2014年12月29日

NCCNガイドライン小細胞肺がん記載の抗がん剤調査中 2014年12月29日1

NCCNガイドライン小細胞肺がん記載の抗がん剤調査中

8時前起床 昨晩3時頃寝たんで眠い

朝食 トースト(ココナッツ&オリーブオイル)、ベーコンエッグ、野菜、カフェラテ
メシマ1包、青汁1包、亜鉛1カプセル、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

NCCNガイドライン小細胞肺がん抗がん剤調査

休息 仮眠

昼頃 再起床

バウムクーヘンとコーヒー
メシマ1包、青汁1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル


再びNCCNガイドライン小細胞肺がん記載の抗がん剤調査

海外文献を読む限り、ゲムシタビン単剤、ビノレルビン単剤は小細胞肺がんにはあんまし効かないみたい。

イフォスファミド海外ではある程度の奏効を示している。日本でも小細胞肺がん用抗がん剤になっているようだ。
現在国内で小細胞肺がんに使われているような気配はないんだけど、なぜだろう? アルキル化剤なんで副作用がきついんだろうか? 作用機序:DNAに作用することで細胞分裂を抑制

テモゾロミドとドセタキセルは未だこれから。

テモゾロミドは脳転移にしたときに放射線と併用する抗がん剤。

ドセタキセルはパクリタキセルと同族。作用機序も同じ(微小管脱重合阻害薬)。副作用はパクリより少なく奏効性は高いとされる。




18時 サイレントでピアノ

18時半 休憩 

夕食
ひじきご飯、野菜スープ、市販茶碗蒸し
メシマ1包、青汁1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

食事中から疲れてしまった。ちょとしんどい。

ブログ下書き

奥さんは今日も産婦人科に行ってた。
母子ともに順調だそうだ。

小生は感染が怖いので外出自粛中。

メモ
今後の単剤抗がん剤候補
1.ノギテカン トポイソメラーゼT型阻害剤
2.エトポシド トポイソメラーゼU阻害薬
3.イフォスファミド アルキル化剤
4.ドセタキセル 微小管脱重合阻害薬

これまでの抗がん剤
1)カルボプラチン DNA合成を阻害する
  イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
2)アムルビシン トポイソメラーゼU阻害
3)イリノテカン トポイソメラーゼT阻害薬
4)アブラキサン 微小管脱重合阻害薬


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 21:25| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NCCNガイドライン小細胞肺がん 2014年12月29日

NCCNガイドライン小細胞肺がん 2014年12月29日

NCNNガイドライン 小細胞肺がん 2014年第2版

http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/lung/japanese/small.pdf

化学療法の原則 ページ右段 二次化学療法参照のこと


NCCNとは
【略】
=National Comprehensive Cancer Network
全米総合がん情報ネットワーク"◆全米の代表的な20のがんセンターによって結成された、がん治療のガイドライン策定のための組織。◆URLhttp://www.nccn.org/

ドセタキセル

ゲムシタビン

テモゾロミド

イフォスファミド

ビノレルビン

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記

posted by SR400 at 02:58| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

出産&経口エトポシド 2014年12月28日1

7時過ぎ起床
7時半朝食
ミニカップラーメン+白ご飯少々、昨日の総菜の残り少々、鮭一切れ、カボチャプリン
メシマ1包、亜鉛カプセル、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル

体調 怠い、頭痛


7時13分 孫が生まれる
奥さんが病院に付き添っていたのだ。

今日の午後面会に行く予定。

昼 トースト一枚とコーヒー
メシマ1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル
アリナミンV1本

昼過ぎに産婦人科病院へ

赤ちゃんと子供に会ってきた。

母子共に健康です

4時過ぎ帰宅
おもち1個とお茶

久々に
サイレントでピアノ
アコギ

17時半 疲れたの休息


小細胞肺がんへの経口エトポシド投与 国内&海外資料、文献調査

http://ci.nii.ac.jp/els/110003112874.pdf?id=ART0003519044&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1419761631&cp=

