2015年06月22日

脳転移 脳圧亢進 頭痛 緩和ケア 2015年6月22日

脳転移 脳圧亢進 頭痛 緩和ケア 2015年6月22日


http://www2.toshiseikatsu.net/hospice/oldfiles/oyakudati/1metastasisi.html
副腎皮質ホルモンの大量投入(デキサメタゾンを1日に16mg)で、脳浮腫や頭蓋内圧亢進による症状が劇的に治まる。
1日に4mgのデキサメタゾンを投与すると、ほとんどの患者で食欲が増し、気分がよくなる(ただし、全身衰弱には効果がない)。副作用を避けるためには、投与期間を慎重に検討する。
頭蓋内圧亢進に対し、アミトリプチリン(トリプタノール、ラントロン)25〜75mg眠前とフルフェナジン(フルメジン)1mgを午後6時に服用すると良好な結果が得られることがある(5)。


http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/pain-cancer.html
脳実質そのものは痛みを感じない。がんが脳に転移したときに最もみられる症状は、頭痛である。
脳転移による頭痛は、広い範囲に感じるびまん性の疼く痛みである。
朝起きた直後が最悪で、起床後は軽くなる。この頭痛は、NSAIDsで改善する。ステロイド性消炎鎮痛薬は、痛みと脳転移に伴う浮腫を弱める。これによって、脳脊髄液の圧(脳圧)が下がり、痛みを感じる組織に加わる牽引が和らげられる。
眠っていると、血中の二酸化炭素が増えて、脳血管が拡張し、脳血流の増加と脳圧の亢進が起こる。眠ると横になるので、脳質から脊髄の方向に入出する脳脊髄液の量が減って、脳圧が亢進する。起床後、脳圧が下がり、組織の牽引が弱まって痛みが軽くなる。


http://www.pm.med.osaka-u.ac.jp/edrug/pdf2/brainmetastasis.pdf
osaka-u.ac.jp.png


http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/meta/
原発巣や多臓器の状態が悪い患者さんの多発脳転移では,対症的治療として副腎皮質ステロイドやグリセロールを投与して脳浮腫を治療します,これは緩和ケア(緩和療法)です


http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/canceruptodate/utd/201310/533119.html#c01
脳浮腫による症状があれば、血管透過性を低下させるためにステロイド(投与量、投与スケジュールは下記参照)を開始する[67]。頭蓋内圧の低下や神経症状の改善は、早いと投与後数時間以内に認められ、治療開始から24時間から72時間経過すると効果が明確になることが多い[68]。ステロイドは糖質コルチコイド作用が重要であり、鉱質コルチコイド作用の少ないデカドロンが使用される。脳浮腫改善のメカニズムは、完全にはわかっていない。

1)ステロイドの投与量と投与スケジュール

・症状が強い場合、デキサメタゾン10mgを初期投与し、以降は4mgを1日4回、または8mgを1日2回投与する。

・ヘルニアを起こす可能性が低い際は、1mgまたは2mgを1日4回でもよい[69]。

・無症候性の場合は、デキサメタゾンは使用する必要はない[70]。

デキサメタゾンは1日4回投与で使用することが多いが、半減期を考えれば、1日2回投与も合理的である。ステロイドによる合併症を少しでも減らすために、なるべく少ない量で浮腫をコントロールすることを目指す。標準的な治療で開始しても、症状の改善がない時は100mg/日まで増量可能という記載もあるが、筆者は合併症を最小限に抑える観点から増量した経験はない[71]。症状が安定していれば、4日毎に50%ずつ減量していく。順調に減量し、中止できる症例がある一方で、減量中に症状が悪化してしまい長期間にわたってステロイドが必要になる症例もある。

2)ステロイドによる合併症

ステロイド使用による合併症は多く、なるべく少ない量で、なるべく短い投与期間になるように心がける。自覚症状のある合併症は、不眠、本態性振戦、吃逆がある。重要な合併症としては下記の3つがある。

