2014年05月01日

復活祭 2014年5月1日

復活祭

今年は4月20日が復活祭(イースター)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%A5%AD

江の口教会に新任の神父さん(クリスティ神父様)が今日昼過ぎに持ってきてくれたそう。

多分復活祭に来られなかった江の口教会の信者さん宅を回っているんだと思う。

体調が良ければ今度の日曜、子供の運転でミサに出かけてみようかと。

英語は
「復活祭の恵みが汝にあらんことを」
というかんじかな・・・

DSC08586.JPG
DSC08585.JPG
DSC08584.JPG

ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記


posted by SR400 at 19:46| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

アヴェ・マリア 2014年2月11日

アヴェ・マリア

新約聖書には複数のマリアが登場するんだけど、アヴェ・マリアはもちろんイエスの母親だ。他にもマグダラのマリアも有名だ。
この母であるマリアは新約聖書の中にはあまり登場していないんだけど、いまでは聖母マリア信仰とでもいうのだろうか、すごく崇拝されている。
この聖母マリア信仰は中世以降に特に強まったように思う。
奇跡にもたびたび登場するんだけど、有名なのはグアダルーペの聖母、ルルドの聖母、ファティマの聖母など。
カトリックの祈りでは、「主の祈り」についで「聖母マリアへの祈り」が有名だ。

アヴェ・マリアの祈祷文
ラテン語
Ave Maria, gratia plena,
Dominus tecum,
benedicta tu in mulieribus,
et benedictus fructus ventris tui Jesus.
Sancta Maria mater Dei,
ora pro nobis peccatoribus,
nunc, et in hora mortis nostrae.
Amen.

口語和訳(アヴェ・マリアの祈り)
アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、
主はあなたとともにおられます。
あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。
神の母聖マリア、
わたしたち罪びとのために、
今も、死を迎える時も、お祈りください。
アーメン。

文語和訳(天使祝詞)
めでたし、聖寵(せいちょう)充満てる(みちみてる)マリア、
主 御身(おんみ)と共にまします。
御身は女のうちにて祝せられ、
御胎内の御子(おんこ)イエズスも祝せられ給う(しゅくせられたもう)。
天主の御母(おんはは)聖マリア、
罪人なるわれらのために、
今も臨終の時も祈り給え。
アーメン

小生などは文語訳の世代なので、こっちの方が親しみやすい。

アヴェ・マリア





↓映像はPassion of the Christの一部が使われているので、気の弱い人は見ないでください。



ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 00:28| Comment(3) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

般若心経 2014年1月5日

般若心経 2014年1月5日




以下
http://ja.wikisource.org/wiki/%E8%88%AC%E8%8B%A5%E5%BF%83%E7%B5%8C%EF%BC%88%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3%EF%BC%89
より引用


般若心経(はんにゃしんぎょう)和訳

観音菩薩が、
深遠なる「智慧の波羅蜜」を行じていた時、
〔命ある者の構成要素たる〕五蘊は空であると見抜いて、
すべての苦悩から解放された。
「シャーリプトラよ、
色は空性に異ならない。空性は色に異ならない。
色は空性である。空性は色である。
受、想、行、識もまた同様である。
シャーリプトラよ、
すべての現象(一切法)は空を特徴とするものであるから、
生じることなく、滅することなく
汚れることなく、汚れがなくなることなく
増えることなく、減ることもない。
ゆえに空性においては、
色は無く、受、想、行、識も無い
眼、耳、鼻、舌、身、意も無く、
色、声、香、味、触、法も無い
眼で見た世界(眼界)も無く、意識で想われた世界(意識界)も無い
無明も無く、無明の滅尽も無い
"老いと死"も無く、"老いと死"の滅尽も無い
「これが苦しみである」という真理(苦諦)も無い
「これが苦しみの集起である」という真理(集諦)も無い
「これが苦しみの滅である」という真理(滅諦)も無い
「これが苦しみの滅へ向かう道である」という真理(道諦)も無い
知ることも無く、得ることも無い
もともと得られるべきものは何も無いからである
菩薩たちは、「智慧の波羅蜜」に依拠しているがゆえに
心にこだわりが無い
こだわりが無いゆえに、恐れも無く
転倒した認識によって世界を見ることから遠く離れている。
三世の仏たちも「智慧の波羅蜜」に依拠するがゆえに
完全なる悟りを得るのだ。
それゆえ、この「智慧の波羅蜜」こそは
偉大なる呪文であり、
偉大なる明智[2]の呪文であり、
超えるものなき呪文であり、
並ぶものなき呪文である。
すべての苦しみを除き、
真実であり、偽りなきものである。
では、「智慧の波羅蜜」をあらわす呪文を示そう、
"ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー"
(往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に正しく往ける者よ、 菩提よ、ささげ物を受け取り給え)
〔ここに智慧の心髄をおわる〕