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se42/se4240001.html

http://test.europepmc.org/abstract/MED/2154860

http://jco.ascopubs.org/content/8/10/1613.short

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(96)02005-3/abstract

http://jnci.oxfordjournals.org/content/89/8/577.full.pdf

http://ci.nii.ac.jp/els/110003112745.pdf?id=ART0003518909&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1419769915&cp=

http://mink.nipponkayaku.co.jp/product/di/in_file/sedi_lasc_in.pdf

夕食
昨日のコンビニ残りサンドイッチ1個、おにぎり1個、ギョニソ、野菜、鮭一切れ
メシマ1包、ヘム鉄2カプセル、VC3カプセル、青汁1包


休息中


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 23:40| Comment(5) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

アブラキサン 2014年11月5日

アブラキサン

先ほど同病の方からフォースラインでアブラキサンを試したところ奏効したとのメールを頂きました。

アブラキサン名前は知っていたのですが、パクリタキセルと同じだろうと思い調べていなかったんですが、
検索してみると奏効率がパクリタキセルより高くて驚きました。
値段にも驚いたんですが・・・

http://gansupport.jp/article/qa/breast_qa/breast01_qa/4948.html
http://abraxane.jp/about/index.html
http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/prt/4240409D1023.html


乳癌、胃癌にはA法を使用し、非小細胞肺癌にはB法を使用する。
A法:パクリタキセルとして、1日1回260mg/u(体表面積)を30分かけて点滴静注し、少なくとも20日間休薬する。これを1コースとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
B法:パクリタキセルとして、1日1回100mg/u(体表面積)を30分かけて点滴静注し、少なくとも6日間休薬する。週1回投与を3週間連続し、これを1コースとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

点滴時間も短いし、高額療養費で月8万円代ですので、小生もトライしてみようかと思います。

今の病院でレジメンを院内登録していたらですが。。。

Hさん、貴重な情報をありがとうございました。


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 23:22| Comment(2) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パクリタキセル毎週投与との併用法におけるカルボプラチン毎週投与について資料補強 2014年11月5日

パクリタキセル毎週投与との併用法におけるカルボプラチン毎週投与について資料補強

既出も掲載する。追加された分は殆ど卵巣癌にかんするもの。


Weekly Carboplatin(CBDCA)-Paclitaxel(PTX)による長期の外来治療が可能であった進行肺腺癌の2例2.png


weeklyCBDCA+weeklyPTX 山口大学2.png


Anti Cancer 卵巣がんワタシの場合2.png


20 卵巣・卵管・腹膜癌化学療法レジメン済生会福岡総合病院2.png


卵巣がん - 東京逓信病院2.png


卵巣癌化学療法の推移東京慈恵会医科大学2.png


カルボプラチン+パクリタキセルは3週ごと?毎週?:進行卵巣がん(MITO-7試験)2.png


おまけカルボプラチンの毎週投与
未治療進展型小細胞肺癌に対するイリノテカンとカルボプラチン毎週投与臨床第II相試験 .png


訂正・加筆は後日行います。


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 11:19| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルボプラチン+パクリタキセルにおけるカルボプラチン三週間投与と毎週投与の副作用の違いについて 2014年11月5日1

カルボプラチン+パクリタキセルにおけるカルボプラチン三週間投与と毎週投与の副作用の違いについて 

本報告は卵巣癌に関するものであるが、副作用特に骨髄抑制は肺がんでも同様の評価になると思われる。
出所は同一で↓
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/dl/s0521-20111028g.pdf
厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/indexshingi.htmlだ。

1.カルボプラチン三週間に一度投与の場合
パクリタキセルは毎週投与の場合を参照する。

カルボプラチン(AUC 6を3週間1回投与)との併用その2.png


カルボプラチン(AUC 6を3週間1回投与)との併用その1.png


カルボプラチン(AUC 5を3週間1回投与)との併用その1.png


2.カルボプラチン一週間に一度投与(毎週)の場合
パクリタキセルも毎週投与である。

カルボプラチン(AUC 2を1週間1回投与)との併用その1.png


カルボプラチン(AUC 2を1週間1回投与)との併用その2.png


カルボプラチン(AUC 2を1週間1回投与)との併用その3.png


1.カルボプラチン三週間に一度投与の場合

2.カルボプラチン一週間に一度投与(毎週)の場合
の骨髄抑制、特に白血球減少、好中球減少について見比べて欲しい。
カルボプラチン一週間に一度投与(毎週)のほうが圧倒的に減少が少ない。


実は色々資料を調べて加工していたので、昨晩は寝ていない。
説明不足の所は、後日加筆訂正する。



ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 10:57| Comment(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。