(1)消化器疾患
プロトンポンプ阻害薬またはH2ブロッカーを積極的に処方するようにしている。

(2)ステロイドミオパチー

治療開始から9‐12週間経過した頃に、近位筋優位に筋力低下、筋肉量の低下が認められる。ミオパチーの治療は困難である。可能であればステロイドを中止する。中止すれば2‐3か月で改善する。中止が困難であればできる限り減量するが、継続している場合は回復までに中止した時よりも多くの時間がかかる。

(3)ニューモシスティス肺炎

免疫抑制患者において起こる日和見感染症で、生死にかかわる肺炎である。

固形腫瘍患者のニューモシスティス肺炎の疫学の報告はないが、筆者の施設では0.3%の症例でニューモシスティス肺炎がある。4週間以上ステロイド(プレドニゾン20mg/日以上)を継続する症例ではニューモシスティス肺炎の予防を下記のいずれかで行っている。

・スルファメトキサゾール400mg・トリメトプリム80mgを1日1回内服する。

・ペンタミジン300mgを生食5mLに溶解し、30分かけて吸入する。これを4週間毎に行う。


http://clinicalpath.jp/cnt09s/08.html
C. 治療

 転移性脳腫瘍の治療は脳腫瘍の症状改善だけでなく,原発腫瘍の治療,生命予後などを考慮してさまざまな角度から治療法を検討する必要がある。治療は薬物療法,放射線療法,外科療法の組み合わせで行う。外科療法は専門書にゆずる。治療に際し,次のようなことに留意する。@原発巣のコントロール,A他臓器転移の有無,B全身状態(performance status),C脳転移巣の部位と数,D患者の希望など。

1) 薬物療法
(1)コルチコステロイド
 コルチコステロイドは脳浮腫を軽減し,症状の改善にはきわめて即効性があり,臨床効果は6 〜24時間以内に出現し3 〜7 日以内に最大となる。抗炎症効果や抗浮腫作用が強いベタメタゾン(リンデロンR),デキサメタゾン(デカドロンR) を8 〜16mg/day 投与。放射線治療中にも併用する。減量は5日ごとに2 〜4mgと徐々に減量し,必要最少量を決める2)。

(2)浸透圧利尿薬
 頭蓋内圧亢進,脳浮腫を軽減し意識障害の改善に効果がある。乳酸アシドーシス,電解質異常などに注意する必要がある。

 電解質加高張グリセリン液(グリセオールR)を200〜300ml/1 回,1 日1 〜2 回投与。

 イソソルビド(イソバイドR):内服薬で70 〜 140ml/day,2〜3 回分服。

イソソルビド
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2139001.html


以下【五苓散】について
http://www.ebm.jp/topics/ch_med.html
五苓散は慢性硬膜下血腫の患者[8-10]や脳浮腫[11]を改善させる等、種々の報告はあるが、残念なことにランダム化比較試験の報告はまだない。しかし、五苓散の臨床応用は拡がりつつあり、脳領域の水分出入に関して期待できる漢方薬である。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html
効能
【ツムラ】
口渇、尿量減少するものの次の諸症。

浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病。

【クラシエ・他】
のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症。

水瀉性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ。

https://www.tsumura.co.jp/products/ippan/019/index_50.shtml
体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:
水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹注)のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔

注)しぶり腹とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すもののことである。



******************************************************
ブログランキングに登録しています。
↓クリックしてくれると嬉しいです。m(._.)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 14:39| Comment(0) | 脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

脳転移 目次

脳転移 目次

脳転移 メモ2 2015年1月10日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/412127315.html

ガンマナイフとサイバーナイフ 2015年1月10日2
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/412125193.html

脳転移整理 2015年1月12日1
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/412231632.html

ガンマナイフ資料 2015年1月15日2
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/412408278.html

小細胞肺がん脳転移とガンマナイフ 2015年1月26日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/412983754.html

もみのき病院MRI結果 2015年2月23日
http://parvicelllungcancer.seesaa.net/article/414536413.html


