲムシタビンの有効性と毒性を評価する目的でおこなわれた。患者は限局型および進展型SCLC41人で少なくとも1種類の化学療法レジメン治療を受け、治療の最後から三ヶ月以内に増悪の患者を対象とした。ゲムシタビン投与量は1000 mg/m2/1, 8, 15日/4週間サイクル。


Results
Thirty-eight patients were evaluable for response Five partial and no complete responses were seen, for an overall response rate of 13% (95% confidence interval (Cl) 6%-27%) Time to progression varied from 4 to 20 weeks, with a median of 8 weeks Median survival was 17 weeks (range 4-84 weeks) Hematological toxicity mainly consisted of NCI-CTC grade 3 thrombocytopema (29% of patients) and, to a lesser extent, grade 3 leukopenia (18% of patients) Non-hematologlcal toxicity was mild, with nausea being the most commonly reported event

結果
評価可能な38人のうち5人がPR(部分寛解)、CR(完全寛解)は無し。総奏効率は13%。増悪までの平均期間は8週間、平均生存期間は17週間。血液毒性はグレード3の血小板減少29%、グレード3の白血球減少18%。被血液学的毒性はマイルドであり、もっとも報告の多かったのは吐き気であった。


Conclusions
Gemcitabine has modest activity in patients with resistant SCLC There is some non-cross resistance to most agents against SCLC

結言
ゲムシタビンは抵抗性SCLC患者にたいして並の効き目しかなかった。SCLCにたいして殆どの抗がん剤はなにかしら非交叉耐性がある。


非交叉耐性 non-cross-resistant
化学構造や作用機序が類似している2種類の薬剤において、 一方に抵抗性でも片方では治療効果がみられること。

Key words gemcitabine, resistant, small-cell lung cancer


******************************************************


New agents in the treatment of small-cell lung cancer: focus on gemcitabine.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14720338
H. Lee Moffitt Cancer Center and Research Institute, Tampa, FL 33612-9497, USA.
Clin Lung Cancer. 2003 Jan;4 Suppl 2:S56-63.

Abstract
Small-cell lung cancer (SCLC) accounts for 20%-25% of all new cases of lung cancer and represents the sixth most commonly diagnosed cancer in the United States. Given the tumor's systemic nature and chemoresponsiveness, chemotherapy has become the cornerstone of its management. Chemotherapy significantly prolongs survival; however, most of the patients still die within 2 years of diagnosis. Combination chemotherapy represents the treatment of choice for this disease. In the United States, cisplatin/etoposide is the regimen most frequently used for the first-line therapy of SCLC patients because of its better therapeutic index. Upon recurrence, topotecan is the Food and Drug Administration-approved treatment based on a phase III trial that showed no statistically significant differences in survival or response for topotecan compared with CAV (cyclophosphamide/doxorubicin/vincristine) but a better disease-related symptom improvement compared to baseline favoring the topoisomerase I inhibitor. Newer agents, with novel mechanisms of action, have shown activity against SCLC and are being tested in many different combinations. Among these agents, gemcitabine has attractive mechanisms of action and toxicity profile. Gemcitabine is a pyrimidine nucleoside antimetabolite, analogue to cytosine arabinoside, which through incorporation into the DNA leads to inhibition of DNA synthesis and cytotoxicity. As a single agent, gemcitabine has modest activity against SCLC. However, like with many other drugs, response rates improve when gemcitabine is used in combination regimens. Phase II and III studies of combinations with classic drugs for the management of SCLC patients such as cisplatin and/or etoposide and gemcitabine demonstrate comparable results to those of standard therapies. The gemcitabine/paclitaxel and gemcitabine/topoisomerase I inhibitor combinations are also of great interest, and preliminary results in previously treated patients are promising. The proper role of gemcitabine in the treatment of patients with SCLC awaits future testing in randomized phase III trials.

SCLC患者へのゲムシタビン単剤効果は控えめである。
ゲムシタビンを用いた多剤併用法が今後期待される。



******************************************************


Second line chemotherapy with topotecan and gemcitabine in small cell lung cancer (SCLC) patients: An Alpe-Adria Thoracic Oncology Multidisciplinary group phase II study (ATOM 012)
http://meeting.ascopubs.org/cgi/content/abstract/24/18_suppl/17014

Journal of Clinical Oncology, 2006 ASCO Annual Meeting Proceedings (Post-Meeting Edition).
Vol 24, No 18S (June 20 Supplement), 2006: 17014

University Hospital, Udine, Italy; University Hospital, Parma, Italy; Ospedale S. M. degli Angeli, Pordenone, Italy; National Institute for Cancer Research, Genova, Italy