参考サイト
http://www.e-sogi.com/arekore/kyo1.html
http://www.kongohin.or.jp/recite3.html
http://enlighten.fc2web.com/hannyashingyo.html


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺ガン患者 余命日記
posted by SR400 at 18:20| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

音声付き聖書 2013年12月18日

音声付き聖書

相変わらずストレス続きなのだ。
頼みもしないのに艱難辛苦が次々とやってくる。

作業をしながら音声付き聖書を聞いている。

http://bible.salterrae.net/kougo/voice/

ロボット音声なのだが、聞き取りやすい。

耳の聞こえない人にも朗報だと思う。


いま使徒行伝を聞いている。
イエスの弟子達が宣教する様子が書かれている。

イエスの弟子達は普通の人間であり、凡人である。
イエスの教えを理解することが出来ず、イエスを嘆かせ、
イエスが捕らえれるときは、みんな逃げ出してしまった。

そのチキンな弟子達がイエスの死後、見違えるように布教活動に専念して、最後には殉教している。

イエスの死後よほどにインパクトのある出来事があったのであろう。

サウロ(パウロ)の回心も印象的だ。

キリスト教徒を迫害する側であったサウロが、ダマスコで回心する下りである。

その後のパウロの活動は使徒行伝の後半に書かれている。

何度も死の寸前まで追い詰められているが、決して布教活動を止めない。

最後はローマにて活動をしている。パウロの最後は定かでない。殉教したのか生きながらえたのか。

ただローマにキリスト教を根付かせた最大の功労者であることは疑いのないことだと思う。

かれらイエスの弟子達のイエスの死後の行動は、人知を越えた何かが働いた結果だろう。

話はずれるが、イエスの生涯、特に最後の辺りは、小生に力を与えてくれる。

2000年前に同じ国の民によって迫害され、苦しみ、殺されたイエスは小生の心の支えであり、そして希望である。

もっと話はずれるが、クリスマスはイエス生誕を記念した日だ。
日本人は勘違いをしている。


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺ガン患者 余命日記
posted by SR400 at 19:33| Comment(8) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

『パッション』 2013年11月25日 最終

本日の体調
午前 2.5弱
午後 同上
夜 2
(1〜5段階評価)

ちょっとしんどい一日だった。ふらつきと頭痛、軽い吐き気もある。

明後日抗がん剤シングル投与予定だが、骨髄抑制が少し心配だ。


『パッション』(原題:The Passion of the Christ)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3_(2004%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)


https://www.google.co.jp/search?q=The+Passion+Of+Christ&rlz=1C1RSDL_jaJP538JP545&oq=The+Passion+Of+Christ&aqs=chrome..69i57&sourceid=chrome&espv=210&es_sm=93&ie=UTF-8#es_sm=93&espv=210&q=The+Passion+Of+Christ&tbm=vid


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺ガン患者 余命日記
posted by SR400 at 22:56| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖ペテロ 2013年11月25日

聖ペテロ

法王に抱かれた「聖ペテロ」、遺骨の箱を初公開
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131125-OYT1T00337.htm

ペテロとは?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD


新約聖書 マタイによる 福音書 第4章より

4:18さて、イエスがガリラヤの海べを歩いておられると、ふたりの兄弟、すなわち、ペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレとが、海に網を打っているのをごらんになった。彼らは漁師であった。 4:19イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。 4:20すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。


新約聖書 マタイによる 福音書 第26章より

26:69ペテロは外で中庭にすわっていた。するとひとりの女中が彼のところにきて、「あなたもあのガリラヤ人イエスと一緒だった」と言った。 26:70するとペテロは、みんなの前でそれを打ち消して言った、「あなたが何を言っているのか、わからない」。 26:71そう言って入口の方に出て行くと、ほかの女中が彼を見て、そこにいる人々にむかって、「この人はナザレ人イエスと一緒だった」と言った。 26:72そこで彼は再びそれを打ち消して、「そんな人は知らない」と誓って言った。 26:73しばらくして、そこに立っていた人々が近寄ってきて、ペテロに言った、「確かにあなたも彼らの仲間だ。言葉づかいであなたのことがわかる」。 26:74彼は「その人のことは何も知らない」と言って、激しく誓いはじめた。するとすぐ鶏が鳴いた。 26:75ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。


新約聖書 ペテロの第一の手紙
http://bible.salterrae.net/kougo/html/1peter.html

新約聖書 ペテロの第二の手紙
http://bible.salterrae.net/kougo/html/2peter.html 
posted by SR400 at 17:57| Comment(3) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。