******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:08| Comment(0) | 脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

もみのき病院MRI結果 2015年2月23日

もみのき病院MRI結果

13時半前 もみのき病院到着

14時半前 頭部造影剤MRI

15時前 担当医より結果説明
・前回ガンマナイフで照射した13個は順調に縮小している。
・前回未照射のは少し大きくなっているが、まだ急がなくても大丈夫。
・新たに発生した腫瘍は2〜3個。大変小さい。
次回のMRIは3月23日13時半

精算 9800円

ということで、脳腫瘍の方は一安心。

1月8日に医療センターで脳転移が多すぎて治療方法はないと引導を渡されたが、あれは一体なんだったんだろう?

******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 17:17| Comment(4) | 脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

小細胞肺がん脳転移とガンマナイフ 2015年1月26日

小細胞肺がん脳転移とガンマナイフ

1.千葉大学大学院医学研究院 脳神経外科学
http://www.chiba-neurosurgery.jp/original34.html
後段
【がん腫による治療戦略のちがい】
ガンマナイフ治療を行う患者さんは肺がんが70%近くを占め最も多く、次いで消化器がん、乳がん、泌尿生殖器がんと続きます(図9)。肺がんのうち小細胞肺がんは一般には全脳照射が行われますが、私たちの小細胞肺がんに対するガンマナイフ単独治療成績は非小細胞肺がんのそれと差はありませんでした5。小細胞肺癌の脳転移でも、化学療法との併用により、全脳照射をなるべく避けていく治療戦略をとっています。また放射線抵抗性の肉腫、悪性黒色腫、腎がんでは全脳照射の効果は放射線量が弱いため著明な腫瘍の縮小効果や神経症状の改善を期待できません。高い線量を安全に照射可能なガンマナイフによる治療をお勧めします。

******************************************************
2.脳外科医 澤村豊のホームページ
http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/meta/

肺の小細胞癌の転移など,MRIでは見えないような無数の脳転移が予測されるものには全脳照射を用います。
肺の小細胞癌 SCLCでは全脳照射しかしません(定位照射ではすぐに新しい脳転移がでてしまうため)

******************************************************

もう一度小細胞肺がん脳転移に関するガンマナイフ治療を検索したんだけど、殆どヒットしない。

上の二つのサイトでは小細胞肺がん脳転移治療に関して真逆の見解になっている。

ガンマナイフは日々進化しており、一度に処理できる脳転移も飛躍的に増えている。最新の治療方法は刻々変化していると思われる。2の見解は今では古いものとなっていると思う。


転移性脳腫瘍一般とガンマナイフ 説明サイト
http://www.chiba-neurosurgery.jp/original34.html
http://www.gamma-knife.jp/case/detail/mets2.html

転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績前向き多施設共同研究
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi?function=brows&action=brows&type=summary&recptno=R000002184&language=J
http://www.haigan.gr.jp/journal/shibukai/touhoku_52/2013_0819_01_015.html

ガンマナイフ(パーフェクション)といえば
持病?Hi ガンです♪ (復刻版)
http://non-nonsan.blog.so-net.ne.jp/2011-03-09


******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 12:42| Comment(2) | 脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

ガンマナイフ資料 2015年1月15日2

メールで教えていただいたガンマナイフ資料です。

千葉大学医学部脳神経外科 

転移性脳腫瘍の治療 (ガンマナイフ)

腫瘍の個数
各がん腫のガイドラインでは、寡数個(一般には4個)までの脳転移患者さまにガンマナイフ治療を推奨しています。しかし先にも述べましたがガンマナイフは腫瘍の大きさが小さければ、一回の治療で多数個の病巣を安全に照射することができます。私たちは大きさにもよりますが、おおむね10個程度の脳転移 までガンマナイフ単独治療を行っております。この治療法のエビデンスは現在JLGK0901研究(UMIN ID 1812)によってまもなく証明されると思います。