Background: Topotecan is the only single agent currently approved for the treatment of relapsed or recurrent SCLC, showing activity both in chemotherapy-refractory (RR(response rate) 2〜14%) and in chemotherapy-sensitive patients (RR 14〜38%). The role of topotecan in combination with other active agents is still under investigation. Methods: Aim of this phase II study is to assess the activity and safety of topotecan (1mg/sqm iv d1〜5) plus gemcitabine (1250 mg/sqm iv d1) in relapsed or recurrent SCLC patients. Treatment is repeated every 4 weeks, up to a maximum of 6 cycles. Eligibility criteria: histologically or cytologically confirmed SCLC; documented progressive disease after ≧ 1 chemotherapy regimen; age ≧18 yrs; ECOG PS 0〜2; measurable disease (RECIST); no prior treatment with topotecan or gemcitabine; adequate hematologic, hepatic and renal function; brain metastases are allowed. Results: A total of 44 patients have been enrolled. Patient characteristics are as follows: median age, 64 yrs (range 35〜77); male/female, 35/9; ECOG PS 0/1/2, 12/21/11 patients; 68% patients had sensitive disease (recurrence > 3 months after first-line chemotherapy) and 32% patients had refractory disease (failure ≦3 months after first-line chemotherapy). One-hundred and seventeen chemotherapy courses have been administered (median 2, range 1〜6). The following preliminary results refer to 37 patients. Grade 3〜4 toxicities: 54% neutropenia, 16% anemia, 46% thrombocytopenia, 13% neutropenic fever, 27% fatigue. One toxic death was observed. Objective responses have been documented in 9 patients, for an overall response rate of 24% (3% CR, 21% PR); SD was observed in 7 patients (19%), PD in 17 patients (46%). Four early deaths were reported. Median time to progression is 8.9 weeks. Median survival time is 16.3 weeks, and 1-year survival rate is 14%. Conclusions: Based on these preliminary results, the combination of topotecan plus gemcitabine shows moderate activity and an acceptable toxicity profile in previously treated SCLC patients. However, it is unlikely that the addition of gemcitabine improves the outcome compared to single agent topotecan.


アメリカや欧州ではトポテカン(ノギテカン)単剤が再発SCLCに用いられている。抗がん剤抵抗性SCLCへの総奏効率(CR+PR)は2〜14%、抗がん剤感受性SCLCへの奏効率は14〜38%である。
本治験では、トポテカンにゲムシタビンを併用する試験を行った。しかしながらさほどの効果は見られなかった。


******************************************************

所見

日本および海外におけるSCLCへのゲムシタビン単剤使用に関する文献資料は殆ど無い。

唯一オランダで一件あった。
抗がん剤抵抗性SCLC患者へのゲムシタビン総奏効率は13%とあった。
直ぐ上の文献では、トポテカンの抗がん剤抵抗性SCLC患者への総奏効率は2〜14%との報告がある。
副作用もさほどきつくないようなので、まあ一度試してみてもと思う。

******************************************************
******************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 20:44| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

イフォスファミド 2014年12月30日

イフォスファミド

アルキル化剤、DNAの合成阻害

******************************************************

1.注射用イホマイド1g
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4211402D1020_1_14/4211402D1020_1_14?view=body

一般的名称 注射用イホスファミド

効能又は効果
下記疾患の自覚的並びに他覚的症状の寛解
肺小細胞癌,前立腺癌,子宮頸癌,骨肉腫,再発又は難治性の胚細胞腫瘍(精巣腫瘍,卵巣腫瘍,性腺外腫瘍),悪性リンパ腫

用法及び用量
1. 肺小細胞癌,前立腺癌,子宮頸癌,骨肉腫の場合
通常,成人にはイホスファミドとして1日1.5〜3g(30〜60mg/kg)を3〜5日間連日点滴静注又は静脈内に注射する。これを1コースとし,末梢白血球の回復を待って3〜4週間ごとに反復投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減する。

用法及び用量に関連する使用上の注意
1. 本剤の投与時には十分な尿量を確保し,出血性膀胱炎等の泌尿器系障害の防止のために下記の処置を行うこと。
(1) 成人の場合
1) 本剤投与時の1時間前から,できるだけ頻回に,かつ大量の経口水分摂取を行い,投与終了の翌日まで1日尿量3000mL以上を確保すること。
2) 本剤投与第1日目は,投与終了直後から2000〜3000mLの適当な輸液を投与するとともにメスナを併用すること。
3) 本剤投与中,経口水分摂取困難な場合は,第2日目以降,投与終了の翌日まで,上記2)に準じて輸液を投与すること。
4) 本剤投与中は必要に応じて輸液1000mLあたり40mLの7%炭酸水素ナトリウム注射液を混和し,尿のアルカリ化を図ること。また必要に応じてD-マンニトール等の利尿剤を投与すること。

