2015年07月04日

マキシミリアノ・コルベ神父 2015年7月4日

マキシミリアノ・コルベ神父 2015年7月4日


私は聖母に私はどうなるのかと尋ねました。そのとき、聖母が白と赤の2つの冠を持ってやって来ました。そして、どちらの冠を喜んで受け入れるかお聞きになりました。白は純潔を保ち、赤は殉教者となることを意味していました。私は両方ほしいと言いました。


【概略】
幼少時代ローマで彼は哲学、神学、数学および物理学を学んだ。1915年にグレゴリアン大学で哲学の博士号を、そして1919年には神学の博士号を聖ボナベントゥラ大学で取得した。

マキシミリアノ・マリア・コルベ神父は、1894年1月8日に当時ロシア帝国の衛星国であったポーランドのズドゥニスカ・ヴォラで、織物職人であるユリオ・コルベとマリア・ドンブロフスカの5人兄弟の次男として生まれた。

「フランシスコ会入会」

1907年に、兄のフランシスコと共にコンベンツァル聖フランシスコ修道会への入会を決め、ルヴォフ(現在はウクライナ領のリヴィヴ)にあるコンベンツァル聖フランシスコ修道会の小神学校に入学した。
1910年、彼は修練院に入ることを許され、マキシミリアンの名前を与えられた。1912年、彼はクラクフに送られ、そしてローマへの留学生に選ばれた。

「ローマ」

ローマで彼は哲学、神学、数学および物理学を学んだ。1915年にグレゴリアン大学で哲学の博士号を、そして1919年には神学の博士号を聖ボナベントゥラ大学で取得した。

1917年10月16日に、6人の志願者と共に神学校聖堂の汚れなき聖母の祭壇の前で聖母へ奉献を行い、「汚れなき聖母の騎士会」を創立した。

その後、出版による布教活動を志したコルベは1922年に初めて『無原罪の聖母の騎士』(Rycerz Niepokalanej)を執筆し出版した。この頃には、コルベと共に後に日本に宣教に来ることになるゼノ・ゼブロフスキー修道士と出会っている。

1927年にはニエポカラノフ修道院(無原罪の聖母の騎士修道院)を創立し、『無原罪の聖母の騎士』等の出版による宣教に力を入れた。

「東洋での宣教」

1930年4月24日にゼノ修道士ら4人と日本の長崎に到着すると、早坂司教に『無原罪の聖母の騎士』の出版許可を願った。長崎で早くも翌月に日本語版の『無原罪の聖母の騎士』の出版を開始した。翌年には聖母の騎士修道院を設立した。http://www.seibonokishi-sha.or.jp/

1933年4月にポーランドでの管区会議に出席するために日本を離れた。そして再び日本に戻った後、1936年にニエポカラノフ修道院の院長に選ばれたために故国ポーランドに帰国した。

「ポーランド帰国後」

帰国後はニエポカラノフ修道院の院長を務め、出版やラジオなどを通じて活発な布教活動を行った。コルベはこのころには既に将来の戦争と自分の運命を悟っていた。1937年1月10日、修道士に日本で聖母マリアから「確実に天国に行ける」という約束を受けたということを打ち明けている。

1939年9月1日のドイツ軍のポーランド侵攻による第二次世界大戦の勃発により、活動の縮小や停止を余儀なくされた。イエポカラノフ修道院も病院として接収され、多くの修道者が修道院を去った。

「逮捕」

1941年2月17日にゲシュタポにより、コルベは4人の神父と共に逮捕された。その理由としては、コルベ神父が発行していた『無原罪の聖母の騎士』や日刊紙がナチスに対して批判的なものであったからとも、当時のナチスはユダヤ人のみではなく、ポーランドにおける有力な人物をも逮捕の対象にしていたからともされる。

この後、20人の修道士が彼の身代わりになることを申し出ているが、この申し出は却下されている[31]。
コルベはパヴィアックの収容所に収容された後に、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られた。囚人番号は16670であった。

「身代わりの死」

1941年7月末、収容所から脱走者が出たことで、囚人たちの中から無作為に選ばれる10人が餓死刑に処せられることになった。囚人たちは番号で呼ばれていったが、フランツェク・ガイオニチェクというポーランド人軍曹が「私には妻子がいる」と泣き叫びだした。この声を聞いたとき、そこにいたコルベは「私が彼の身代わりになります、私はカトリック司祭で妻も子もいませんから」と申し出た。責任者であったルドルフ・フェルディナント・ヘスは、この申し出を許可した。コルベと9人の囚人が地下牢の餓死室に押し込められた。

餓死刑に処せられるとその牢内において受刑者たちは飢えと渇きによって錯乱状態で死ぬのが普通であったが、コルベは全く毅然としており、他の囚人を励ましていた。時折牢内の様子を見に来た通訳のブルーノ・ボルゴヴィツ(Bruno Borgowiec)は、牢内から聞こえる祈りと歌声によって餓死室は聖堂のように感じられた、と証言している。2週間後、コルベを含む4人はまだ息があったため、当局は病院付の元犯罪者であるボスを呼び寄せてフェノールを注射して殺害した。