通常全脳照射は3Gyを頭全体に10回照射します。一回のガンマナイフ治療で全脳照射1回分の3Gy(頭蓋吸収線量10ジュール)まで、一日で安全に治療できると私たちは判断しています6。 具体的に大きさ別の1回のガンマナイフで安全に照射できる個数の目安を図8に示しました。2-3cmですと3-4個、1-2cmですと10個、1cm未満 ですと25個程度まで1度に照射可能です。これは同じ大きさの腫瘍が脳の中に均等に分布したとしての計算ですので、場合によってはこれより少ない個数でも 私たちの安全基準を超える場合があり、このような場合は二回に分けて照射を行うことをお勧めします
 また全脳照射後の再発に対してはガンマナイフが最も効率的に転移巣に放射線を集中することができます。先の安全基準を満たしながら、大きいものからある いは神経症状を呈している(呈しそうな)病変から順に照射を行って、脳転移を制御し、神経機能温存、神経死予防を目指しています


詳細は↓参照下さい
http://www.chiba-neurosurgery.jp/original34.html


↑中、特に興味を引いたのは下記箇所

また、私たちは大きな脳転移に対してガンマナイフを用いた分割定位照射を世界ではじめて行ってきました12。3回(2週間毎)あるいは2回(3〜4週間毎)に段階的に照射を行うのです。この段階的ガンマナイフ治療では、およそ4cm程度の腫瘍までであれば1年腫瘍制御率は80%程度と良好な治療成績を期待できます。



******************************************************
ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 20:59| Comment(0) | 脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

脳転移整理 2015年1月12日1

脳転移整理

1.全脳照射
小細胞肺がん進展型脳転移は進行が速く、二ヶ月で19個の転移が見つかった。検知外では更に多くの転移があると思う。
これを叩くには目に見えぬ転移も叩く全脳照射が有効だが、小生に適用する場合難点がある。
1)PCIで25Gy、骨髄移植の前処置で(推定12Gy 確認中)計37Gyを被爆している。脳梗塞のある小生のばあい生涯耐線量60Gyは十分リスキィである。残りは60-37=23GyでPCI照射量よりも低い。20Gyで低分子化学療法との併用を考えてみたが、了承されるかは分からない。
2)20Gyを10分割すると、2週間を要する。前後に1週間を確保すると、4週間の間は原発巣の抗がん剤投与ができなくなる。この間に原発巣が増悪する可能性は大きい。

2.定位照射
高知ではもみの木病院にガンマナイフ・パーフェクションがある。
1)ガンマナイフ・パーフェクションでは1回(一日)で多数個の転移腫瘍を叩くことが可能だ。医療センター主治医からは5個までと聞いているが、ウェブ情報では10個以上(最大36個)の報告がある。ただし導入機器や病院の方法で処理可能個数は変化すると思われる。
2)定位照射では潜在脳腫瘍は叩くことが出来ない。悪性度の高いこの癌は数多くの潜在転移があると思われる。2ヶ月で19個発生したことを考えると、もしMRI確認腫瘍を叩くことが出来たとしても、二ヶ月後には少なくとも同等数の転移腫瘍が新たに発生すると思われる。
3)以上のようなことがあり、医療センターからもみの木センターに紹介状を書いてもらえるかどうか。先週の呼吸器内科主治医の見解ではガンマナイフ治療は否定された。高知にはガンマナイフ設置病院は一つであり、肺がんの拠点病院も、医療センターと高知大学くらいだ。別ルートを探すのは困難が予想され、時間的にも間に合わないだろう。

3.緩和
これが頭が一番痛い。
脳腫瘍進行は頭部に様々の症状が出る。
有効で継続的な緩和方法が見あたらないのだ。
あるとすればセデーションか。


ブログランキングに登録してるんで、↓クリックお願い。よろしくm(._.)mどうぞ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

小細胞肺がん 進展型 肺がん患者 余命日記
posted by SR400 at 18:44| Comment(10) | 脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。