重大な副作用

1. 骨髄抑制(5%以上):汎血球減少,貧血,白血球減少,血小板減少,また,出血等があらわれる場合があるので,本剤投与期間中には末梢血液の観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与間隔の延長,減量,休薬等の適切な処置を行うこと。
2. 出血性膀胱炎,排尿障害(5%以上):出血性膀胱炎,排尿障害等があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には,減量,休薬等の適切な処置を行うこと。

臨床成績
疾患名 肺小細胞癌
奏効例数/有効性評価対象例数 14/33
奏効率(%)42.4


******************************************************


2.既治療小細胞肺癌に対するイホスファミドの第II相試験登録日(=情報公開日) : 2009/09/07
最終データ内容更新日時 : 2013/09/07

結果は未公開?
継続中かな??


******************************************************


3. Chemotherapy of lung cancer: A global perspective of the role of ifosfamide
肺がんの化学療法におけるイフォスファミドの世界的展望

http://www.tlcr.org/article/view/277/580
Translational Lung Cancer Research
2012;1(1):61-71

IFO単剤の所のみ抜粋する

Abstract: The oxazaphosphorine cytostatic ifosfamide (IFO) has been successfully integrated in the treatment of various hematological and solid tumors. The purpose of this review is to summarize the evidence for its use in lung cancer starting from basic data of preclinical studies followed by a global summary of the phase III and seminal phase II clinical studies. Global in double respect: first covering both the small cell as well as the non-small cell indications, and, second tracing those studies performed in Europe and the United States as well as those from Asian countries.

Ifosfamide(IFO)は様々な血液腫瘍、固形腫瘍に有効である。このレビューではいままでの色々な治験データから肺がんへの有効性を検証する。
検証は二つの面からなる。一つは小細胞肺がんと非小細胞肺がんの観点から。今ひとつはヨーロッパ、アメリカとアジアの観点からである。

1)Introduction

Ifosfamide (IFO) has been evaluated intensively in bronchogenic carcinoma. Available data indicate that ifosfamide as a single agent can approximate a 50% objective response rate in small cell lung cancer (SCLC) and a 25% response rate in non-small cell lung cancer (NSCLC). With mesna uroprotection, the primary dose-limiting toxicity is myelosuppression. In combination with other active agents (Tables 1,2), ifosfamide has contributed to high response rates in both SCLC and NSCLC (1).


治験データによればIFO単剤の奏効率は、小細胞肺がんで50%、非小細胞肺がんで25%。
メスナ併用での最も大きい副作用は骨髄抑制。


文献(1)Johnson DH. Overview of ifosfamide in small cell and non-small cell lung cancer. Semin Oncol 1990;17:24-30.


2)Small cell lung cancer: the Western evidence
小細胞肺がん:西欧のエビデンス

IFO(1.5g/m2/day I.V.days 1-5 with mesna 300 mg/m2/dose at 0,4 and 8 h after daily IFO)
every 3 weeks

IFO単剤投与量
静注にて1.5g/m2/day/1〜5日間、併用メスナ300 mg/m2/0,4,8時間/IFO投与後毎回

A randomized study of chemotherapy-naive patients with extensive disease SCLC compared IFO or teniposide given as single agents with combination chemotherapy (CAV: cyclophosphamide/doxorubicin/vincristine) (Figure 1). Among the 43 patients on ifosfamide, there were three complete and 18 partial responses (49%), while among the 46 patients on teniposide, there were two complete and 18 partial responses (43%). Two complete and 24 partial responses (56%) were seen among the 46 patients on CAV. The estimated median survival time was 43 weeks for IFO, 38 weeks for teniposide and 42 weeks for CAV. The treatments were significantly different with respect to the overall degree of toxicity with CAV being more toxic (8).

未治療進展型SCLC患者に対して、IFO、テニポシド、多剤併用CAV法を用いて無作為治験を行った。
IFOでは43人の患者のうち完全奏効3名、部分奏効18名(総奏効率49%)。
テニポシドでは46人の患者のうち完全奏効2名、部分奏効18名(総奏効率43%)。
CAVでは46名の患者のうち完全奏効2名、部分奏効24名(総奏効率56%)。
平均生存期間はIFOで43週、テニポシドで38週、CAVで42週。
総体的毒性はCAVが顕著に高かった。

テニポシドは日本未発売

文献(8)Ettinger DS, Finkelstein DM, Ritch PS, et al. Study of either ifosfamide or teniposide compared to a standard chemotherapy for extensive disease small cell lung cancer: an Eastern Cooperative Oncology Group randomized study (E1588). Lung Cancer 2002;37:311-8.