ボルゴヴィツはこのときのことを以下のように証言している。

マキシミリアノ神父は祈りながら、自分で腕を差し伸べました。私は見るに見かねて、用事があると口実を設けて外へ飛び出しました。監視兵とボフが出て行くと、もう一度地下に降りました。マキシミリアノ神父は壁にもたれてすわり、目を開け、頭を左へ傾けていました。その顔は穏やかで、美しく輝いていました。

「列聖」

1971年10月10日にパウロ6世によって列福され、1982年10月10日に同国出身の教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖された。列福式および列聖式の場には、コルベに命を助けられたガイオニチェクの姿もあった。ガイオニチェクは奇跡的に終戦まで生き延びて解放され、94歳の天寿を全うするまで、コルベに関する講演を世界各地で続けていた。1998年にはロンドンのウェストミンスター教会の扉に「20世紀の殉教者」の一人としてコルベの像が飾られた。サンマリノでは“鉄条網を背後に収容者服姿”の図案の記念切手が発行された。


引用文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%99

参考文献
http://www.geocities.jp/rekiroken/risa-t/st_kolbe.htm

http://kolbe-museum.com/?mode=f2

https://sites.google.com/site/tomaozaki/Home/03-korube

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9575/kolbe.html

http://shuchi.php.co.jp/article/1833

http://4travel.jp/travelogue/10548949

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%B9


コルベ神父様.jpg

コルベ神父様2.jpg

コルベ神父様3.jpg

囚人として描かれたコルベ神父のステンドグラス.jpg

コルベ神父様4左はし.jpg
左端像

アウシュビッツの聖者コルベ神父.jpg


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 14:15| Comment(2) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

ファティマの聖母 2015年7月3日

ファティマの聖母 2015年7月3日

20世紀最大の奇跡というかなんというか・・・。

以下、↓より抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%81%AE%E8%81%96%E6%AF%8D

1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に聖母マリアが現れて毎月13日に同じ場所へ会いに来るように言った。子供たちは様々な妨害に遭いながらも、聖母に会い続けて様々なメッセージを託された[3]。聖母からのメッセージは大きく分けて3つあった。
死後の地獄の実在:多くの人々が罪な生活、傾向によって、死後地獄へ導かれている。肉欲や傲慢など現世的な罪から回心しないままでいることにより、人は死後、永遠の地獄へと行く。具体的に、聖母はこの少女ら3人に7月13日、地獄のビジョンを見せ、彼らはそのあまりの光景に戦慄した[4][5][6][7]。地獄は神話ではなく実在し、そこは全ての人が死後行く可能性のあるところで、入ったが最後、二度と出ることはできない。
大戦争の終焉と勃発:第一次世界大戦は、まもなく終わること。しかし人々が生活を改め罪を悔い改めないなら、さらに大きな戦争が起き、沢山の人が死に、そしてその多くが地獄に落ちてしまうこと。その前兆[8]として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう[9]、ということ[10][11]。
秘密:聖母マリアは、1960年になったら公開するように、それまでは秘密に、とルシアに厳命した。その内容は「ファティマ第三の秘密」と呼ばれ、ルシアを通じて教皇庁に伝えられたが1960年が過ぎても教皇庁は公開せず、2000年になってから発表に踏み切った。教皇庁によれば教皇暗殺の危機だとされる。ヨハネ・パウロ2世は、ファティマ出現記念日[12]である1981年5月13日に発生した事件を東欧の政権による暗殺未遂と発表しているが、後述した理由から疑問視する意見[13]もある。


【概要】
http://dateiwao.fc2web.com/fatima.htm

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%81%AE%E8%81%96%E6%AF%8D

分かりやすい
http://ameblo.jp/sinobu197903/entry-11480338408.html

【画像】
ファティマの奇跡
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&espv=210&es_sm=93&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=79qVVcrsIob68QX74r34Aw&ved=0CAgQ_AUoAg&biw=922&bih=427

ファティマ教会
https://www.google.co.jp/search?q=Fatima+Basilica&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&es_sm=93&tbm=isch&imgil=pLp-l0_M3iJKwM%253A%253BaLAgZDg_A3pykM%253Bhttp%25253A%25252F%25252Fwww.saintpaulsmilton.org.uk%25252Fsaintdominics%25252Fpilgrimages_fatima_gallery.html&source=iu&pf=m&fir=pLp-l0_M3iJKwM%253A%252CaLAgZDg_A3pykM%252C_&biw=922&bih=427&usg=__ti77-hUtbVtU0RYzfZwEbhMjEt8%3D&ved=0CCkQyjc&ei=l9uVVdnEB4uB8gXLm7yYAQ#imgrc=_&usg=__ti77-hUtbVtU0RYzfZwEbhMjEt8%3D