3)Small cell lung cancer: The Asian evidence
小細胞肺がん:アジアのエビデンス

In a Japanese study, a total of 36 SCLC patients were treated with IFO (without mesna uroprotection) as monotherapy. Fourteen (38.9%) achieved a clinical response, and 120 mg/kg of IFO was the minimum dose to obtain effectiveness. As side effects gastrointestinal disturbance (66.7%), depilation (66.7%), leukopenia (38.9%) and hematuria (36.1%) were reported. Mean survival time was prolonged by using IFO in comparison to groups treated with other anticancer drugs (19).

日本における治験
36名の小細胞肺がんがIFO単剤(メスナ無し)で治療を受けた。臨床的応答(奏効率)は14名(38.9%)であった。効果を得るためのIFO最小量は120 mg/kgであった。
副作用は消化管障害(66.7%)、脱毛(38.9%)、白血球減少(38.9%)、血尿 (36.1%)(←出血性膀胱炎 メスナ無しのため)。
平均生存期間はIFOを使う方が他の抗がん剤を使うよりも長くなった。


文献(19)Mukouda K, Morikawa E, Hasegawa K, et al. Gan To Kagaku Ryoho 1983;10:1293-8.


******************************************************


4.Ifosfamide in small cell lung cancer.
小細胞肺がんにおけるイフォスファミド
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2539644
Semin Oncol. 1989 Feb;16(1 Suppl 3):19-21.

Abstract
Ifosfamide, an analogue of cyclophosphamide, has been proven to be of value in numerous malignancies, including testicular cancer, sarcoma, and lymphoma. Furthermore, ifosfamide is more suitable for combination chemotherapy than its parent compound because it causes less myelosuppression than cyclophosphamide. There have been only a few studies evaluating single-agent ifosfamide in small cell lung cancer (SCLC). In patients who have had little or no prior chemotherapy, ifosfamide appears as active as any single agent. Combination chemotherapy regimens employing cisplatin (or carboplatin) plus etoposide plus ifosfamide are currently under way on both sides of the Atlantic. A Hoosier Oncology Group (HOG) study will evaluate this three-drug regimen v cisplatin plus etoposide, and this protocol will establish or refute the value of ifosfamide as first-line therapy in extensive SCLC.

要旨
シクロフォスファミドの類似物であるイフォスファミド(IFO)は数多くの悪性腫瘍(精巣がん、肉腫、リンパ腫など)に有効であった。さらにIFOはシクロフォスファミドに較べて骨髄抑制が少なく併用化学療法に適している。小細胞肺がんへのIFO単剤療法に関する治験は僅かしかない。未治療小細胞肺がん患者への単剤化学療法では、他の単剤抗がん剤と同様に有効である。
以下多剤併用なので略。


******************************************************


5.Ifosfamide in the treatment of small cell lung cancer.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8677443
Semin Oncol. 1996 Jun;23(3 Suppl 6):2-6.
The Johns Hopkins Oncology Center, Baltimore, MD 21287-8936, USA.

Abstract
Ifosfamide as a single agent has produced overall response rates greater than 5O% in the treatment of small cell lung cancer (SCLC). Etoposide/ifosfamide/cisplatin (VIP) has produced overall response rates of 74% to 100% with complete response rates of 27% to 64% in SCLC patients. In a Hoosier Oncology Group randomized study involving extensive-disease SCLC patients, VIP was superior to etoposide/cisplatin with regard to median time to progression (6.6 v 5.8 months), median survival times (9.1 v 7.3 months), and 2- and 3-year survival rates (13% v 5% and 5% v 0%, respectively). In limited-disease SCLC, ifosfamide/carboplatin/etoposide (ICE) achieved overall response rates of 76% to 94%, median durations of survival ranging from 14 to 19 months, and 2-year survival rates of 24% to 37%; in extensive disease, overall response rates ranged from 72% to 100%, median durations of survival ranged from 9 to 14 months, and 2-year survival rates ranged from 14% to 22%. The use of high-dose ICE plus epirubicin and peripheral blood stem cell support appears promising in the treatment of limited-disease SCLC.


小細胞肺がん治療にイフォスファミドを用いた場合、総奏効率は50%以上である。
手抜きだが以下は多剤併用なので割愛。


******************************************************


6.所見
イフォスファミド(IFO)の小細胞肺がんへ奏効率はそこそこ高いのだが、文献検索する限り日本でも海外でもあまり使用されてきた形跡がない。
これは想像だが副作用である出血性膀胱炎とそれを回避するための処置が大変過ぎるため、あまり普及しなかったのではないか。
小生も資料を読む限り二の足を踏んでしまう。


******************************************************


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 21:36| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護老人一歩手前? 2015年1月1日1

今日は元旦
8時起床。昨晩も深夜まで各種抗がん剤を調べていたので眠い。

体調はやや怠し 体温36.4度

8時過ぎ 朝食
雑煮、生協のおせち料理など
メシマ1包、青汁1包、亜鉛1カプセル、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

休憩

経口エトポシド単剤調査、クレスチン調査

昼過ぎ来訪有り

15時 昼食 生協のおせち料理
メシマ1包、青汁1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル
アリナミンV1本

休息

ドラマを見ながら色々調査
小細胞肺がん抗がん剤関連 ブログアップ二件

18時半 お風呂

疲れた
入浴とか食事とか、基本的な事柄をこなすのが辛い。
特に入浴はその前にアリナミンVやデカドロンを服用しないと無理。
スポーツおじさんだったのが、この病気になって介護老人一歩手前になってしまったのだ。
PC操作は寝たままで指先だけなので楽なのだ。
あと寝るのはOK 当たり前か

20時 夕食
生協のおせち、自家製黒豆煮
メシマ1包、青汁1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

ドラマを見ながら抗がん剤調査イフォスファミド


メモ
今後の単剤抗がん剤候補
・ノギテカン△○ トポイソメラーゼT型阻害剤

・経口エトポシド△ トポイソメラーゼU阻害薬

・イフォスファミド△ アルキル化剤 出血性膀胱炎

・ゲムシタビン△△ 代謝拮抗薬

・ビノレルビン△×× 微小管重合阻害薬

・ドセタキセル△×× 微小管脱重合阻害薬

・テモゾロミド△×  脳転移 放射線併用

・併用薬 クレスチン○

これまでの抗がん剤
1)カルボプラチン DNA合成を阻害する
  イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
2)アムルビシン トポイソメラーゼU阻害
3)イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
4)アブラキサン 微小管脱重合阻害薬



ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 01:30| Comment(4) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

クレスチン 2015年1月1日

クレスチン

医薬品インタビューフォーム2012 年 11 月(第 7 版)
https://www.medicallibrary-dsc.info/di/krestin/pdf/if_psk_1211_07.pdf
商品名:クレスチンR 細粒
製造販売元:株式会社クレハ
販 売 元:第一三共株式会社

V. 治療に関する項目
1.効能又は効果
胃癌(手術例)患者及び結腸・直腸癌(治癒切除例)患者における化学療法との併用による生存期間の延長
小細胞肺癌に対する化学療法等との併用による奏効期間の延長

2.用法及び用量
1 日 3gを 1〜3 回に分服する。

3.臨床成績
(1)臨床効果
5)小細胞肺癌非観血的治療例 97 例を対象に無作為化比較試験により化学療法群(49 例)と免疫化学療法群(48例)の予後比較を検討した結果、奏効期間はクレスチン併用群で有意の差で延長し、また有効例、予後因子良好例でクレスチン併用群は生存期間延長傾向がみられた7)

8.副作用
(1)副作用の概要
1.副作用
調査総症例 11,300 例中 114 例(1.01%)126 件に副作用が発現し、その主なものは下痢(0.25%)、悪心・嘔気(0.24%)、嘔吐(0.15%)、食欲不振(0.15%)等の消化器症状であった。


7) 今野 淳ほか: 肺癌 1988;28(1):19-28

〔文献請求先・製品情報お問い合わせ先〕
株式会社クレハ 医薬品事業部
〒169-8503 東京都新宿区百人町 3-26-2
TEL:03-3362-7445
第一三共株式会社 製品情報センター
〒103-8426 東京都中央区日本橋本町 3-5-1
TEL:0120-189-132

********************************************************************************

なんでもきのこの一種のカワラタケから取り出された多糖類を有効成分とする非特異的免疫賦活薬らしい。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se42/se4299001.html

今服用しているメシマと同じ作用機構みたいだ。

メシマは保険適用でなくて高いんだけど、このクレスチンは保険適用だ。
そろそろメシマも少なくなってきたので、乗り換えようかと思う次第だ。
小細胞肺がんの化学療法と併用という条件は満たしているので、さすがに駄目とは言わないだろう。

追補
高知医療センターでは駄目といわれたので、よその病院でもらうことにした。駄目な理由は不明。

****************************************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 17:52| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経口エトポシド調査結果 2014年12月29日

経口エトポシド調査結果

作用機序 トポイソメラーゼU阻害薬
*****************************************************

1.工トポシド単剤経口連日投与が脳転移巣にも奏効した小 細胞肺癌の1例
http://ci.nii.ac.jp/els/110003112874.pdf?id=ART0003519044&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1419761631&cp=

67歳男性で本人及び家族の強い希望で,エトボシド剤経口連日75〜50mg投与を行ったところ,原発巣goodPR,脳転移巣CR入りし,硯力障害も完全に回復した.