ファティマの奇跡.jpg 


******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 15:47| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

ルルドの奇跡 2015年7月2日

ルルドの奇跡 2015年7月2日


ルルド(Lourdes) は、フランスとスペインの国境になっているピレネー山脈のふもと、フランスの南西部のオート=ピレネー県の人口15000人ほどの小さな町。聖母マリアの出現と「ルルドの泉」で知られ、カトリック教会の巡礼地となっている。


【聖母マリアの出現】
1858年2月11日に当時十四才の貧しい粉屋の娘マリー・ベルナデットが、薪拾いに行ったマッサビエル洞窟の中で聖母マリアを見たことから始まります。聖母マリアはベルナデットの眼前に、合計十八回出現したと言われています。

【奇跡的治癒】
ルルドには医療局が存在し、ある治癒をカトリック教会が奇跡と認定するための基準は大変厳しい。「医療不可能な難病であること、治療なしで突然に完全に治ること、再発しないこと、医学による説明が不可能であること」という科学的、医学的基準のほか、さらに患者が教会において模範的な信仰者であることが条件される。このため、これまで2,500件が「説明不可能な治癒」とされるが、奇跡と公式に認定される症例は大変少数(68件)となっている。


【聖ベルナデット】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BC

ベルナデッタ・スビルー(Bernadette Soubirous、1844年1月7日−1879年4月16日)は、フランスの聖女 。南仏のルルドで聖母の出現を体験し、後にヌヴェールの愛徳女子修道会の修道女となる。
1879年、肺結核により35歳で没し、1933年に列聖された。
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%81%96%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88&sa=X&biw=922&bih=427&es_sm=93&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ei=pfuUVbvRIaHGmQX4tJ3YBg&ved=0CB0QsAQ


【資料】

全般
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%89

http://homepage3.nifty.com/yoshihito/rurudo.htm


ルルド教会画像など

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%89+%E6%95%99%E4%BC%9A&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&es_sm=93&biw=922&bih=427&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=R96UVZzSE-GxmAWcnLaYBQ&ved=0CAcQ_AUoAg#tbm=isch&q=%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%89+

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%89+%E6%95%99%E4%BC%9A&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&es_sm=93&biw=922&bih=427&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=R96UVZzSE-GxmAWcnLaYBQ&ved=0CAcQ_AUoAg

聖ベルナデット

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BC


ルルドの奇跡 (「知の再発見」双書).jpg

ベルナデッタ 単行本.jpg

Bernadette2.jpg

Bernadette.jpg

******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 18:01| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

苦難 2014年11月6日

この病気になってから様々な苦難が続いている。
差し障りのない範囲では、過去のブログに書いた。

10年前の白血病と骨髄移植の時も治療の苦しみ以外にさんざんな災難があったが、今回は今回でブログに詳しくは書けないような苦難もあった。

肉体的苦難、精神的苦難・・・



いきなりだけど、小生はこの苦難は得難い貴重な体験だと思っている。

苦難を通じて学ぶ物は多い。
人生の最終章で得られる経験はすべて貴重だ。

小心者の小生は痛いのや苦しいのは苦手だけど、

この苦難を支えてくれる人がいる。

それは2000年前、同国の民によって受難を受けたイエスだ。

The Passion キリストの苦難

もちろんかの方と較べるなどという、おこがましいことを考えているのではない。

イエスは人生の同伴者であり、心貧しい小生のよりどころである。

「十字架の道行き」にはとうてい足下にも及ばないが、再び少しでも近い体験ができることは、望外の喜びである。


苦しみ、痛み、悩みを喜びとして受け止めて、艱難辛苦すべてを昇華できますように
どうか我に力を与えたまえ

ロザリオ1.png


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 22:03| Comment(2) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

音読新約聖書 2014年10月10日

取りあえず主なパートをユーチューブから紹介。

ルカによる福音書
https://www.youtube.com/watch?v=h5ZQf0QxgzE

マタイによる福音書
https://www.youtube.com/watch?v=-BTIGaQTEKQ

マルコによる福音書
https://www.youtube.com/watch?v=PCXsYQQNw98

ヨハネによる福音書
https://www.youtube.com/watch?v=lOfS5Ehieqk

ローマ人への手紙
https://www.youtube.com/watch?v=DmWi4AjYykk

コリント人への第一の手紙
https://www.youtube.com/watch?v=u7PQXQFKo5c

ヨハネの黙示録
https://www.youtube.com/watch?v=dhinDtqmChw


その他の手紙も上記ユーチューブサイトの右列に表示されていますので、そちらから参照下さい。

長いのになると3時間半くらいになるので、小生の場合途中で眠ってしまいます・・・。

DSC01240.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:24| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

宗教目次

宗教目次

2013年11月2日 ルルドの水
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/379217241.html

2013年11月9日 ドン・ボスコ
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/379796269.html

聖ペテロ 2013年11月25日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/381131554.html

『パッション』 2013年11月25日 最終
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/381151385.html

音声付き聖書 2013年12月18日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/383000489.html

般若心経 2014年1月5日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/384411647.html

アヴェ・マリア 2014年2月11日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/388009447.html

復活祭 2014年5月1日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/396015194.html

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:18| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。