*****************************************************

2.成分(一般名):エトポシド
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se42/se4240001.html

ベプシドカプセル25mg~50mg、ラステットSカプセル25mg~50mg

肺小細胞癌
悪性リンパ腫
子宮頸癌
がん化学療法後に増悪した卵巣癌

用法

【肺小細胞癌】

エトポシドとして、通常成人1日175〜200mgを5日間連続経口服用し、3週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜増減する。

【悪性リンパ腫】

患者の状態に応じA法又はB法を選択する。

A法:エトポシドとして、通常成人1日175〜200mgを5日間連続経口服用し、3週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜増減する。
B法:エトポシドとして、通常成人1日50mgを21日間連続経口服用し、1〜2週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜増減する。

【子宮頸癌】

エトポシドとして、通常成人1日50mgを21日間連続経口服用し、1〜2週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、服用量は疾患、症状により適宜減量する。

【がん化学療法後に増悪した卵巣癌】

エトポシドとして、通常成人1日50mg/m2を21日間連続経口服用し、1週間休薬する。これを1クールとし、服用を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

*****************************************************

3.Single-agent oral etoposide for elderly small cell lung cancer patients.
高齢小細胞肺がんへの経口エトポシド単剤投与

http://test.europepmc.org/abstract/MED/2154860
Seminars in Oncology [1990, 17(1 Suppl 2):49-53]

We carried out a phase II trial of etoposide PO in elderly patients (greater than or equal to 70 years of age) with a confirmed histologic diagnosis of SCLC. Patients were treated with etoposide capsules 800 mg/m2, with the total dose divided over 5 consecutive days. Cycles were repeated every 3 to 4 weeks for a total of six cycles.

160mg/m2を5日間連続。1サイクル=3〜4週。トータル6サイクル

In September 1985, 53 patients (35 male, 18 female) with a median age of 73 years (range, 70 to 95) were treated. After staging, 24 patients (45%) had limited disease (LD); the remaining 29 patients had extensive disease (ED).

1985年、53人の患者(平均年齢73歳、LD24人、ED29人)

Overall response was 79% (complete response [CR], 17%; partial response, 62%). CRs were seen in 8 of 24 patients (33%) with LD and in 1 of 29 patients (3%) with ED.

奏効率79%。CR17%、PR62%
CR内訳(LDが33%、EDが3%)

Median survival of all patients was 9.5 months (range, 1 to 22+) with 20 patients still alive; the toxicity rate was acceptable. Total alopecia developed in all patients, whereas significant neutropenia (8%) and thrombocytopenia (6%) were rare.

平均生存期間9.5ヶ月。毒性は容認できる。
重い好中球減少、重い血小板減少はそれぞれ8%、6%だった。

In addition, therapy is associated with minimal toxicity and can be administered entirely on an outpatient basis.

毒性が低く、外来治療出来る。

*****************************************************

4.Prolonged administration of oral etoposide in patients with relapsed or refractory small-cell lung cancer: a phase II trial
再発あるいは難治性SCLC患者への経口エトポシドの継続的治験フェーズU
http://jco.ascopubs.org/content/8/10/1613.short
1990 by American Society of Clinical Oncology

Twenty-two patients with recurrent small-cell lung cancer (SCLC) were treated with single-agent etoposide 50 mg/m2/d by mouth for 21 consecutive days.

被験患者は再発SCLC患者22人。経口エトポシド単剤投与量は50 mg/m2/dを21日間連続。

The median time off chemotherapy was 4.5 months (range, 1 to 28.9 months).

平均治療期間は4.5ヶ月。

Ten patients (45.5%; 95% confidence interval [CI], 27% to 65%) achieved a complete or partial response.

奏効率は45.5%。

Responses were most common in patients who had responded to previous chemotherapy and who had not received any treatment in the 90 days before initiation of oral etoposide.

奏効性は前もっての治療が奏効あるいは治験前90日以上無治療の患者がメインであった。

Median response duration was 4 months (range, 1.5 to 9.5 months) and median survival was 3.5+ months (range, 1.0 to 15+ months).

平均応答期間は4ヶ月であり、平均生存期間は3.5ヶ月延びた。

*****************************************************

5.Comparison of oral etoposide and standard intravenous multidrug chemotherapy for small-cell lung cancer: a stopped multicentre randomised trial
SCLC患者への経口エトポシドと標準多剤静注治療の比較:治験途中中止

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(96)02005-3/abstract

Medical Research Council Lung Cancer Working Party

The Lancet Volume 348, No. 9027, p563〜566, 31 August 1996

Between September, 1992, and August, 1995, 339 patients were randomly allocated four cycles of 50 mg oral etoposide twice daily for 10 days (171 patients) or a standard intravenous regimen of etoposide and vincristine (EV), or cyclophosphamide, doxorubicin, and vincristine (CAV, 168 controls).

経口エトポシド治験者(50mg/twice/day/10days)は171人、
標準静注法(EV法、CAV法)は168人


The palliative effects of treatment were similar in the etoposide group and control group (41% vs 46%). Grade 2 or worse haematological toxicity occurred in 35 (29%) etoposide-treated patients and 26 (21%) controls. Controls had a higher overall response rate than etoposide-treated patients (51% vs 45%). There was a small disadvantage in survival associated with oral etoposide (hazard ratio 1・35 [95% Cl 1・03?1・79], p=0・03). Median survival was 130 days in the etoposide group and 183 days in the controls; survival rates were 35% and 49% at 6 months and 11% and 13% at 1 2 months, respectively.

緩和効果に大差はなかった。血液毒性は経口エトポシド群29%、標準治療群21%。奏効率は経口エトポシド群45%、標準治療群51%。生存期間は経口エトポシド群が劣った。平均生存期間は経口エトポシド群130日、標準治療群183日。6ヶ月後の生存率は35%と49%。1年後の生存率は11%と13%。


Oral etoposide 50 mg twice daily for 10 days every 3 weeks for four cycles is inferior to standard intravenous multidrug chemotherapy in the palliative treatment of patients with SCLC and poor performance status. Oral etoposide alone should no longer be used in the treatment of such patients.

経口エトポシド(50mg/twice/day/10days/1サイクル21日を4サイクル)は従来法に較べて奏効性や緩和効果に関して劣る結果であった。

*****************************************************

6.Five-Day Oral Etoposide Treatment for Advanced Small-Cell Lung Cancer: Randomized Comparison With Intravenous Chemotherapy
進展型SCLCへの5日間経口エトポシド投与:静注化学療法との無作為比較

http://jnci.oxfordjournals.org/content/89/8/577.full.pdf
Journal of the National Cancer Institute, Vol. 89, No. 8, April 16, 1997
Department of Medical Oncology, Guy'ss Hospital and St. Thomas Hospital,London.

Background: Oral etoposide is an active single agent in small-cell lung cancer (SCLC) and is widely prescribed as first-line treatment as an alternative to intravenous combination chemotherapy in patients with extensive disease. Purpose: The intention of this study was to determine if the effects of oral etoposide therapy on survival and quality of life are equivalent to those of intravenous chemotherapy.

背景、目的:経口エトポシド単剤療法は静注多剤併用療法の代わりとして進展型SCLCのファーストラインに用いられてきた。今回の研究の意図は、経口エトポシド単剤療法の生存率やQOLが静注化学療法のそれと同じかどうかを調べること。


Methods: In a randomized trial of palliative treatment in advanced SCLC, oral etoposide (100 mg given twice daily for 5 days) was compared with intravenous chemotherapy consisting of alternating cycles of cisplatin and etoposide (PE) and cyclophosphamide, doxorubicin, and vincristine (CAV). Six cycles of chemotherapy were administered every 21 days in both regimens. Symptom control and quality of life were measured with the Rotterdam Symptom Checklist and a daily diary card. In January 1996, after 155 patients had been randomly assigned from a projected intake of 365 patients, an independent Data Monitoring Committee examined the interim results. Survival was determined by the Kaplan-Meier method, and the logrank test was used to compare treatments. For quality-of life comparisons, average scores were calculated for each time point. The Mann-Whitney U test was used to determine any significant overall differences between treatments. For the Rotterdam Symptom Checklist, separate analyses were done for each subset (psychological well-being, physical symptoms, lung cancer symptoms, treatment symptoms, activity, and quality of life). Response rates and toxicity scores were compared by using x2. All statistical tests were two-sided.

治験方法:
期日 1996年
治験者は進展型SCLC155人
経口エトポシド単剤療法は100mg/twicw/day/5days
静注化学療法はPE、CAV
それぞれ1クールは21日間、クール回数は6回。

評価方法:略、上記英文参照


Results: Survival was inferior at 1 year in the oral etoposide group compared with intravenous therapy (9.8% for oral versus 19.3% for intravenous; difference = 9.5%; 95% confidence interval of difference = 0.3%-18.7%; P<.05), and there was a trend toward inferior overall survival. Median survival was 4.8 months for oral treatment and 5.9 months for intravenous therapy. Progression-free survival was worse in the oral etoposide arm (median = 3.6 months versus 5.6 months; P<.001), as well as overall response rate (32.9% versus 46.3%; P<.01). With the exception of acute nausea and vomiting associated with intravenous chemotherapy, all aspects of symptom control and quality of life were either the same or worse in the oral etoposide group. Study closure was recommended.

結果
1年生存率は経口エトポシド群が9.8%、静注群が19.3%で経口エトポシド群が劣った。
平均生存期間は経口エトポシド群が4.8ヶ月、静注群が5.9ヶ月で経口エトポシド群が劣った。
無憎悪生存期間は経口エトポシド群が3.6ヶ月、静注群が5.6ヶ月で経口エトポシド群が劣った。
全奏効率は経口エトポシド群が32.9%、静注群が46.3%で経口エトポシド群が劣った。
症状制御やQOLは、経口エトポシド群が同等か劣った。


Conclusions: These interim results show that this schedule of oral etoposide is inferior to intravenous chemotherapy in the treatment of advanced SCLC and should not be used as first-line treatment of this disease. [
[J Natl Cancer Inst 1997;89:577-80]

結言
今回の治験では進展型SCLCへの今回の経口エトポシド投与方法は多剤静注法より劣る結果となり、ファーストライン治療に使用されるべきではない。[J Natl Cancer Inst 1997;89:577-80]


The prognosis of extensive small-cell lung cancer (SCLC) remains very poor in spite of combination chemotherapy. Only 5%-10% of patients with this disease survive to 2 years (1,2). Some patients have adverse prognostic features at presentation and survive a median of only 6-8 months (3,4). In these patients, the use of oral etoposide would seem to have much to recommend it.

進展型SCLCは多剤併用化学療法にもかかわらず、その予後は極めて悪い。そのような患者には(二次以降の治療として)経口エトポシドの使用も推薦される。


*****************************************************


7.肺小細胞癌を対象としたエトポシド長期経口投与法のPhase I study
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112745/en
Japanese Journal of Lung Cancer 33(1), 95-100, 1993-02
The Japan Lung Cancer Society


肺小細胞癌に対するエトポシドの21日間経口投与法の第I相試験を18症例を対象に行った.対象患者は既治療例,あるいは標準的化学療法に耐えられないと判断された症例とした.エトポシドの内服量はFibonacciの変法に準じて,25mg/m^2/day,35mg/m^2/day,50mg/m2^/dayと増量し,投与量設定試験を行った.16例が適格完全例であった.50mg/m^2/dayの内服でgrade3以上の白血球減少が67%に,grade3以上の貧血が33%に見られたが,他の副作用は著明でなかった.したがって,本法の最大耐用量(MTD)は50mg/m^2/dayであり, dose limiting toxicity は白血球減少であった.また,薬理動態の解析では,エトポシドの蓄積性は観察されなかった.一日量25mg/bodyの内服では血中のエトポシドの濃度は,有効濃度とされる1μg/mlに達しない場合がみられ,一日量50mg/body以上の内服により安定して1μg/mlをこえる血中濃度が得られるものと思われる.

*****************************************************


8.医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム
日本病院薬剤師会のIF記載要領(1998 年9月)に準拠して作成  2012年6月(改訂第7版)
ラステットSカプセル 25mg、ラステットSカプセル 50mg
http://mink.nipponkayaku.co.jp/product/di/in_file/sedi_lasc_in.pdf

X 治療に関する項目
1.効能又は効果
肺小細胞癌、悪性リンパ腫、子宮頸癌、がん化学療法後に増悪した卵巣癌

2.用法及び用量
1.肺小細胞癌
エトポシドとして、通常成人1日 175〜200mg を5日間連続経口投与し、3週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
なお、投与量は疾患、症状により適宜増減する。
2.悪性リンパ腫
患者の状態に応じA法又はB法を選択する。
A法:エトポシドとして、通常成人1日 175〜200mg を5日間連続経口投与し、3週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
なお、投与量は疾患、症状により適宜増減する。
B法:エトポシドとして、通常成人1日 50mg を 21 日間連続経口投与し、1〜2週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
なお、投与量は疾患、症状により適宜増減する。

3.臨床成績
1)肺小細胞癌
承認時および剤型追加時(Sカプセル)の単独投与の試験における奏効率は
25.0%(33/132)であった。また、併用療法の試験における奏効率は 23.1%(3/13)
であった。

*****************************************************

9.所見
経口エトポシドは高齢者、再再発以降の抗がん剤として試してみるに値する。
用法は多い量を短期に投与するより、中程度の量をある程度中長期に投与する方が奏効性や副作用の点で効果的だと思う。

たとえば
50 mg/m2/dを21日間連続
連日75〜50mg/body投与
一日量50mg/body以上21日間経口投与

50mg/body/day/連日から始めて、副作用(主に骨髄抑制)を見ながら増量する。

****************************************************************************

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 13:03| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。